伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

創刻のアテリアル 感想

エウシュリーの「創刻のアテリアル」の感想です


やり込み要素の多いRPGやSLGで定評のあるエウシュリーの新作は
新規路線となる、カードバトルを中心に据えたRPGとなっております

シナリオは天使、悪魔あるいは中立という3つの立場で大きく分岐しており
メインシナリオの傍らでヒロインのシナリオもあるという形になっています
ヒロインは8人+α、Hシーンのあるキャラを含めるともう少し多いです
攻略制限などもあり、全員を攻略しようとするとちょっとした手間になります

メーカーの最近の作品と比較すると、極端にやり込む場合を除けば1周が短く
忙しい方にも1勢力だけならクリアならそれ程時間が掛からないと思われます
(それでもゲームとして十分なボリュームになっているのは間違いないですけど)
今までと比較すると全ヒロインと言わないまでも全シナリオをプレイする事を
前提とした周回プレイを意識した作りになっているように感じられました

また、シナリオ毎に主となるヒロインが定められているようにも見られます
別のヒロインを攻略していても、攻略中ヒロインのイベントが存在しながら
シナリオ終盤になる程、メインヒロインを扱ったイベントの比重が増えていき
しかし、エピローグで攻略したヒロインとの関係が語られるという微妙な流れに
どうも、メインシナリオの仕様とヒロイン攻略の連携が取れてないように感じられ
攻略の傍らにやり込みの1つとしてヒロインをどうぞと言われているような

メインシナリオの進行と、ヒロイン攻略要素が上手く噛み合っていないと思う反面
逆にゲーム要素と割り切っているのではと考えるとゲームとして上手く融合していると
言えるのかも知れません、この辺り何を求めるかで印象は変わりそうです

メインシナリオの傾向は、某○○転生を彷彿とさせると言ってしまえば
私の見識が非常に狭いのかも知れませんが、狙っているのかなと思う部分も
ただ、舞台としては好みなので、上手く調理していれば楽しいとは思うのですが

やたらパロディネタも多くて、根幹以外は割と好き放題やっている印象です
APPENDシナリオではパロディやネタ要素が強い傾向だったのですけども
本作は日常パートとして書かれる学園編が長いせいか、登場人物の傾向か
APPENDに入る前からそういったおふざけ的部分が前に出ている気がします

壮大な設定はいつもの事ですが、今回はファンタジーではなく現代モノなので
所謂厨二的な成分が非常に強く感じられる内容になっているかと思います
しかし、始まった時はただの学生であり、覚醒して間もないはずなのですけど
それで最後まで通用してしまっているので、広いのか狭いのか良く分からない
スケールの作品になっているように感じられました、良く分からないバランスです

肝心のゲームパートですが、プレイヤーのカードゲーム熟練度に大きく左右されそうです
おそらく初心者も抵抗なくプレイできるようにシンプルに作られているのですけど
あるいは、複雑にし過ぎてもCPUが難しそうなので避けているのかも知れませんけど
(複雑なカードゲームをフレキシブルにこなすようなCPUなんて考えつきませんけど)
それが、仇というと言い過ぎですが、大きく好みを分けてしまう結果になっているかと

基本的にはパワーゲームで何とかなってしまうバランスになっておりそれ以上求めても
CPUを如何に効率よく圧倒的にフルボッコするか位しかデッキを組む必要性が感じられません
対戦という概念がないので、結局カードの性能と初期は一で有利なCPUを倒すという事以上の
プレイが求められておらず、カードが揃わないうちに強敵と戦うと考える余地はありますが
それは、ハンデ戦という特殊な状況下の戦いであり、ゲームの楽しさかというと疑問です

肝心のCPU戦も先に語ったとおり、敵の方が圧倒的有利な状況で始まる対戦を
相手の馬鹿さ、あるいはこちらの柔軟さで対応して戦況を整えるゲームになっています
カードゲームというよりも自由度の高いパズルゲームという印象が強いですね

