伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!! 感想

softhouse-seal GRANDEEの「ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!」
の感想になります


これからみんなに犯し合いをして貰いますというノリで始められる
MAP上からヒロインを選択していくだけで攻略できる簡易なADVです
一応ゲーム部分はあるんですけど、非常に単純でほぼクリックゲーです

攻略対象となる(個別シナリオがある)ヒロインは全部で5人います
Hシーンが見られるヒロインは8人いるのですが
残り3人はHシーンが複数あるだけで個別シナリオはないです
シナリオは多少イイハナシダナー(何かずれているけど)がある程度でしょうか
過去の思い出があったり、うち解けていって軽い問題を解決したり程度の内容です

セックスバトルについては特に言及するような事はないです
あまりバトル自体に気合いを入れているようには見えません
あくまで馬鹿馬鹿しい世界を描く為の手段ぐらいのモノでしょう

数もそれ程多くありませんが、殆どクリックゲーになっているので
単に進行のテンポを悪くするだけで、少なくても良いぐらいでした

アイテムの回収での敗北回避やバトルのやり方次第では負ける事が出来る
という試みは面白いのですけど、それによる結果が殆ど見られないのが痛い
Hシーンが分岐するとかそういう遊び心があれば良かったのですけど
最低限、勝敗が明確に解るようにポイントを表示するとかアイテムが表示されるとか
そう言うのがあればまた違った印象にもなった気がするのですけど……

そんなゲーム性を期待した人には非常に物足りない部分となるでしょう
バトルというかワンサイドゲームなので(現実考えればそんなモノですが)
やりとりや駆け引きという面でも完全に死んでいるというのが実際です
正直、手間という点でこの作品のマイナス要素にしかなっていないと思うのですけど
これなら、全部アイテム有無のフラグだけで勝負を分けた方が良かったかと

Hシーンはいつものノリを期待すればありでしょう、文法は陵辱ゲーっぽいです
コマンドを入力して相手を感じさせるって事は痴漢の方が的確ですかね
尤も、ヒロインも楽しんでいるし、軽いノリやテキストでスルーしている

という相変わらず独自の雰囲気となっています、罪悪感は少なめですが
逆にネタに走っている感じがして使いにくい人には使いにくいかも知れません

バトルはあまり使えない気もしますが抜いても数としては充分ですし
アニメーションも相変わらずのクオリティという事で問題ないかと思います
ゲーム部分もこれぐらい気合い入れてくれたら問題ないのですけどね

そんな、お馬鹿な世界で女の子とHシーンをやや強引なプレイで楽しむという
本質(?)の点では間違いなく今まで通り楽しめる作品になっていると思います

しかし、ゲームとして宣伝されているセックスバトル部分については
かなり適当になっており、それどころか進行のテンポを悪くしていると思います
前作はテンポが良くそれなりに攻略を楽しめる(簡単ですが)内容だったので
ゲーム部分は大幅に退化していると言わざるを得ませんでした

と言う感じで相変わらず馬鹿で可愛いヒロインとのHシーンを目的とするならあり
セックスバトルという単語に反応している人、何だかんだでゲームを楽しみたい人には
全くオススメしにくいと言った感じのゲームになっています、あくまでエロゲーです
あと、「氷室梗子」、「鳴海蛍」、「美村菫」はEDがないので注意が必要です


以下、ネタバレ含む感想



【システム】
・画面は4:3
・キャラ別音声設定有り
・Hシーンアニメーション有り

最低限ですが特に不満のない内容です
ただ、回想でバトルの敗北差分を見たかったです
本当に些細なモノなのですけどもね……

Hシーンはアニメーションするシーンがあり
この部分のこだわりについては相変わらずですね

あ、後EDの最後にEDビジュアルが登場するのですが
Hシーンをクリックして飛ばしていると一瞬で終了します


■ゲームの進め方
基本的には、MAP選択タイプのADVを少しだけひねったタイプと言うところ
MAPで行く場所を選択し、ヒロインに会うなり、アイテムを回収するなりします
ヒロインのいる場所は、左下のSDキャラの表示で確認する事が出来ます

ヒロインのいる場所を選ぶと、そのヒロインの中から誰を選ぶか選択します
ヒロインのいない場所を選択すると何もせずに時間を経過させる事が出来ます
マップ上でエクスクラメーションマークが表示される場所はアイテムがあります
ヒロインとアイテムが同時に存在する場合はヒロインが優先となります

