伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

すくみず食べ放題 感想

Waffleの「すくみず食べ放題」の感想です

タイトル通り、「すくみず」を着用した女の子が食べ放題な
内容で、本当にそれ以上でもそれ以下でもありません
Hシーンは全シーンにわたりスク水着用となっております
攻略するヒロインは3人でハーレムエンドもあります
ゲーム自体はすごく単純で、個別分岐前の選択肢一つで
お手軽に各ヒロインとの結末を迎えることが出来ます

山場とか、壁という面倒な展開は殆ど存在しないお話になっており
ひたすらスク水を着たヒロインとイチャグチャする作品です
本当にそれだけの作品で、プラスアルファの要素などはありません
水着少女の別の服装でのHシーンも無いという徹底振りになっており
Hシーンではスク水以外のコスチュームが存在しないゲームなのです

ただ、スク水といっても競泳、白スク、旧スクと3種類抑えており
プレイヤーの任意で、どれを着せるのか選ぶこともできます
このゲームの選択肢は、その日、どのタイプを着せるか?が殆どです

シナリオはいたって順風満帆で暗雲が立ち込めるような部分はありません
立場を利用して悪いことしたり、悪いことされたりということも無く
基本的に、主人公を慕ってくれる3人のヒロインとイチャラブHをするだけ

複数ということで軽いやきもちはあるものの、可愛い言い争い程度ですし
話も山場らしい山場は無く、好きなヒロインとじゃれあっている内に終わります
外野のことなど気にせず、心行くまですくみずヒロインをお楽しみください

逆に目ぼしい展開が無く、Hシーンと日常の繰り返しとなっているので
シナリオに何らかの大きな動きが欲しい人には退屈かもしれません
この作品は故意に、そういった余計な雑音を消しているように思いますし
そういったものを気にする人も少ないと思いますが、本当に何も無いので

Hシーンはとにかくスク水、お兄さんという立場ゆえか、主人公が主導
フェチの入ったプレイはあるものの、道具を使うようなハードなプレイは無く
変態的なシチュはあるものの、ノーマルと言える範疇のHシーンで構成されています


そんな感じで、タイトルどおりスク水の食べ放題ができる内容になっています
出てくるメニューはすべてスク水ですので、それ以外が欲しい人には足りないかと
ヒロインの傾向は違うものの、プレイ内容はどれもノーマルの範疇です、変態ですが
ヒロインによって受け、攻め、ノーマルで分かれるとイメージも違うんですが
初々しいヒロインを書くことが目的なのか、そのあたりは避けられている気もします

足りないと言えばボリューム的にも控えめな感じを受けてしまいましたね
そもそも、これ以上スク水縛りで何をするんだと言う気もするのですけども
スク水でひたすらヒロインとイチャイチャという条件は縛りがきつすぎた気もします
フルプライスの内容としてはいろいろ突き詰めすぎている気がする作品でした

スク水のヒロインとの初々しいHシーンにこだわって、余計な雑音は欲しくない
と言う方には、これ以上は無いぐらいどんぴしゃな作品であるとは思いますが
それ以外の目的で買うと、なかなか癖のある作品になっているのではないかと
用意されたシーンを余さず楽しんで、満足するのは生易しいものではないです
食べ負ける人も多い気がしますけど、食べ放題ってそんなものですよねってことで

一応、ヒロインを愛でて楽しむ抜きゲーと見てもそこまで悪くない気もします
しかし、常にスク水という付加価値ありきなので、興味がない方には弱めですかね
あくまで、スク水が何においてもプラス要素になる人に向けた作品だと思います


以下、ネタバレ含む感想





【システム】 
・画面は16:9と4:3で選択可能
・キャラ別音声切り替えあり
・次の選択肢と前の選択肢のジャンプあり
・ロード・セーブ画面から閲覧モード使用可能
・すくみずの選択機能あり
・シーンシークバーあり

スク水の選択はエピソード開始毎に要求されます
オススメという選択肢もあり、メーカーが厳選したものになります
選択の固定も出来るので面倒な方にも問題ないかと

シーンシークバーは画面下にカーソルを移動すると表示されるもので
各エピソードの好きなシーンに移動で機能です、すごい気がするんですが
如何せん、シークバーのどこがどういうシーンなのかわからないという

今更ですが、このメーカーのシステムは独自に進化してすごく多機能ですね
セーブ/ロード画面から回想見れたり、狙いがわからない部分が多いです
すごい気がするけど、使いどころわからない、けど別に困らないという

また、決定キーがデフォルトは「スペース」なんですけど
エンターに切り替えられるようになったんですね……いつの作品からだろう
個人的に戸惑う部分なのでこの設定はうれしいところです