TCGという強力なレアカードなど早々手に入らず限られたカードの中からデッキを考え出し
互いに思い通りに回らないカードとにらめっこしながら、的確に状況を判断して
自分の思った戦略、コンボなどが決まり勝利する事に快感を得るモノが多いと思います

しかし、このゲームはレアカードはシナリオの進行で決まった数だけ入手していく事になり
戦う相手もデッキが固定されて、カードの周りがほぼ約束されたような頭の悪いCPUで
こちらも、その場をしのいで相手を追い詰めていくという限られたシチュエーションばかり
と、周辺の流行のTCGと比較すると供給されているモノが大きく違うモノになっています

ただ、玄人が要求されるゲームを作ると素人やCPUが対処できるとは思えませんし
有名どころのTCGだって、最初は壊れたバランスでクソゲー扱いされるのが世の常です
そもそもこのゲームはトレーディング要素が皆無なので(合成が一応ありますが)
こういう性質、バランスの流行のTCG風カードゲームだと考えるのがよいかも知れません

エウシュリーも他で実績があるとはいえ、こういったカードゲーム初挑戦でしょうし
その方向で考えると、よくここまでプレイできるバランスに収める事が出来たと
しかし、身も蓋もない事を言えば、カオスでディープなカードゲームの世界に
足を踏み入れてしまったのが今回の悲劇ではないかと思われるのですが、果たして

勿論、このバランスが心地よい人もいるでしょうし、これはこれと楽しむ方もいるでしょう
とりあえず色々酷い事は言っていますが、それだけ賛否が生まれてもおかしくないという
業の深いゲームだという事だけは確かだと思います、一概にバランスと言っても難しいよね

そんなわけで本格志向のカードゲームをプレイしたい人には厳しいかも知れない作品
これはこういうゲームとしてあくまで雰囲気を楽しむ事モノとして過度の期待はしないこと

カードゲームが未経験、そこまで深くのめり込まない人は体験版をプレイするなどして
最低限ゲームの雰囲気などを知っておくと良いでしょう、ずっと付き合う事になるので
簡単と言ってもRPGの用に、ザコ戦は適当に戦っていればいいやと言う程甘くはないので
かなりの時間をこのゲームと付き合っても楽しめると思えるなら大丈夫かと思います
体験版の時点で面倒だと感じるなら少し様子を見ておいた方が良いかもしれません

シナリオとしては学園モノ+ファンタジーとしては王道かと思います
設定は学園モノでありながらも相変わらず過剰に壮大な傾向にありますが
日常は非常にホノボノとしており要所要所の展開は性急というバランス
ヒロインは個性的ですけど、各シナリオに過剰に期待すると肩すかしかなと
あくまでゲームありきで雰囲気を盛り上げる材料という印象になっています
ゲームは厳しそうだけどシナリオが楽しければという期待は厳しいかなと思います

他のメーカーでは中々真似できないであろう程作り込まれていることはわかりますが
初挑戦するには、シナリオ、ゲームどちらもハードルが高すぎたように感じられます
結果的に努力の跡は垣間見られる良く作られたゲームながら微妙に滑っている作品
と言う感じで、いい知れない、もどかしさを感じる部分が多い作品になっていました

以下、ネタバレを含む感想




【システム】
・画面は16:9のワイド
・キャラ別音声設定有り

■AVGパート
AVGパート進行の便利機能は殆どなく最低限です
プロローグスキップ(欲を言えば3章の分岐まで)は欲しかったですね

■探索パート
探索パート(?)は点を線で結んだようなMAPを移動していきます
一度に進められる距離は制限があり、端から端まで移動するには
数回の行動入力を必要とする場合があり多少面倒な仕様になっています

MAPには敵やアイテムなどが配置されており敵と接触するとカードバトル
アイテムの位置に止まるとアイテムやお金が手にはいるとという流れ
視界の概念があり、主人公の位置から外れたアイテム、敵については
アイテムか敵なのか判断できないシンボルが表示されるようになっています
また、極端に遠いとシンボルがあるか内科すら分からない仕様になっています