期間は7日間で、時間は10時~20時までの10時間となっており
10時から16時までが昼、16時から18時までが夕、18時から20時までが夜
といった形でそれぞれ配置などが入れ替わる仕様になっています
1度の行動で30分消費する事になっており、ヒロインと接触すると1時間消費します

ヒロインは接触するとセックスバトルになります、バトルは1日3回まで見られます
セックスバトルはこちらと相手それぞれでアドバンテージを持つパターンがあります
セックスバトルの細かい話については、別項目で説明しようかと思います
3回見るとその場で一日が終了するのはシナリオで語られたルールに沿うようです

各ヒロインも接触できるのは一日一回となっており、次のイベントを見る為には
時間を潰すか、3回ヒロインと会うかして、1日を進めるしかありません
と思ったのですがパッチで、夕方、夜、翌日へが選択可能となりました

ヒロインはメインなら6回会えば、そのヒロインの個別ルートに突入します
プレイ時間が7日ということで、実は殆ど猶予がない仕様になっています
基本最初からいますが、「如月舞」のみ一度は「此花沙織」を選択する必要があります

サブヒロインである「氷室梗子」「鳴海蛍」については個別ルートがありませんが
4回目までイベントが存在します、「美村菫」はもう少し特殊になっており
1日のバトルで負け越したときに、その晩にHシーンが進むという形です
こちらも4回目まで、イベントが存在する仕様になっています


■セックスバトルについて
意外と面倒な条件になっているセックスバトルについて
こちらがアドバンテージを持って責めるタイプと
相手がアドバンテージを持つタイプの2種類があります

こちらがアドバンテージを持つタイプはコマンド選択となり
相手の体力を先に0にすると勝利となっています
逆にこちらの体力が先に0になると敗北になります
特定のアイテムを持っているとバトルが有利になります
半分同意のようなモノですけど、軽い調教みたいなプレイになります
負けるのが逆に難しく、同じ攻撃ばかりやらないと負けません

相手がアドバンテージを持つバトルについては
テキストだけで進行するHシーンになります
こちらはヒロインの主導~ほぼ和姦という感じでしょうか
該当するアイテムがあるか否かで勝負が決まるものもあるようです
基本的にアイテムによる因果関係が解りにくくなっていますね

勝利、敗北についてはテキストの一部に差分があるだけで
大きくHシーンの内容が変わる事はありません
精々差分で、上手く責められてないとか、勝ったとか負けたとか
そういった細かい部分で違いが出てくる程度になっています

パッチでバトルに必殺技が導入されたようですけど
これも本編と余り関わらないので特には語りません

それよりも勝利と敗北の差を解りやすく
その結果の反映を大きくした方が良かったなと思うのですが
まあ、これはテキストの問題もありますし、難しいでしょうが

個別分岐のシナリオに対しても大きく影響を及ぼしませんし
また、回想シーンには素の部分は含まれていないようです
ただし、1日で負けが込むと菫さんのシーンが入ります
回収には負ける方法も軽く知っておいた方がよいようです

また、冒頭に説明されていたポイントというのがありまして
負けが込みポイントが追いつかないとヒロインとフラグを立てても
ゲームオーバーになるようです、基本勝つようにした方がよいでしょう

そもそも、勝利、敗北の差分が非常に解りにくいのも痛いですね
前作の「ぜったい絶頂~」で「プレシャス・ムーン」を撃退したように
さり気なくテキスト差分でその効果が解る程度というのがあります
回収で飛ばしていたらそれこそ、良く分からないものになっています

1日3回死亡扱いなので今日はで終わりとか
女性は1回死亡扱いでその日はこれ以上でる事が出来ないとか
ポイントによってゲームの敗者となりゲームオーバーとか
アイテムがある事によって窮地から脱出できるとか
テキストで片付けている部分を結構丁寧に回収しているのですが
画面に反映されていない為、何がなにやらという感じになっています
この辺りを視覚化するだけでもう少しやりやすいゲームになる気もするのですが


□ヒロイン登場場所

ついでに、バトルに勝てる条件を書こうとしたのですが
微妙に複雑で、非常に解りにくかったので諦めました
一応次の順番で動けば基本的には登場します
コマンド選択の出るバトル(B)で態と負けていると
BAD ENDの可能性があるので、基本勝ちに行きましょう
(アイテムがあると相手主導でも勝てるようですが)

■此花沙織
1日目→昼:学校(B)
2日目→昼:森(B)
3日目→昼:住宅街
4日目→夕:住宅街(B)
5日目→夜:森
6日目→昼:湖

■獅堂涼香
1日目→昼:森(B)
2日目→昼:学校
3日目→昼:繁華街
4日目→昼:学校(B)
5日目→昼:湖
6日目→夜:学校(B)

