伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マテリアルブレイブ 感想

戯画の「マテリアルブレイブ」の感想です


本感想は全ヒロインではなく二人目のヒロインまでを攻略した後の感想
所謂、プレイの途中で書かれた途中感想となっています
全員をクリアした暁には細かい部分など書き直すかも知れませんが
この作品の都合上あまり変わる事はないと思い現時点の感想を書きます


BALDRSKYなどでお馴染みのゲーム性重視のチームの新作
本作はBALDRHEAD系とは別派生のDUEL SAVIORに近いタイプ
横スクロールのアクションフィールドをチビキャラを動かして
敵をひたすらボコボコに倒していくゲームとなっています

ゲーム自体はDUEL SAVIORを更に発展させたような形で
変化も大きく、正統進化と言うよりも別派生と言えるかも知れません
色々と細かい要素が組み込まれているが、CPUも殆どのプレイヤーも
その複雑なシステムを充分に活かす様な事はあまりなく
「相手の攻撃をガードしたあと、ひたすら浮かせてボコボコにする」
という非常にシンプルな結論に至るプレイヤーは多いと思います

また、今までのゲームはゲームはゲーム、イベント画面はイベント画面
と言う感じで、バトル以外はシナリオに沿ってキャラが動くだけでしたが
しかし、本作ではチビキャラのまま狭いながらも島を探索する事が出来
自由にイベントの進行やレベル上げと言った要素を楽しめるようになっています
さながらRPGあるいは狩りゲーのような印象を受けるデザインです

この要素は間違いなく今までの作品と比較して、発展した要素ですが
それがゲームの面白さに繋がっているか?と聞かれると意見の分かれる所で
私がプレイした限りでは、面倒さの方が目立っていると感じました
これは、長くプレイする内に単調さと作業感が強くなったのが原因です

ヒロインは5人いるモノの、シナリオ自体は95%位は共通であり1本道
所謂、EDと決戦直前のイベントだけヒロイン個別のシナリオであり
某なんとかの軌跡のような本当の意味でゲーム重視のゲームに
一応ヒロイン選択の要素を付けましたよレベルの内容になっています
確かにCSのゲームならそれもありですが、一応コレはエロゲーなんですよね

シナリオとしては「DUEL SAVIOR」の路線を踏んでいるのかハーレム路線
しかも最近の流行りをつくかのように、怒濤の如しスピードでフラグを回収して
直ぐに周囲を固めてあとはひたすらちやほやされるという流れになっています

恐るべきはジュースの魔力……賛否両論がありそうな展開ですが
それを如何にも○○なありがちネタとして楽しめば、と言う感じもします

ただ、要所要所ヒロインの可愛い描写はあるのですがココまで身も蓋もないと
少しひっかかってしまうのは仕方ない事ではないかなと思うわけです
ひたすらエロ路線で行くならアリなのですけど、それでもないですしね……

また、この対処はシナリオ分岐しない為、余計なイザコザを起こさない為に
という感じのシナリオ単純化の為の土台作りだったのではと思わなくもなく
取りあえずヒロインとの関係を少しずつ深めていくのを期待すると酷かなと

この構成の為、シリーズでお馴染みのシナリオを進める毎にヒロインがアンロックされ
次々とシナリオの謎が解き明かされていくというのがシリーズの醍醐味もありません
1度のシナリオで解決する上、メインルートで書かれる謎に関わる話については
全て本編の内で語られてしまうようになっているからです、個別はただのエロです

だからといってシナリオの謎がすっきり明かされるかと言われるとそんな事もなく
終盤は一部の人間の勝手な理解の元、お空の上の話でシナリオが進みます
もしかして語られたかも知れませんが、終盤は何だかもやもやする展開になっており
また、妙に言葉を濁すような感じで、EDを迎えます……FDに期待しろという事でしょうか


ゲーム部分を楽しめている間は良いもののプレイしていく内に冷めていく感じがしました
ゲーム性は上がったモノのそれを上手く活かせていない気がするゲームでした
新鮮な気分でプレイしている内や酷いコンボを決めている時は楽しいモノの
その楽しい時間も何百回と戦闘させられたら飽きるのは仕方ない事でして……