MAPには一部特殊な移動能力(をもつ仲間)がないと侵入出来ない場所もあり
やたらと種類が多い割には、誰の加入で侵入可能となったのかわかりにくく
全体的に適当で大味な印象のある要素になっているとここは感じました

敵シンボルが存在すると、敵も同じようにMAP内を移動していきます
敵が多いと自分の番が回るまでに数秒間の操作不能時間が出来てしまいます
向こうから接触されてもバトルになります、コレを回避するようなイベントもあり
何度となくそういったパズルを要求されます、周回では微妙に面倒です

特に点と線で結ばれたMAPは立体的に交差すると非常につながりが分かりにくく
マウスの触れ方で意図していない(敵と接触する)ルートに直される事もあったりと
微妙にストレスを溜める面倒な仕様になっている事が多かったです


■カードバトルパート
メインとも言えるカードバトルです、敵との接触、或いはイベントでバトルになります
基本はこちらのリーダーの体力が0になる前に相手リーダーの体力を0にする事
最初にリーダーのみ配置されており、そこから3×2のマップにカードを配置していきます

カードには「コスト」と「支配力」というパラメータが設定されています
一番重要なパラメータとも言える支配力は、カードを場に出すときに必要な値です
各カードの周囲(前後左右)に支配力と同じだけのコストのカードを出せる場を生じさせます
支配力1のカードの周囲ならコスト1のカードが出せるという事になります

支配力は配置次第で足し算されますで、別方向から場を囲む事で高い支配力を実現できます
左上(0,0)と右上(2,0)の場に支配力1のカードをそれぞれ配置してあげると
中上(1,0)の場は支配力が2となりコスト2までのカードを置く事が出来るようになります
3×2のフィールドなので中下(1,1)にもカードを置く事で、更に支配力を増やせます

中には支配力2,3のカードも存在しており(後者は殆どやり込みの領域の性能ですが)
そういった高性能な支配力を持つカードはコストの高いカードと傾向が決まっています
(コスト3以上で支配力2、コスト7以上で支配力3という傾向にあると思います)

リーダーは周回プレイしないと敵を除き支配力が1なので段階的に高コストのカードを生み出し
強力なカードを場に出して、戦いをリードしていくというのがゲームの基本になっています
尤も、タフなボス線でもない限り高コスト勢を出す頃にはほぼ勝利になっているのですけど

高コストのカードばかり揃えてしまうと、最初にカードを場に出せず一方的に殴られます
よって、低コストで確実にカードを廻しつつ、高コスト勢に移行できるのが理想的なデッキです
尤も、特殊なテキストを利用して低コスト勢で速攻を書けてしまうデッキもありますし
逆に、特殊なテキストで高コスト勢を早めに出してしまい、相手を圧倒するデッキもあります

その辺りは適当に敵の傾向やプレイスタイルで変わります、そこが腕の見せ所であり
デッキを組む楽しさを見いだすゲームの醍醐味とも言える部分であるかと思います
とは言っても強力カードは限られるので、カード数の割に似たような傾向になるのですけど

敵は基本的にパワー馬鹿ばかりです、厄介な敵がいれば優先的に潰す事があっても
基本は高コストのカードを場に出してリーダー優先で、殴ってくる傾向にあります
そう考えると楽勝に感じるかも知れませんが、ボス級は大体強力なカードのオンパレードで
こちらの苦労して出した高コストのカードのカードでも一撃で吹き飛ばしていきます

最悪、初期配置から高コストのカードを場に出して戦闘開始という不条理なバランス取りで
こちらに思ったような展開をさせてくれないという戦闘が展開される事があります
と言いますか、終盤の強敵は殆どがそう言った攻め方をして難易度が上げられています

これらも一部の強力なカードで封じてしまえば、やはり単なる的と化すのですが
ある程度の仕込みと大胆さが必要なので基本に忠実に遊んできたプレイヤーにとっては
途端に不条理で厳しい戦いを要求されていると感じるかも知れません、要は慣れですが

その辺りこのゲームを楽勝と考えるか良いバランスと考えるか、難しいかでしょう
ラスボスにその傾向が強く、このゲームの各シナリオの難易度=ラスボスの強さに感じます
苦手意識があるなら基本に忠実で勝てる悪魔ルートが1周目にオススメかも知れません


