伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【PS VITA】Ragnarok Odyssey 雑感

やっと、クリアー、ボリュームは控えめですが私には長かったです
自分がどれだけアクションゲームが下手か改めて思い知らされました

本作は、日本でも流行ったRAGNAROK ONLINEとかいうMMOを素材に
(元々は韓国のマンガを元にしているらしいのでそちらが原作なのかも知れません
 そもそもタイトル通り、大元となるのは北欧神話なのでしょうけどね)
携帯ゲームで高い人気を誇るジャンル狩りゲーにしてみた感じのゲームになっています

任務を受けて、特定のマップで制限時間内に敵の撃破、アイテムの採集など目的を達成していき
そのアイテム採集の結果強い武器を作ったり、強力なアイテムを作ったりして
段階的に困難になっていくミッションをクリアしていくという感じのゲームになっています
本作はストーリーの進行と共にステータスアップと、武器の強化イベントが挿入されるので
そこまで素材集め自体に躍起にならなくても、頑張ればストーリーは攻略できますけども

他と差別化できるウリの部分はおそらくジャンプを使ってのアクションでしょう
でかいの胴体や顔に斬りかかったり、或いは敵を浮かせてコンボをたたき込んだり出来ます
地上でもタメ攻撃で相手を吹き飛ばし直線上の敵を巻き込んだりと爽快感のある戦いが可能
これらのアクションを使いこなして大量の敵を駆逐していく様はなかなか癖になります

しかし、実際の所はそこまで爽快な戦いとは行きません
でかい敵はなかなかひるみませんので攻撃しつつも、相手の反撃に警戒し
空中であっちへふらふらこっちへふらふら動きながら戦うもどかしい場面が多いですし

ザコの場合、1対多を申し込まれる為、妨害されて空中コンボの使用機会なんて限定的です
上手く立ち回れば相手を蹂躙する事が出来ますが慣れない内はグダグダになる事が多いです
上手くいかない内はストレスを溜めてしまうミッションも多いのではないかと思います

個人的に非常に気になったのが狭い場所に閉じこめられての1体多の戦いです
ミッションとしては決められた数体を倒すだけのミッションが多いのですけど
その道中で1フロア毎にほぼ間違いなく閉じこめられての強制戦闘が入ります
その閉じこめられ具合と言ったらどこの聖○伝説だというレベルです

後半になればなるほどその機会は増えていき、四方八方から殴られながらだったり
端っこに数体で囲まれてなかなか立ち上がれない状態にされて嵌められたりします
キャラ自体大きい為か、端っこに追い込まれると自キャラが見え無くなり
良く分からないまま四方八方から殴られる光景が見られるという酷い状態に

上手く立ち回ろうとすると強引に行くか、追いかけっこで隙をうかがうかしなく
強化を重ねたキャラでなければ、かなりじれったいプレイを強いられる事になります
これがこのゲームのバランスの取り方だと言えばそこまでですけど
もう少しなんとかと、巨人を100体20分内任務とかプレイしていると感じるわけですよ

やりこみ要素はなにはともかくカード、これ自体はオンラインと一緒な感じですね
武器自体は多少手間を惜しまなければ最高まで強化する事は出来るのですけど
このゲームでプレイヤーの力を大きく差別化するのはカードの方になります

敵1体につき複数枚のカードが存在して、それぞれがレアな出現率
ボスの強力なカードを手に入れようとしたら何十戦と覚悟する必要があります
その苦労に相応する性能のモノが多いのですけど……
例に漏れずやり込み甲斐のあるしようになっているのは確かだと思います

オンラインプレイで最大4人まで同時プレイが可能との事
某所の掲示板とか覗くと会話のレベルが違いすぎて未だに触れずじまいです
案の定トロフィがありますけど、まあ、プラチナなんて欲しくない、欲しくないし
でも、巨人100体任務は協力が欲しいですよね……

ストーリーはなんか防衛拠点に配属された新米傭兵の主人公が
そこの特になにもやってないように見えるけどやたらえらそうな隊長に命じられ
1人で巨人の大集団とか巨人のボスとかに挑まされるゲームになっています

終盤で門まで迫ってきた敵の兵器を止める為、自分の命を挺して止めようとするシーンで
周囲に散々惜しまれるシーンは、一応人望があるんだろうなと思わせるわけですが……
直後、それが解決して、結局、時間稼ぎの為に、その化け物に1人で挑まされることになった
悲惨な主人公に対しては「気を付けて」とか「エイエイオー」程度だったのは思い出深いです
要はストーリーは特に見るべき所がないって事で、見なくても進みますしね


良かった点
・名前と性別以外は変更可能と自由度が非常に高いカスタマイズ
・空中戦や吹き飛ばし攻撃や空中コンボなどが決まると気持ちいい
・何だかんだで落ち着けばクリアできるようになっているバランス
・カードや武器などで戦力を整えてのボスの瞬殺プレイ

悪かった点
・狭い場所に閉じこめられての敵からのリンチと視界
・無駄に強い状態異常攻撃
・仲間からの扱い
・中盤からワンパターンになりがちな任務


難易度のバランスの取り方に思う部分はあるのですけど、何だかんだで纏まっている印象
といっても道中の強制戦闘やワンパターン任務などはもう少し練り込んで欲しかった部分もあり
Vitaのソフト自体、初期の方に出ていたのは(今も含めて)バランス調整スル余裕がないのか
練り込み不足というのは多くあるので、この作品に多く言っても仕方ないとは思うのですけども

パッチでマップとか増えていますし、バランス調整もされています
今後、パッチによって再び大きく盛り上がる事もないでしょうけど
もう暫く楽しめそうなゲームかなと思います、触る機会は自分の中では減りそうですが


ラグナロク オデッセイラグナロク オデッセイ
(2012/02/02)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


でも一番何が残念って、アリスとか可愛いモンスターが出てこなかった事だよ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。