伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【体験版】Princess Style 体験版 感想

Meteorの「Princess Style」の体験版の感想です

【プレイ時間】1.5時間
【Hシーン】あり
【内容】シナリオ序盤?

一定の供給があるセレブな学園モノということで、ヒロインはお嬢様ばかり
ただ、主人公が成り上がりの二代目と言う特殊な立ち位置であり
庶民対セレブという定番の構図になっていない辺りが特殊な点でしょうか

セレブの通う「国立大楠学院」に転入した主人公「園部円」が
男性恐怖症の性格の不器用なおルーヴェンス王国の姫様である
「オルフィーナ・フォン・ルーヴェンス」と最悪の出会いを果たします

オルフィーナは学園で絶対的な権力を持つ上流階級ばかりの組織「麗人会」からの
入会を断り続けた実績からか、その態度からか麗人会に目を付けられてしまい
麗人会に陰湿な嫌がらせを受けて学園から孤立した状態で生活をしていました

そのやり方と、麗人会の普段の態度などに反感を覚えた円は
仲間を集めて「社交部」を設立し、麗人会に対抗しようとします
そして麗人会に宣戦布告をした社交部はその意義を見せる為に
学院祭で開かれる社交会に置いてどちらが指示されるか勝負する事に

ということで、学園で権力を持つ麗人会に対抗する為
社交部の知名度を広めていく為に奮闘していく事になります


と、大体そんな感じで始まる体験版は
社交部の結成と社交部の最初の活躍であるプレ社交会に続いて
それを受けたた麗人会の風紀委員を使った妨害とそれを受けての
「東雲蛍」と「蓬田祥智」の見せ場紹介という構成になっています
最後に連休を使っての親睦会を兼ねた合宿を直前にして終わります

かなり多くの展開を用意した割には引きが中途半端な印象がありますね

ヒロインの紹介としては一応の所を済ませているモノの
「一宮菖蒲」と「カノン」については殆ど活躍する場面が存在せず
特にカノンに至ってはサブキャラクターと言っても通ほどの存在感です
見せ場としては麗人会や風紀委員にも劣っているように感じます

キャラは我が強い娘が多く、エロゲー的な都合良さが控えめになっており
キャラによっては悪い印象を受けてしまうヒロインもいるのではないかと
本作の敵役となる麗人会はもちろんの事、オルフィーナも難儀なキャラで
体験版の範囲ではデレにいたらない為、中々難しいヒロインになっていました

所々で本当は良い娘であることや、好意の断片は見えているので
そう言った部分に先行投資をする意味での本編という感じになりそうです

個人的には絵からただようふわっとした雰囲気に反して
全体的に変に尖っているような印象があり、人を選びそうに感じました
正直、学園全体に漂う雰囲気が華やかさよりもギスギスした部分が勝っています
主人公である円は完全に麗人会と対決する構えでになっていますけど
もう少しマイルドな形であった方が個人的には好みですね


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり

システムは最低限と言うところでしょうか?
便利機能などの存在は特に見あたりません
このメーカーは経験上最後の選択肢1回でアッサリ分岐
というスタイルが多いのであまり必要ない気もしますが


【ヒロイン】
■オルフィーナ・フォン・ルーヴェンス
北欧の小国ルーヴェンスのお姫様で現在は留学中
大使館住まいという扱いを嫌い学生寮の空き部屋に内緒で生活していた
その部屋が転入してきた円の部屋となった為に奇妙な同居生活に
男性恐怖症であり、世間知らずな部分もある為最初は円に辛く当たる

この経緯をふまえて、多少(?)の彼女の我が儘や勝手な言い分を
時折見せる殊勝な態度や、見え隠れする弱い部分でフォロー出来るか否かがポイント
オルフィーナの序盤の振るまいがあまり褒められたモノではないが為
円のオルフィーナを守る為的な意見に共感しにくい気がします

男性恐怖症の克服と共同生活とやりたい部分は解りますが
もう少し出会いとやりとりを変える事で反発も減ったと思うのですけども
この周辺での彼女の身勝手さは擁護できないレベルに感じました