そんなカードゲームですが、1周目はともかく周回を重ねると面倒になっていきます
自動戦闘をするとそれほど時間が掛からないのですが、あまりに馬鹿で少し工夫が必要で、
ある程度の性能を持った敵には普通に遊べば楽勝なのに思わぬ敗北を食らう事もあります
何周もしているとそういったカード収集の価値もないけどアッサリスルーも出来ない敵
というのが少々邪魔に感じてしまう傾向が強くなっていくかと思います

例え優れたゲームでも、短期で何十回、何百回と対戦させられると厳しいですからね
このゲームにのめり込むならともかく、そこそこにプレイする方は飽きも早いかと
体力にはリスクがあるので気軽には出来ず、シナリオ的に周回ゲーであると言う事と
基本的に時間の掛かるカードゲームと言う事は微妙な相性に感じられました
一応、リトライは気楽に出来るので、負けてしまってもそれ程痛くない事を利用して
数回自動戦闘をすれば勝てるという事はあるにはあるのですけども
こちらの自動戦闘が基本的に相手CPUよりずっと馬鹿なのはどういう了見?

また、周回プレイでこちらの強化によって戦闘が楽になっていくのですけども
特殊戦闘という名のカードを固定したイベントが何度となくゲーム中に出てきます
例えば人間ルートの5章はまるまるを使っての沙夜音デッキ限定戦になっています
これが事故率の高い高コストデッキになっており、無駄に手間が掛かります
そこは極端ですがイベントの要所要所でデッキを固定した軽い運ゲームが出てきます

二周目以降はこういった制限プレイは出来るだけ避けれる仕様にして欲しかったですが
この作品は何かというとプレイヤーの制限をする傾向が非常に強くなっており
何度となく特殊戦に付き合うというハメになっているのは印象がよろしくなかったです


【シナリオ】
ある時事件に巻き込まれ異世界に引きこまれた仙崎秀哉とその友人達は
とあるきっかけから異世界で戦える能力、異能に目覚めたることになる
異能で戦う楽しさと好奇心から異世界で軽い探訪を楽しんでいく

しかし、事態は急変し、秀哉の住む世界全てが異世界に飲み込まれ
遊びではなく生き残る為に、異能を振るい戦っていく事になる秀哉達
その過程で天使と悪魔の2陣営の争いに巻き込まれていく事になる
秀哉達はどちらかの陣営に組み込れ生存を計るのか、それとも……


と言う感じで序盤はちょっとした異世界の冒険のある学園モノなノリ
中盤から天使、悪魔、人間と、3つの勢力でシナリオが大きく分岐します

天使は悪魔と戦っていく分かりやすい王道路線のルート
悪魔は天使に反発し人間の自由を勝ち取る為と天使達と戦っていくルート
人間ルートはどちらにも属さず最後は全勢力を結集する集大成なルート
また、特定の条件を満たすとEXシナリオが解放され、設定の補完がされます

一応、推奨攻略順的なモノがあるようですね
難易度的には悪魔を先にプレイするのが楽だったり
シナリオ傾向的に天使は先が良いけどボス戦が厳しかったり
人間ルートは傾向的に最後にやった方が良いかなだったり
でも、EX考えると悪魔は3周目が良かったりともどかしい内容です

EXはシナリオとして1本ありますけど、どの勢力でも見る事が出来て
他のシナリオに影響は与えず完結する内容になっています
シナリオを見る為には天使+人間ルートの攻略が必須なっています

どれも、シナリオの中心となるヒロインのような者がいますが
それと攻略ヒロインはイコールでなくても全く問題がありません
ただし、多少の浮気とかは見逃して欲しいという感じになっています

そもそも共通ルートにノーカンこと、アカリさんとのHシーンがあるので
天使ルートだろうと人間ルートだろうとどちらにしろ、一途に行けない
そういった感じでHシーンの扱いは全体的に中途半端な傾向にあります

