伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

まいてつ 感想

【ブランドHP】Lose

【概要】
かつて鉄道事故で家族をなくした「右田双鉄」は第二の故郷ともいうべき隈本県は御一夜市に
工場誘致による水質汚染から守るべく、帝大を休学し実に6年4ヶ月ぶりに帰省することになる

双鉄は泊まる場として案内された祖父の部屋で一体のレイルロオド「ハチロク」を見つける
国産第一号の蒸気機関車8620形のトップナンバー機8620専用のレイルロオドであるハチロク
彼女の出会いと、倉庫に眠っていた車体の存在を受け、双鉄は8620を観光資源の旗印として
エアクラ工場誘致とは別のアプローチでの御一夜市の経済の再生を図っていくことになる


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・シーン単位でのジャンプあり
・TIPSによる用語の補足あり
・E-moteによる立ち絵とCGの演出あり


システムはブックマークに少し癖があるものの必要な物はたいてい揃った便利なものです
しかし、一番語るべくはやはりE-moteによる演出でしょう、これが非常にレベルが高いです
サブキャラに至るまで動く事は勿論、自然さもあり、違和感なく動きが見られます
また、Hシーンを含むCGでも、E-moteによる演出がなされており、しっかりと動きます
さすがにCGのオブジェクト全てというわけでもないですが、演出としては十分過ぎるレベル
「ウィッチーズガーデン」で存在を示してから漸くそれを超えるレベルのが来た感じです


【仕様】
ヒロインは9人、凪とふみかは一セットなので8ルートあり、そこにグランドを含め9ED
さすがにメイン格より、サブのルートは短いですが、それでも全員のフォローは流石です
グランドへ向かうまでに8つルートを攻略する必要があるので長く感じるかも知れません

本編でシナリオの途中でHシーンは差し込まれず、シナリオの途中でHシーンが追加されます
鑑賞モードに飛ばなければHシーンを一度も見ること無くグランドエンディングまでいけます
プレイスタイルで、Hシーンはスキップして後で見るというのはよく聞く話ではあるものの
思い切った仕様であるため、本編中の流れを含めて楽しみたい人は引っかかる部分でしょうか


【雑感】
演出を除けば、ヒロインが多めの少し幼女のヒロインが多い、普通のADVというところ
ただ、立ち絵とCGのE-moteによる非常に作りこまれた演出が一線を画しています
演出の他にも環境も非常に気を使っている印象で作品全体で不快となる演出は避けられ
本作のヒロインの可愛さを堪能するためにも舞台がしっかり整えられている印象です

シナリオは鉄道を中心とした地元振興と再生をテーマにしており少し固い気もします
ファンタジーな設定はレイルロオドやエアクラ機関を中心に数多く存在するのですが
それはその世界の常識みたいなもので、特に、シナリオ自体は派手な展開無いです

むしろ理詰め(細かい部分の破綻はあれども)で話し合って進めていくという感じで
全体的には展開は地味であり、雰囲気こそこわさないものの、平坦に感じる部分もあります
結構な分量のシナリオであり、その辺りがプレイするときにどう感じるかという所

派手さに欠けるのはヒロインとの関係でも一緒で、Hシーンが略されるのは先に描きましたが
ここぞとばかりにイチャラブでヒロインとの関係を描くようなシーンもあまりありません
あからさまなイチャラブ描写などなくても、ヒロインの魅力を描くことは可能と想いますが
昨今のイチャラブ重視の萌えゲーの水準を求めるなら糖分は控えめかなというところです

尤も、それを置いても取り敢えずは味わって欲しいと思える演出レベルということで
キャラが動くさまは、下手なイチャラブ描写よりもの説得力があるものです
キャラのデザインなどが気に入れば、取り敢えず味わってみて間違いない作品かなと


以下、ネタバレを含む感想


続きを読む

PageTop

名門女子校旅行~俺だけ男なんですが!?~ 感想

【ブランドHP】ApRicoTCherry

【概要】
理由あって女装して、姉の通うお嬢様学園の修学旅行に行くことになった「怜治」
もとより中性的な顔立ちであることから、周囲のお嬢様に気づかずに済んだと思いきや
姉の友人であり怜治とも顔見知りでもあった「神坂麻紀」にはひと目で正体がバレてしまう

実は怜治のことが好きで仕方なかった麻紀はこの機会をきっかけに思いが爆発してしまい
そのまま襲われる形で関係を結ぶことになり、そのまま修学旅行も一緒に回ることに

問題は麻紀との関係だけにはとどまらず、麻紀の親友「鈴恵マリア」とも関係を持ち
更には、麻紀を強く慕う後輩「飛鳥由香里」に正体に気づかれて脅されるようになり
とトラブルに巻き込まれていき、無事に修学旅行を終えるのは難しそうな様子で……


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定


【仕様】
ヒロインは3人、選択は2択が2回あるだけなので、迷うことはないと思います
複数でのプレイや複数でのエンディングなどはなし、クリア後次回作の紹介が入ります
という感じでタイトルやタイトル画面に負けず劣らずのシンプルな構成になっています
次回作紹介含めてロープライスっぽいというチープな印象を持ってしまう作品ですね

