伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【PSP】THE iDOL M@STER SHINY FESTA 感想

ナムコのTHE iDOL M@STER Shiny Festaの感想です

アイドルマスター シャイニーフェスタ ファンキー ノートアイドルマスター シャイニーフェスタ ファンキー ノート
(2012/10/25)
Sony PSP

商品詳細を見る


アイドルマスターの楽曲でリズムゲーが遊ぶことが出来る
1話分の長さに相当する新作アニメもついてお得な1本かどうかは置いて
内容的なそんな感じです、3本同時発売でそれぞれアイドルが違います
全部、真正直買うとすると15000ぐらいの出費ですね……買いましたが

アニメは南の島で行われる音楽祭に招待されたナムコプロのメンバーが
出会った出来事を書くものになっています、導入部と占めは同じ流れですが
ゲームによって選抜されるメンバーが違い、事件も違う感じですね

ハニーサウンドは全員が活躍する感じで、ジュピターも出る正統派?な内容
ファンキーノートは伊織が中心で、やよいもそこそこ、……響いたよね?
グルーヴィーチューンは美希中心であるものの全員扱いはおいしいかなと

リズムゲームパートは収録曲は公平に20曲、初回特典利用で+1曲
全作通しての共通曲は6曲(初回特典も共通なので+1)、個別は14曲
最近のボリュームで推すゲームが多い中ではいささかさびしい内容か

それぞれにPVはついており、NORMALとSPECIALに分岐する仕様です
多くのものはコスチュームとフィールドが変わるだけですが、中には
アニメとゲームで使われたダンス以外の動きをするPVが含まれていたり

PSPソフトですが、バックでムービーを流すようなタイプになっているので
キャラクターのモデリングは据え置きの基準ですね
ミスに反応するなどフレキシブルな変化は見られませんが
結構力が入っているほうではないかなーと思います

アニメのついでにリズムゲーがついてくるのか
リズムゲーのついでにアニメがついてくるのかは
プレイヤーの嗜好次第という感じでしょうか
ただ、リズムゲーム単体でもアニメ単体でもそれだけでは割高なので
両方楽しむことを前提に手を出すことを進めます


以下、もう少し詳しい内容を、リズムゲームの視点で主に、




【ゲームについて】
ゲームの内容は非常に単純で判定にあわせて青のオブジェが重なったらなら方向キー
赤のオブジェが重なったら4ボタンのどれかを押すというもの、ギミックとして長押し
同時押しがあるものの、ルールの理解自体にはそれほど苦労することは無いでしょう

判定によってPERFECT,GOOD,NORMAL,BADの4段階評価がされます
これらの判定を総合的に評価され80%以上ならA、90%以上ならS、95%以上でSS、
98%以上でSSSというランクわけがされます、クリア失敗と明言されないものの
一応、Aランク以上が合格ラインと設定されているように思います

難易度は4段階で最初はDEBUTとREGULARの二段階、どちらかをAランク以上とると
上の難易度PROが解禁され、PROでAランク以上とるとMASTER譜面が出ます
全的にそこまで難易度は高いものではなく、音ゲー慣れしているのならMASTER譜面でも
あっさりと高ランクが取れるようになっていると思います
一応称号として全部SSS以上があるので、そういったやりこみ要素があるにはあります
しかし、がちなリズムゲーを求めるには物足りない内容なのは確かかと

またゲームモードは2種類あり
メインモードであるSTAR OF FESTAとフリーモードであるSTAGEがあります
STAR OF FESTAは通してプレイする3曲をあらかじめ選択し客の支持を得るもので
それが5回繰り返し、5回目をクリアするとエンディングを迎えることができます
高ランクを取るには目標とする客数100000を集客する必要があります

最高ランクを迎えるには思い出バーストと呼ばれるものがないとほぼ不可能で
これを使うにはSTAGEモードで曲をプレイすることでためていくことが出来ます
得手不得手はありますが、2時間~3時間ぐらい頑張れば最高ランククリアできるかなと

あっけない内容ですが、一度クリアすると支持を増やす難易度の上がったHARD
それをクリアすると更に難易度の上がったEXPERTが登場するようになっています
EXPERTはかなりの腕前と、事前の仕込がないと最高ランククリアは難しいと思います

ゲームの苦手な人にはサポートアイテムもあります、曲クリアごとにもらえる
マニーで長押しを無視できたり、判定をゆるくしたり、ゲージの減りを甘くしたり
アイドルランクを増やすほど、便利なアイテムがもらえゲームが楽になっていきます
ちなみにこのアイテムについては3本のゲーム共通のデータになっており
1つでも集中的にやって便利アイテムを持っていると他では最初から利用できます

リズムゲームのやりこみ以外にも、ネームカードの収集というものがあります
これはSTAR OF FESTAの各日程の3曲目に対戦相手としてモバマスのキャラが現れ
そこに対戦を挑み、勝利すると、ネームカードが得られるというものです
キャラクターの絵柄と一言せりふという非常に簡素なものになっていますが
クリアノルマを助ける効果も持っており、収集すると少しだけクリアが楽になります

カードは全部で50枚となっており、ランク分けされており、ランクが高いと
対戦で勝利するのが(運も多分にありますが)難しくなっていきます
高ランクのアイドルと対戦するのはHARDやEXPERTと難易度を上げる必要もあります
EXPERTに出てくるSSランクはナムコプロのメンバーだけだと思われます
対戦に勝ったとき「○○に認めてもらえた」と定型句で喜ぶのですけど
どうみてもあなたの事務所に所属するアイドルさんたちです……