まおーさまの言うとおり徹底的に陵辱のかぎりを尽くすルートを悪魔に設け
天使と人間ルートでしっかりと一途貫けるとかして欲しかったところです

悪魔はエピローグとかその他に対してはそれっぽいけど基本はぬるいですし
人間と天使もなんだかんだでやる事はやってしまうので徹底できていない印象
昔程そちら方面に力を入れられないのは分かりますが、全体的に中途半端です

勢力の分岐は戦力の分散としても中途半端で、学生の交友関係が
基本的に壊れる事もなく、天使と悪魔の外様組が敵対する程度の関係です
この辺りもう少し大胆戦力を分散させると面白そうなのにと思ったり
それだとモロにアレですが、いつ海人が裏切るのか楽しみにしていたのに……


■仙崎美來
全体的に美味しい役目だけどルートで特化する事もないメイン格
扱い的にアカリの上位互換に感じますけど攻略シナリオは限られています
妹ズとひとまとめにされる事もあり、そちらでは癒し系の要因として動きます
それとは別に家族として妹をピックアップされる事もあり、そちらはヒロインとして
なんだかおかしな事を言っていますが、大体あって居るのでスルーしてください
クールな雰囲気だけど甘えたがりの妹キャラという感じで属性的には鉄板かと

■蘇芳杏里咲
妹ズのリーダーらしい、学園者と思ったら最初から人間じゃない子がいる……と思った
多分イナズマンの系列であると思われる、冗談はともかく基本的にはネタ枠の娘
突飛な言動と出で立ちで誤解するけど、その通りだけど、非常に仲間思いの良い娘です
とあるイベントから化けるタイプですので、ギャップ好きには良いかもしれません


■シャネオルカ
未攻略です、ただでさえヒロイン多いのに妹枠3人はどうかなと思ったり
それぞれ個性があって可愛さはあるのですけどね、悪魔見ると巨乳M枠


■北河アカリ
クラスメイトで親友の1人、レオタード姿のAV臭がというか嘘くささが凄い
ノーカンということで、共通でHシーンがありプレイヤーを困らせる子
とりあえず戦闘に何でも新体操を絡めるのはネタにしか見えないのですけども……
どのシナリオでも攻略可能という一途さというかねばり強さがウリになります
ただし、序盤のパートナー具合はともかく勢力に分岐するとその他大勢感も強いです
カードとしても序盤はともかく、秀哉、海人ありきの性能が多いので微妙なところ

■栢木鳴海
人間ルートのメイン、学園では会長を務めており、近寄りがたい雰囲気だったが
本人自身は礼儀正しく、話の分かる仲間想いの非常に出来た人物というところ
ノリが良いのかHシーンが基本的に張っちゃけていて楽しい、奉仕大好きな人
悪魔ルートでも特に何かやった覚えないのに最後アレだったり多分そう言う願望強し
料理が苦手で機械を使った家事も不得意とお茶目な部分もピックアップされる
基本的には癒し系となってくれるヒロイン、やはり年上は癒しがないとね
カードな言うまでもなく奇数ガードが強い、奇数先輩、肉壁先輩といわれるけど
本人が悪いのではなくカードが優秀すぎるのが問題なのです

■風見まどか
先輩枠その2、攻略が天使ルートのみ可能な珍しい人、未攻略


■メヒーシャ
天使ルートのメイン、悪魔シナリオでも悪い意味で目立ちますけどそれはともかく
基本的に、悪魔なんかに絶対負けない!の人です、良くも悪くもそんな人です
天使ルートを最初に攻略しないと段々扱いが可哀想になってきます
天使ルートを見ると非常に可愛いヒロインだと思うのですけど、他だと印象が……
ラスボスになったところやあっさり堕とされるところも含めてきほんちょろい人です
先輩と含めて結局陵辱要因だったみたいですよ、天使乳さん