ちなみに、タイトル画面です

タイトル

これが、クリア後も変化なし、タイトルコール無しでドーンとでます


一応、ネタバレ回避という感じで隠します


続きを読む

PageTop

ワールド・エレクション 感想

【ブランドHP】Whirlpool

【概要】
魔族、獣人、天上人、機械、人間、5つの世界が前触れもなく統合した「変革の日」より20年
世界は統一され世界政府の存在によって、平和が保たれるようになったエピローグの世界

変革の日より特別な能力が発現した新人類「ネオス」の1人である「獅子堂敬」は
世界政府から序列一位の能力「贋作師」を持つものとして認識される要注意人物である

敬は無理を言って「ヴァレロン国際学園」の生徒として平凡な日々を過ごしていた
しかし、何をやるでもない現状に、その立場から学園をやめて家に戻るよう言われる
学園生活が終わりになることを恐れた敬は、生徒会長を目指していることを宣言

しかし、敬の生徒会選挙への参戦を受けて、学園の有名人や危険人物が次々と立候補
結果、学園史上稀に見える豪華で強烈なメンバーが出そろう生徒会選挙になってしまう
どの候補も種族の力を惜しまなく使い、選挙戦は混乱を極めていくことになる
果たして、敬はこの選挙戦を勝ち抜き、無事学園生活を守ることができるのだろうか?



【システム】
・画面は16:9と4:3で選択可能
・キャラ別音声設定
・シーンジャンプ機能
・前の選択肢へ戻る
・次の選択肢へジャンプ
・バックログジャンプ
・緊急回避ボタンあり

欲しい機能はそろっています、緊急回避は使わないと埋まらないTIPSがありますね
シーンジャンプ機能はタイトル画面から、各シナリオの冒頭へ飛ぶ機能となっています
サブキャラルートが何処から分岐するのかも追記されていくのは便利な部分かなと


【仕様】
ヒロインはメイン5人+サブ7人、クルルのみタイトルからの別枠シナリオあり
サブはメインの攻略でドンドンと解放されます、分岐場所にはシーンジャンプが有効
開放されるとシーンジャンプの補足に分岐可能ヒロインが書かれるので簡単です

メインヒロインも好感度の高さで最後の分岐で選択が出るか出ないかが別れますが
シーンジャンプで分岐地点を選択すると、全員が選択可能な状態から始まります
故に、攻略などで苦労する点はないかと思われます、有効活用しましょう

クルルはグランドルートに繋がる演出のあるヒロインですがシナリオロック無しです
プレイする場合は、そのあたりをよく考慮して攻略すると良いかなと思います


【雑感】
あらすじなど見ると破壊神と生徒会選で何だこりゃですが、なんでもありな感じです
10周年ということで色んな要素が詰められた、77を彷彿とさせるお祭り的な内容です
あまり深いシナリオという感じではないですが、ワイワイ感を楽しむことができます

基本はヒロインとのイチャラブを楽しむキャラゲーという解釈でいいかと
豊富にいる立ち絵のあるサブヒロインに全てHシーンとエピローグを入れていますので
いろんなヒロインと楽しみたい人には良いかと思います、抜きゲーではないですけど

抜き要素としては、今回はメイン格なら1ヒロイン5シーンと多めにはなっています
本編以外のシーンが2シーンずつなので、実質は3,4シーン程度となっていますので
その辺りは、イチャラブがそこまで長いものでないということも表していますね

取り敢えず10周年作品らしくいろいろと詰めた内容になっているかと思います
全てが深く掘り下げられるほどではないですが、どれも軽く楽しむにはよいかなと


以下、ネタバレを含む感想です


続きを読む

PageTop

ノラと皇女と野良猫ハート 感想

【ブランドHP】HARUKAZE

【概要】
人々に死を思いださせるために地上へ来た、冥界の皇女「パトリシア・オブ・エンド」
しかし、やってきたのは日本の春で、あふれる生命の前に力を行使できず倒れてしまう
「反田ノラ」は行き倒れていたパトリシアを助けた結果気に入られて、キスされてしまう

キスにより意図せず眷属となってしまったノラは人の意志を残したまま猫になってしまい
誰とも意思疎通を果たせず野良猫として街に放り出されて途方に暮れてしまうことになる
果たしてノラは人に戻れるのか、パトリシアは本当に地上を滅ぼしてしまうのか
というのが主な目的ではないですが、そんな出会いから始まるラブストーリーだと思います


【システム】
・画面比率は16:9と4:3で選択可能
・スクリーン解像度を選択可能
・キャラ別音声設定あり
・前の選択に戻る、次の選択肢へ進むあり
・サスペンド機能あり

バージョンを上げないとこれは体験版ですと注意書きに書かれます
プレイ時間が増えません、など間抜けなバグはありますがプレイには困りません
ADVとして必要な機能はほとんど揃っていると思われます