【シナリオ】
主人公「あおい」は夏休みのバイトでスイミングスクールのコーチをしていた
しかし、あおいが担当するスクール水着を着た3人の少女に興奮してしまい
どうしようもなくなった為、控え室でなんとか興奮を抑えようとしていると
その姿を生徒の一人である「橘芽衣」に目撃されてしまうことになる

あおいに好意を寄せていた芽衣は、沈めてあげる為に体の関係を持つことに
そんな芽衣に触発され、他の2人「瀬名みつき」「凛堂彩夏」とも関係になり
生徒3人に慕われてのスク水ハーレム状態になってしまいます
そして、ひと夏のハーレム体験の行き着く先は……という純愛物語




【ヒロイン】
・瀬名みつき
メインヒロイン……と言うほどではないが、多少他の2人より優遇されている
人見知りで気の弱いところのある少女、水泳も他の二人より苦手としている

芽衣に触発されて、自分の思いを自覚し進んであおいと関係を持つことになる
スポーツが不得意な自分のペースに合わせて個人レッスンまでしてくれた
あおいには惹かれており、芽衣に確認されることによって自覚することになる

恥ずかしがり屋ながら、あおいの為に体を張るなど健気な姿を見せてくれる
関係ないけど、個別のシナリオの芽衣のやり取りが格好良くて惚れる


・橘芽衣
明るく元気な少女、3人の中のムードメーカーであり友人を気遣うことも出来る
運動は得意だが水泳だけは苦手な為、スイミングスクールに通うことに

スクールではやさしくしっかりと見守ってくれたあおいを惹かれており
役に立ちたい一心で体の関係を持つことになり、以降は好意を自覚していく
スクールに通うきっかけやハーレムのきかっけなど何かと呼び水になる子

耳年増な部分もあるが、台詞の端々に妙に適正の在りそうな言動が混じる
周囲のフォローなど精神年齢とかいう部分では3人の中では一番大人かもしれない
ただしHシーンでは一人のかわいい少女としてしっかり恥じらいを見せてくれる


・凛堂彩夏
女優として名をはせた娘でSAIKAとして売り出し中の2世タレント
恥ずかしがり屋で素直になれない部分があり、人一倍、気難しい
あおいに対して他の2人よりも警戒しがちだが、それも2人を思ってのこと

3人の中では一番の常識人であり、芽衣と関係を持った直後は強く警戒していた
ただし、知識や経験で頼りない部分があり結局、2人の反応を見て興味を持ち
結局からだの関係を持ってあおいとの関係にはまっていくことになる

3人の中では胸が一番大きいが、一応程度なのであまり有効活用はされない
言葉を真に受けやすく照れ屋である為、褒め殺ししながら楽しむの良い


【Hシーン】
瀬名みつき:9
橘芽衣:8
凛堂彩夏:8
ハーレム:8

・特典ストーリー
瀬名みつき:2
橘芽衣:1
凛堂彩夏:1
ハーレム:1


全シーンスク水、ほとんどはプールですが、外でもスク水です
プレイは基本主人公主導で、変態だけど内容はノーマルの範囲
ハーレムは共通ルートでも登場し、3人同時もあれば2人の組み合わせもあり
また、一人ずつ順番にと言うプレイも含まれています

受け的なプレイは無く、凌辱的なプレイもなし基本的にラブラブ
スク水のあらゆる場所を使ってフェチ的なプレイはありますけれど
あくまでヒロインとじゃれあう以上のプレイはしません

特典ストーリーは初回特典です、内容は本編と同じ感じです


【まとめ】
本当にスク水ばかり食べ放題、副菜はありません
余計なことを考えず、スク水ヒロインたちとイチャイチャピチャピチャ
それ以上やそれ以外を期待すると弱いですけど、それだけは完璧です
さすがにこればかりだとよほど好きでないと飽きが来る気もしますけど
たまにはこれぐらい偏ったものも良いかなってことで、嗜好品にどうぞ

ボリューム的には振るプライスと考えると少し控えめかもしれません
特に個別に入ってからはあっさり終わってしまうので物足りない気も
しかし、これ以上スク水を連発されても食傷気味なのでこれが限界か
良くも悪くもスク水にこだわりすぎてしまっているなと言う印象です

Hシーンのこだわりもいいですが、三人の恋の関係も雰囲気が好きです
芽衣の気遣いであるとか、みつきの初恋の決着であるとか
たいした分量無いんですけど、こういった要素も良いアクセントでしたね

そんな感じで、タイトルとパッケージで惹かれたら問題ないかと
めちゃくちゃ苦にしたいと言う邪な感情を持つ人にはその限りではないですが

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。