■椎名沙夜音
悪魔ルートのメインです、エピローグ的には正直微妙な扱いですけども
そもそもメインルートなのに、別の男が混ざって3Pしたりと不遇傾向にあります
英雄になれない普通の人ですけど、どのルートでもしぶとく生きている感じで好きです
それにしてもデレが早すぎないかなと、秀哉じゃなくても、鈍感キャラにならざるを得ない
カードはコスト1が補助で結構優秀ですが、何故か自動戦闘だと正面にたたされます


■源鴉鳥
EXシナリオのメインヒロイン、ヒロインとしての扱いは破格だけどEDは不遇
人間+天使ルートでシナリオが開けるので悪魔が最初という人も多いはず
あれだけラブラブしといてオチがアレだけど泣かないで欲しい

ヒロインとしては個別にエピソードが複数ピックアップされるので破格の扱いでしょう
しかし、基本的にリョナ要因というべきか、悲劇のヒロイン枠になっています
ただ本編では重要なようでそうでないサブ的な位置に立っている印象ですね

秀哉の最後のパワーアップイベントとしてもあるのでやり込むなら是非でもプレイ
何処かで見たような出で立ちの三擦り半のハゲ様もいるよ!


【Hシーン】
・仙崎美來:6
・蘇芳杏里咲:4
・シャネオルカ:4
・妹ズ:1
・風見アカリ:5
・椎名沙夜音:5
・源鴉鳥:4
・風見まどか:4
・栢木鳴海:5
・メヒーシャ:3
・ルファディエル:1
・ガノエル:1
・シェヒラ:1
・エルンスト:1
・リターナ:1
・真黄:1
・真朱+真黄:1
・仙崎千尋:1
・悪魔END(ハーレム):1

悪魔ENDと沙夜音を除き学生のヒロインは秀哉が独占します
(まどか先輩、シャオネルカは未攻略なので正しくは違うかも知れませんが)
沙夜音のみ、1つだけ別の男が入ってくるプレーが存在します
それを除けば基本的には合意の元のプレイ、尺はそこそこというところ

天使枠のメヒーシャは一枠、秀哉独占とはいえ陵辱プレイがあります
対する、メファディエルは秀哉の関わらない陵辱プレイのみです
ガノエルは実質3P(女2:男1)、シェヒラは何故かロリ化してのプレイ

エルンストは最初は秀哉、後は別のキャラが混ざってと言う感じ
真黄は1人のパターンは陵辱、真朱との3Pは秀哉と、千尋は陵辱
ハーレムは一部は秀哉が独占、一部は他のキャラに好きにさせます

全体的に傾向が中途半端で、独占させたいのか陵辱させたいのか不明ですね
陵辱要素は基本的に悪魔ルートで回収なので抵抗があれば避ければ良いですが
その陵辱も本当にとりあえずという感じで、やるなら徹底して欲しかった要素です
プレイ内容自体は特殊なプレイは少なく、陵辱もラブラブもノーマルなプレイばかり
回数はキャラの数を考えると充分あるかとは思います


【まとめ】
色々な新しいチャレンジの後が見られる意欲作になっていますが
しっかり作られて居るも、やはり荒削りな部分も多く感じられました
カードゲーム部についてはどうやっても賛否両論になるのはあるでしょうが
ただ、周回前提の作品で手間になる戦闘というのは少々酷でした
ゲームそのものより仕様との相性で悪印象になっていると思う部分もあり

学園モノのシナリオとしてはこちらも新しい挑戦でしょうが色々厳しい
ヒロインが無駄に多く分散するのはもとよりメインとのリンクも弱い
キャラとして売りたいのかあくまでオマケなのか微妙なところでした

複数周回したのですが、そう言った問題が周回する程気になる内容でした
何周もすることを前提とするならその辺りのフォローが欲しかったですね
ゲームの内容以上に、その辺りのもどかしさ、面倒さに押されてしまい
このゲーム全体の悪印象の原因となっている気もしました

尤も、上に語っているとおり複数回クリアをしているので
なんだかんだでプレイできるゲームになっているのは確かです
カードバトルも楽しい戦いになるときはありますし全部が全部駄目な訳ではなく

ただ、もう少し快適に遊びたかったなと、その部分で惜しさを感じる作品でした

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。