そして、シナリオについては一昔前に流行ったようなハーレム路線として
コレはこういうモノとして受け入れるにしても終盤が厳しい気がするものです

と、どちらも、やりたい事は分かるものの調整の段階でミスをしてしまっており
全体的に苦しいバランスの詰めの甘い作品になっているなと感じられました
そもそもエロゲーだって事を無視したゲームデザインに感じられるのですよね


以下、ネタバレを含む感想、というか愚痴




【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定有り
・他ゲーム部分の細かい設定アレコレ

安心の戯画ですが、初期のバグも多いのでパッチは充てましょう
特に序盤のパッチはゲーム性に大きく影響を及ぼすので重要
1.04でもゲームパートでプログラムエラーを吐いていたので
もう暫くパッチによる更新が行われそうな予感です


【ゲーム部分】
ゲーム部分は説明すると過去最長の感想になりかねないので割愛

ゲームを有利に進めるには、レベルを上げて腕力と鉱力を鍛えてボコればいい
と言う感じになっています、レベルの補正が大きく差が大きいと極端な結果が出ます
相手のレベルが高いとこちらの攻撃はあまり効果がなく反撃であっさりやられ
こちらのレベルが高いと軽く殴るだけで相手の体力を殆ど奪う事が出来ます

相手が高い場合は相手の攻撃の隙を見てガードが甘くなったところを反撃
こちらのレベルが高ければ適当に殴れば勝てると言うぐらい難易度が変わります
辛いと思ったら少し敵のランクを下げてレベルを上げるのが良い対策でしょう

ただし、経験値もレベルによる補正が掛かっているので、強い敵を倒せば
一気に経験値を稼ぐ事も出来るようになります、腕力があればレベル差があっても
結構ダメージを通す事が出来るようになるので終盤のスパルタをすれば
レベルが放置状態のヒロインも一気にレベルアップが望めます、腕力様々ですね

因みにレベル補正でレベルが53ぐらいになると殆ど経験値が得られなくなりますが
プレイキャラをレベルの低いヒロインにして、強敵と戦って経験値を得た場合
パートナーキャラは経験値の補正の影響を受けない為か高レベルであっても
かなりのペースでパートナーのレベルを上げる事が出来るようになります

コレを使えばあっさりとLv60以上のキャラクターを作る事が可能です
殆ど意味がないですけど、探索が楽になるのでごり押しプレイにオススメです

シナリオ中は大型が恐れられるようにでかいほど恐いみたいな描写ですけど
プレイしてみたら小さい方が余程戦いにくいという事が分かります
特に数が多くなるとどれだけレベルが高くてもこちらのガードが空いた隙に
連続ヒット攻撃でリンチをされて瞬時に体力が奪われるという事も多くなるので
小さくて多い敵ほど強敵という図好きが成り立っていく事になります
岩の生えた亀や、火の鳥辺りの複数組み合わせは最悪と言っても良いでしょう

代わりに敵が1体だとこちらのやりたい放題なので強敵描写にかかわらずボコれます
えらそうに出てきたボスが抵抗無しのままワンコンボで消える様には
なんだかこのゲームの極端なバランスを良くあらわしていると思います
強かった敵と言えばHARDでの「滅殺のアイセマー」ぐらいですかね
他は亀4匹や鳥4匹の方が余程強敵だと思うゲームになっていました

そんなゲームパートですが、序盤こそ良いのですけど中盤以降だれて
終盤は完全に飽きてしまったというのが正直なところであります
正直戦闘する機会が多すぎるのですよね、探索をしっかりすると余計にそうです
気分転換にキャラを変えようにも、高ランクのエンゲージボードを解放しない限り
殆どの場合初期レベルで停止してしまっているので仲間を使うのは難しいです

結局序盤から付き合いのある主人公を使い続けるハメになる場面が多く
最初からお馴染みのコンボでひたすら殴っていくゲームになっていました
探索が飽きて止めようにも、先が見えない為、手を抜くわけでもなく延々と戦闘

また、探索と言ってもMAPは少なく、敵のバリエーションが多いわけでもなく
こちらの攻撃パターンが増えていくわけでもなく、パターンが確立したら
あとは決まった敵に殆ど決まった戦略で立ち回りながらMAPを埋めるという形
MAPはお世辞にも分かりやすいとは言えず網の目のようなMAPが多い為
変に迷子になったり、その最中にザコと何度も戦闘させられたりとうんざりでした