■如月舞(沙織と一回戦わないと出てきません)
1日目→昼:森
2日目→昼:チンコ岩(B)
3日目→昼:学校
4日目→夜:森
5日目→夕:繁華街(B)
6日目→昼:洞窟(B)

■相原愛莉
1日目→夕:学校(B)
2日目→昼:森
3日目→夜:神社
4日目→朝:チンコ岩(B)
5日目→夕:学校
6日目→昼:ショッピングモール(B)

■百園シャルロッテ
1日目→夕:森
2日目→昼:チンコ岩(B)
3日目→昼:湖
4日目→昼:湖(B)
5日目→夜:神社(B)
6日目→昼:森

■氷室梗子
1日目→昼:住宅街
2日目→夜:森(B)
3日目→昼:湖
4日目→夕:神社(B)

■如月蛍
1日目→昼:住宅街(B)
2日目→夕:住宅街
3日目→昼:森
4日目→夕:学校(B)

■美村菫
ポイントで女性側に負けこすとその日の夜に出てきます
一度でも負け越すと後はポイント回収せず一日を過ごしても
勝手に次のイベントが始まるようになっています

■日本陥没について
全員と1度でも関係を持つと突入します
菫も例外ではないので、負け越しにする必要があります


□アイテムの入手場所
エクスクラメーションマークのあるマップを選択すると
アイテムが入手できます、ヒロインが同時にいる場合は
ヒロインが優先となるので注意が必要となります
また、複数アイテムがある場所があり、選択毎に手に入ります
入手順は固定になっていると思います

■昼
ショッピングモール:媚薬
灯台:ローター
神社:警策

■夕
学校:骨ッ子
住宅街:サラダ油
ショッピングモール:筋弛緩回復剤
森:おもちゃの毛虫、解痺薬
湖:搾乳機

■夜
住宅街:???、キュウリ、バイブ
ショッピングモール:シト○リンΩ
森:なぞの果物
灯台:マイク
洞窟:筋肉増強剤


【ヒロイン】

■此花沙織
此花財閥の娘では文武両道、容姿端麗、優しく清楚と欠点のない人気者
主人公「渡貫悠馬」も例外ではなく気後れしている
しかし何故かSRに参加する事を沙織自身特に拒否する事はなかったようで……

過去によく遊んだという定番設定のヒロインになっています、特に隠していません
デートのシーンでの初々しい反応は定番ながら可愛らしいモノです
ただ、先日まで何やっていたとかそう言う指摘は要らないです
時折暴走する悠馬の血と向き合ったりとメインらしいヒロインです
まあ、こういう暴走に対する反省ネタは前作でもありましたしメインの証なのでしょう


■獅堂涼香
悠馬に一目惚れして以来、ことある毎にスキンシップを図る先輩
メインは沙織っぽいけどビジュアル的に一番前面に出ているヒロインです
食べたいぐらい可愛いらしく、実際にアマガミしてきたり髪を食べたりする

リアル肉食系の少女、かと思えば、最初のHシーンでは乙女な部分を見せたり
やっぱりその後は積極的に向かってきたりと、アンバランスな可愛さを見せる
ところで、髪食べるって凄いよね、1つ口に入っても呼気反射で吐いたことあるんですが

沙織シナリオで散々悩んだ血の話は、そんなの関係ないと一蹴されて
そのままHシーンになだれ込んでハッピーエンドでした、先輩偉大すぎる
あー、あと、ウイルスが蔓延する前に陥没しています


■如月舞
沙織を「姫様」として護衛している、如月流の忍者
沙織と親しい事から悠馬に敵意を向けており、SRで唯一敵対的な相手
尤も、最初は不干渉を考えていたが沙織と関係を持った事で……

最初は足によるプレイで軽いSキャラとして扱われそうな舞ですが
2回目以降は基本的に、強気な娘ほど……というキャラになります

忍者と言ってもそちら方面では初心な部分もあり、初々しいです
敵視からライバルそして、デレと言う流れは高速ながらも良いと思います
デレてから他の女性に過敏に反応して嫉妬する姿は非常に可愛い

ただ、個別に分岐したら殆どHシーンで終わってしまうのが残念です
メインの沙織でも短いのですけど他はメインでも個別短いんですよね


■相原愛莉
腹違いの妹、悠馬の母親のNTRプレイ時に犠牲となった男性との間に生まれた
本人は兄を強く慕っており、妄想が激しいという血が争えない感じを出している
火がつくと非常に積極的で場合によっては兄を圧倒する部分もある
ただ正気に戻ると、素に戻って照れて逃げてしまうのだが……血ですね