一応、難儀な性格ながらも所々軟化した態度などが見られるのですけども……
素直に応援できる境遇のヒロインであったら良いキャラなのでしょうけど


■東雲蛍
筋の通らない事は嫌いな、旧家のお嬢様、麗人会には所属しないモノの
人気が高く周囲から多くの支持を得ており、麗人会に妨害を受けていない
オルフィーナの処遇を知りつつも、動けない現状に手を拱いていた
誰とでも分け隔てなく接しており、円にもそれは変わらず気の置けない友人で
体験版時点では一番、親しみやすいヒロインという感じになっています

麗人会に気圧されていた円がどんどんと成長していく姿を見て行く中で
円の事を認めてくれるようになっていきます


■蓬田祥智
円を弟のように可愛がる幼馴染みで先輩、学園でもトップクラスの才媛であり
その性格も相まってか学園でも非常に人望があり、麗人会からも評価されている
本人自体はそんなことを全く意識しておらず、再開した円のことで頭がいっぱいである
過剰なまでに円を贔屓しており、あからさまな好意が見られるヒロインとなっている
その為、オルフィーナや蛍との仲の良さを見て軽く嫉妬するシーンも見られる

そこで収まればいいのだが、個別エピソードでは行き過ぎた好意が見られ
ギャグなのか真剣なのか非常に判断に困るシーンが収録されている
あとおっぱいの大きさも行き過ぎているような気がする、ドレス姿はギャグ


■一宮菖蒲
社交部の結成を受けて唯一、自らの意志で入部してきた部員
麗人会に反感を抱く人間の1人であったが最初は社交部の円を疎ましく思っていた
しかし、周囲に指摘され考えを改めて、部員の1人として加わる事に
キツイ部分もあるが、真面目な性格で努力家である事から悪い印象はない
体験版ではプレ社交会の開催などイベントについて奔走してくれるが
ヒロインらしい活躍はまだなく、ヒロインとしての一面はまだまだ印象が薄い


■カノン
ヒロインの1角のようだが現時点ではオルフィーナの付き人以上の役割はない
あまり言葉を発さず、筆談によって相手に意志を伝えてくる
学院で上手くやれていないオルフィーナを案じており、円に協力を依頼する
体験版時点では本当に見せ場がなく公私そしてゲームのメタ視点において
オルフィーナの態度をフォローする立場に立っている


【Hシーン】
STARTから始める事で5人それぞれについて1シーンの一部ずつを閲覧可能

・オルフィーナ:前戯→本番(野外)
・蛍:前戯→口→本番
・祥智:口→本番(浴衣)
・菖蒲:尻→本番
・カノン:口


【全体通して】
惜しいというと変ですが、もう少しご都合主義な展開設定にして欲しかったです
作品の雰囲気反して、キャラの関係が全体的にとげとげしく感じられ
キャラ萌えで押すならもう少し丸くして欲しいと感じるような描写が多かったです

ヒロインにしても体験版では、蛍の印象については悪くなかったのですけど
他はどうにもおやっとひっかかる部分が多かったのが印象的です
変化球気味なのと、個人的に気に入ってた2人がまだ露出が少ない点もあるのですが

個人的な好みがありますが、セレブの学園という舞台でありながらも
その良さを余り活かせていない気がします、言葉では全体的にハイレベルであるという
要に表現される事も多いのですけど、登場人物が殆ど周囲の面々だけになっており
彼女らはオルフィーナを除いたらそれ程格式の高さを感じさせない人物です
(そう言う人物だからこそ社交部を立ち上げるに至ったのでしょうけども)

どうにも、この世界にあるセレブの世界は(一部を除いて)他を見下す悪意的な存在として
書かれている方面が非常に強く、この学園という世界が余り魅力的に感じられませんでした
どれにしても、個人的な好みという前提はありますので人それぞれでしょうが
あと少し設定が違って入ればと思う部分の多い惜しさを感じさせる体験版でした

といっても既に予約券に手を出してしまっているので、ヒロインとの関係の逆転に期待しようかと

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。