伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【雑記】Game forM

(ある意味)逆転無し!ドM仕様限定ゲーム!

名言

頭が痛い……そういう系のプレイです
実は既に1周しているんですけど、理解が中途半端で
メモを取りつつ、再開しております、凄い……プレイです

ちなみに1章?の前半戦終わったところですが
メモ帳が200行超えました、どうすれば良いんだ……

こういってますがこのゲームが忌避される最大のポイントである
難解で時系列の読めない展開は困った事に導入部が最大の山場
ココを超えて一章の終盤まで来ればある程度は理解できる話になります

そして少しのエピソードを超えて個別シナリオに移行するのですが
ここで疲れ果てた人の幾つかは1人だけでも攻略しようと見た目に映える
ミシュリーヌのシナリオを選択します、するととさらなる悲劇が始まる事になります

最初に攻略できるヒロインの中で一番シナリオが理解しやすいのは
おそらく「時音」で次いで「弓枝」そして、「ミシュリーヌ」という順です
最初にミシュリーヌに手を出すのはいきなり高難易度のステージに挑むようなモノ
結果としてこのゲームに大きなトラウマを残すきっかけになるのです

しかし、この後始まる2つのシナリオが結局、プレイヤーの混乱を来たすので
最初にミシュリーヌ攻略の悲劇も終わってみれば些細な事なのですけども

ちなみにクリア後のキャラ紹介ページである程度のまとめは見る事が出来ます
しかし、説明が本編同様非常に不親切で混乱を来すのですけども

可能ならばこの辺りのギャップを何とか埋めて私なりに分かりやすく
この作品をまとめられたらなーと思うわけですが……無理だろうなー

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。