その重いが更に暴走するのが個別ルートと言う事で特に内容はないです
半分ドMとして覚醒して、積極的に迫ってくる妹に押し込まれてそのままEDへ
某ヤンデレ妹系のパロディネタがあった気もしますけど良くある事です


■百園シャルロッテ
バイブを芸術品と思いその開発に情熱を注いでいる負けず嫌いな女の子
理想の形を悠馬に見つけ、その形を取る為にSRに積極的に参加
SRのルールも良く分かっていないが、取りあえず乗りで参加する
無垢な女の子が知識もなしに、様々な行為に挑む様を楽しむモノです
うん、無垢なんだよ、一応、そう言うゲームなんです

悠馬の型を取りながらも理想のバイブを作れずいらだつシャルロッテ
それに対して本来は使うモノであり、使う側のいたわりが足りないと説教
物作りをテーマにした何だかいい話だなーと、バイブの話だけど


■氷室梗子
縄を使って相手を縛ったりという特殊スキルを持った先輩
涼香とはクラスメイトで仲が良く、暴走を止められるのは彼女のみ
そんな対外は真面目な人ですが、実は自分を亀甲縛りしていたり

縛る事縛られる事について人一倍興味が強かったりする変態でした
正直一番人間として危ない人な気がしないでもない
そもそもこのゲームにまともな人間がいると思った私の間違いでした


■如月蛍
薄い本、主にBLを愛する少女、セックスとかアレとか理解する為に参加
キャラがキャラなので、Hシーンの殆どがかなり特殊なシチュになります
生えて掘られたりするけど、まあそっち方面には良いかもしれません

しかし、梗子と蛍は妊娠で途中退場するのですけど
それこそ途中EDを迎えればいいのに、何故か途中退場するだけなのですよね
もう少しこの辺り上手く拾って欲しいのですけど、今更ですかね……


■美村菫
今回のSRの担当教官になった巻き込まれ屋さん
本人自身どこか自信なさげで、危うい部分が多々ある
悠馬が負けた場合に特訓と称して夜に訓練をしてくれる
攻略する場合は態と負けた状態で夜を迎える必要がある
あ、EDはありません


■日本陥没
陥没するウイルスが蔓延して、それを治す為にハッスルするシナリオ
複数プレイが見られます、と言っても2人ずつなのですけども
相変わらずのソフマップの特典によるシナリオになっております
くだらないオチまでありますが、EDになる事はありません


【Hシーン】
沙織:10+3
涼香:10+3
舞:10+3
愛莉:10+3
シャルロッテ:10+3
蛍:4+2
梗子:4+2
菫:5
菫+シャルロッテ:1
愛莉+蛍:1
涼香+梗子:1
沙織+舞:1

+で書かれている数字はHシーンのバトルによるモノ
そのまま延長でHシーンに突入するのですけど
プレイ自体は別個なので別枠扱いとしてカウントします
複数プレイは日本陥没パッチで追加されるものです

セックスバトルですが基本的には主人公が主導というか調教プレイです
この作品というかメーカー自体、男かくあるべしな感じですので
受けと言っても一部シーンに組み込まれているだけのプレイですし
負けたら悔しがる性質にある男の子なので、期待するのは酷でしょう


【まとめ】
Hシーンの数や質、アニメーションという意味では満足しており
ヒロインも馬鹿ながら可愛く書かれており、いつものノリで楽しめます
この辺りの芸風は完成されているので、安定して楽しめるかと思います

しかし、ゲームという部分では正直、かなり期待はずれでした
本格的でなくても良いのですが、もう少しゲームさせる理由を見せて欲しかった
勝っても負けてもほぼ一緒というのではバトルさせる意味がほとんどない
というのタイトルが云々以前に、ゲームとして微妙な気もするのですけども

基本的には、ほぼ同意が約束された無理矢理シチュになっているので
バトル的なモノが成り立たないのは百も承知でしたけれどもね
必殺技とかアイテムによる勝敗を入れるならもう一がんばりして欲しかったです

そんな感じでゲーム部分には大いに不満があるのですけども
単純なお話がらヒロインの可愛さとかHシーンの豊富さは相変わらずですので
そちら方面での期待なら十分に楽しめるないようかなと思います
でも、サブの攻略不能とかは伝統と言うより悪癖な気もしますので
その辺りそろそろ回収して欲しい部分かなと思うわけですが

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。