と思ったらSSSがいるのですねジュピターのメンバーがコレかと思われます
フルコンボ+SSSでなんとか勝つことが出来たという程度になっています
最低限フルコンに近いコンボを稼げる腕前が無いと無理ですかね

対戦はスコア勝負なのですが、ランクは判定の比率によるものですが
スコアについてはコンボが大きく影響するようになっています
Sランク以上の相手だと運が悪ければフルコンボを要求されるレベルです
3曲目に充てるのは高いスコアが出るよりもコンボが出やすいもにすると良いかと
一応、このネームカードは幸いに他のゲームと共通のデータになっています

あ、因みにSTAR OF FESTAにも一応ストーリーがあります
通しで5分から長く見積もって10分ぐらいの無いよう……内容です

【適当なリズムゲーム部分の感想】
例によって難易度は適当ですね、10はなんだかんだで10かなっていうのが多いですが
クリアとコンボを目指すならシンプルライン+ハイスピードがお勧めですかね
ただ、ハイスピ計算後のbpmが200を越えるときつい印象なので反射神経と相談

とりあえずクリア、コンボだけならポイントとしては同時押しに注視すること
緑がくると両方押すので、緑の前にいくつオブジェがあるのかと意識すると
結構捌きやすかったり、判定もそこを基準に考えるとだんだんPERFECTも増えるかなと
同時押しと単発押しの複合は最悪の場合全部同時押しで捌いていもいいとおもいます

後は、楽曲の譜面とかの適当な感想とか


■ハニーサウンド
全体的にアイドル的な曲が多いような、そうでもないような
バラエティに富んでるといえばそうなのでしょうか、低速高速何でもござれ
さすがはメインヒロインのいるバージョンなだけありますね!

・約束
低速はハイスピードで解決できるとはいえ、それでも結構な密度の曲
ロングも多いので覚えるまではかなり混乱してしまう譜面かなと
しかしこの曲調でも容赦なくあの千早ロボを入れるんですね……

・ラブリ
物量譜面、高速且つ左右のフリが自由なのでラインもハイスピも有効ではなく
小細工で易化するこが出来ないガチ譜面なので、そこを考えると最上位かな
16分がそこまで多くないのが救いで、そこ以外は全部つめみたいな総合譜面ですね


・私はアイドル
まさかの難易度10・その1、PROあたりから割りとリズム難ですね
16分5連ではなく8分+16分4連と意識するだけでも結構ましになるかと
音あわせが結構癖があるので、そこを覚えれば打開策も見えますね


■ファンキーノート
ネットなどでも話題になったキャッチーな曲が多い印象
キャラの構成がいかにもなメンバーなので曲もそちら向けの可愛い曲多し
10は一曲で簡単な部類と低難易度傾向に見せ勝て意外と粒ぞろいの癖曲多し


・おはよう!!朝ごはん
難易度8を疑うレベル。16分交互をどれだけ正確に叩けるかが分れ目
このディスクでは正直一番高ランク取得に苦戦したような……

・Do-Dai
唯一の10、序盤の縦連が結構強烈だが、他にもっと酷いのがあって空気化……
10の中では一番簡単ではないかなと思いつつ叩いて楽しい譜面は良いですね

・きゅんっ!ヴァンパイアガール
16分交互と8分のスイッチが絶妙にわかりくに癖譜面
これを8にするのがファンキーノートの怖いところなんですよ


・SMOKY THRILL
超縦連譜面、がんばれば意外と取れるものの叩いていて不安になる譜面
コンボを狙えば一番難しい子ではないかなと思います、DO-Daiとはなんだったのか


■グルーヴィーチューン
全体的にクールな曲が多いかなと美希あたりの扱いの変遷を見ることが出来たり
唯一3曲個人用の曲を持つ貴音さんですが、トリオでは1曲しか担当しておらず
その分のおまけと考えると少しさびしい気もしたりしなかったり
全体的に難易度も高い気がしますね、リズムゲー目的ならコレがいいかも

・edeN
グルーヴィーチューンの看板曲、ムービーも印象的なものですが
アニメ見た後だとなぜこんなPVが出来たのかいまいちわから無い
複合譜面、正直10でいいんじゃないかなと思うぐらいには難解

・ふるふるフューチャー☆
まさかの難易度10といっても簡単な部類ですが……
縦連が多いもののこれよりきつい曲は9にいくつかあるしなぁ
この速度だと1.5倍がかなり有効なのも大きいところかな
正直edeNのほうが厳しいかと思います

・迷走Mind
MASTERはどうってことないんですが、REGULARの難易度設定間違えているような

・風花
視覚難、サビのロング地帯を安定して捌くのがかぎか
厳しいなら、ラインのオプションを使ってハイスピードが良いかと
他の部分が全体的に拾いやすいのでノルマを稼げるのが救いかな


・オーバーマスター
オブジェから判定まで短い中で難所が存在し風花とは別方向で視覚難
9らしい9といえばそれまでですかね

・エージェント夜を往く
ある意味超有名曲、なぜかPROとMASTERの難易度が同じで9
ただし、PROがそんなに難しいかといわれると……7でよくない?


【まとめ】
どちらかというとリズムゲーム目的だったので割高感はありますけど
ゲームとしてはお手軽なリズムゲームとして楽しめましたね
アニメ+ゲームがついてくるファンアイテムと考えると十分な内容かなと
ただ、3本買うとまったく割に合わないような気もしますけども……
そんな感じで、ファンなら好きなキャラのいる作品なら手を出してもいいかなと

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。