【仕様】
ヒロインは4人、最初から全員攻略可能、分岐の為の選択肢が2回あるのみです
1回めでパトリシア・シャチルートか黒木ルートか明日原ルートかに分岐します
パトリシアとシャチルートは途中で分岐、どちらかというとシャチが横道扱いですが
他はシナリオのおまけシーンを見るか否かの選択肢がある程度で攻略には影響なしです

おまけシナリオ的なものが結構あり、見なくても全く本編に影響はないですが
このライターの書くノリが一番出ている部分だと思うので、好きな人はどうぞというところ


【雑感】
一言を元に連想ゲームのように関係ありそうで関係のない言葉の押収が続いていくお話が多め
全体的にハイテンションで、無軌道に話が進み、時にはシリアスすら流されてしまうほどです
シリアスになっても変にかしこまらない部分は良いのですが、逆にそのままのノリであるため
テキストはいろんな部分で大きく好みが分かれる作品となっているかなと思います

ただバカなノリだけでなくヒロインとのバカップルぶりも尺が取られている作品ですので
ヒロインが気に入っておりテキストが大丈夫そうならそれ目的でも手を出していい作品かなと

ただ、前作よりも多少マイルドになっており、ソレが物足りなく感じるか
読みやすくなったと感じるかは分かれそうなところです、なにはともあれ体験版で雰囲気確認を


以下、ネタバレを含む感想です


続きを読む

PageTop

LOVE x トレ エッチな恋愛トレーニング。 感想

【ブランドHP】アトリエかぐや

【概要】
「磯貝拓人」は夏休み前に大学の先輩「倉田彩乃」に告白を試みるもマトモに話せず失敗
気落ちして寮に帰るとボロボロの幽霊屋敷のような寮に引っ越し業者がやってきていた
大学のオカルト研究サークルのメンバーがこの寮で夏休みの間合宿をすることを聞かされる

そのサークルメンバーは全員が綺麗な女性で、その中には憧れの倉田彩乃も含まれていた
サークル無所属の拓人は幽霊を怖がらない才能を買われてサークルに勧誘されることに
最初は渋るものの、彩乃が所属していることを知って、入部することを決定する

サークルのメンバーは女性慣れしていない初な拓人をからかいながらも可愛がり
気づけば全員と体の関係をもつことになってしまい、彩乃への思いも揺らいでしまう
そんな女性への免疫のなさに気づいたメンバーは、サークルに入ってくれたお礼として
LOVEトレと称して、女性になれる為の曰くすごくエッチな特訓を提案してくることに

また、その一方で幽霊屋敷の寮は想像以上のパワースポットで思わぬハプニングが続出
ただのサークルの一夏の合宿のはずが思わぬ事件へと発展していくことになる……

果たして拓人は、LOVEトレを通して無事に女性への免疫をつけることができるのだろうか




【システム】
・画面比率16:9
・キャラクター別音声設定
・タイプ別効果音設定
・フィニッシュ選択肢固定設定
・名前変更可能
・Hシーンアニメあり


【仕様】
MAPからの選択でお目当てのヒロイン5回選択すると個別に分岐します
ヒロインも個別で分岐し、いつもの誰と初体験を済ませるかで分岐するタイプです
しかし、今回は更に初体験を済ませたルートでもう一度分岐するようになっています

分岐条件ですが
MAP選択で特定の日で屋敷の右上の方に幽霊っぽいアイコンが登場する事があります
この際、幽霊の横にある絵画のようなものにマウスオーバーすると超常現象が現れます
これを選択した場合「白の精霊」あるいは「黒の精霊」なるものが手にはいります

各3つずつてにはいり、「白の精霊」を3つ集めた状態で初体験相手のルートへ行くと
途中で精霊を使用するかの選択肢が登場して、使用すると別のルートに分岐します
最短で5回選ぶと白の精霊は3つ手にはいらないので、多少の寄り道が必要です

また、黒の精霊が3つある状態で3人を4回めのイベントまで進めるとハーレムに分岐します
精霊のストック状況はマップの左上に表示されます、気づくまでは意味不明の仕様です


【雑感】
かぐやHTPの安定した年上モノとなります、処女?恥じらいなにそれ?な女性がいっぱい
余裕がありHも経験豊富な年上にリードしつつ、ありあまる性欲をぶつけるお話ですね
今回はオカルト研究会での活動ということで、話はある程度一貫しているのが特徴です

かぐや特有のどう見ても痴女だけどかわいい部分を見えてくれる年上キャラは健在で
今回も似ているようでしっかりと個性のある年上ヒロインが揃っていると思います
Hシーンはノーマルなプレイが多めです、回数や汁の量は抜きゲーというところですが
マニアックな路線がほしい人には少し物足りない感じのする構成かなと思います

取り敢えずド直球にエッチなお姉さんたちといっぱいエッチなことするお話です
それ以上でもそれ以下でもないので、そう言うのが好きならば問題ない作品かと

以下、ネタバレを含む感想


続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。