かくれんぼイベントを筆頭としたお使いイベントは、ただただ面倒でした
エンゲージボードよりも、自己愛精神や積極精神のかけらを引き継がせて欲しい位です
他のお使いイベントをプレイするとほぼMAPを制覇するような勢いが必要です
しかも1周毎に成し遂げなければ駄目な手間の掛かる仕様になっているのが面倒なところ
1周で舐め尽くして欲しいのか何周もして欲しいのか分からない構成でした

うだうだ言いましたが、最初は楽しいけどボリュームが仇となっている
最終的に作業感を生み出しているのが上手くないと感じるゲームでした
目指したいところは分かりますけど、もう少し工夫が欲しかったですね


【シナリオ】
ヒロインによる分岐はHシーンとEDのみで本筋は1本道です

基本的には能力者を養成する学園にやってきた主人公「鏑木遥歩」が
珍しい男性の能力者であり、しかも体液の接触を以て異性の能力を高める
非常にエロゲー向きな能力を持っていた為、学園の注目の的になってしまう

その能力とジュースと持ち前の行動力を元に1年の有名人5人ばかりを落として
ハーレムを作った後、学園に潜む陰謀に次々と立ち向かいつつも
普段はヒロイン5人に愛を囁かれつつ、愛想笑いで煙に巻いて日々を過ごすという
典型的なライトノベルのイメージする所そのままという感じの話になっています

元々「DUEL SAVIOR」もそういったエッセンスを持った作品でしたので今更ですが
序盤のヒロインのチョロさや、積極性が非常によわいと言う辺りを見ると
時代の流れというモノを感じなくもありませんが、気のせいですかね

今までなら各ヒロインの持つ秘密やら何やらを細かく切って、段々と明かすという
手法を多く取ってきたシリーズですが、この作品は1シナリオで全部見せます
故に、1本ながら非常に冗長な印象を受けてしまう内容になっています
それがゲーム性自体にも影響している気がするのはいかがなモノかと思うのですけど

また、気のせいでなければ終盤は凄い言葉を濁して曖昧なまま終結しています
王として覚醒した遥歩は色々と分かったみたいですが凡人の私は置いてきぼりでした
EDの「色々な事が分かり始めている」みたいな語りが実情を良く表しているような

正直一本道なら一本道でハーレムを完全に肯定して、「倉木絵奈」ともどもハッピーとした方が
よほど1つの作品として通りが良かった印象を受けるのですけど、それは極論としても
個別としてシナリオを分けるには中途半端すぎる対処としか言いようがないと思います
ゲーム性の仕様上、そしてシナリオの分量上、周回に耐えられるものではないですし


【Hシーン】
・王城叶:4
・エーリカ・フォン・アウフシュタイナー:4
・白藤・アンジェリーヌ・つぼみ:4
・上音真白:4
・獅堂金光:4

4回ずつなので萌え重視のエロゲーとして標準的と思いきや
3回は共通で見られる前戯によるHシーンとなっています
処女を奪わないだけ義理立てということでしょうか、かぐやか何かですか
そんな感じで、終盤も終盤で本番が1回あるのみです
(Hシーンの回数については外部からの情報を元にしています
尤も、エンゲージ+本番という構成自体は2周目でほぼ確信できますが)


【全体通して】
1周のみで終わるゲームとしてみたら、全体をそれなりに楽しめますし
ご都合主義のハーレム路線が嫌いでないならそこまで悪くない気もします
1周にしても終盤でお使いに飽きてしまう可能性もありますがそこはそことして
ただ、ヒロインの攻略が周回前提になっていますので周回を考えると厳しいです

ある種、この作品だからこそ期待される部分に多く外れているので
大きく拒否感を抱えるのであって、ゲーム自体そこまで酷いわけではないです
敢えて言うならHシーンの構成と周回を殆ど考えていない仕様ぐらいでしょうか

ここがこうだったら、と思う部分は多分にある、惜しいところが多い作品です
ゲーム部分はこのシステムにして1作目ということで実験的な部分もあるでしょうけど
シナリオの構成としてはこのシリーズで期待するとやはり厳しいモノがありますね

過去にシリーズのお約束に変に拘らずゲーム部分を楽しめる方なら悪くないかなと
1周目は不満は残るモノの楽しめました、2周目からはやり込みの領域という事で
ゲームがウリですけどあくまでエロゲーだということを忘れないで欲しいですね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。