伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドM男探偵がイク 勝手にイッたらオシオキよ! 感想

U・Me SOFTの「ドM男探偵がイク 勝手にイッたらオシオキよ!」の感想です


主人公「志賀光留」は探偵の真似事をしているフリーター
幼馴染みである「小松聡海」を助手として手伝って貰い
失踪した聡海の叔父の探偵事務所を借りて、金沢の平和を守ると
意気込みつつも、来ない依頼にじれる日々を送っていた

そんな光留の前に入ってきた夜な夜な通行人の股間が蹴られる
被害者は男ばかりという奇妙な事件「辻蹴り事件」の存在
それに関わる事で、奇妙な赤い指輪を巡る事件に関わる事になる
……因みに事件の真相の解明とかそう言うお話じゃないです

プロローグと3つのエピソードにエンディングという構成
1つのエピソードで1ヒロインの話を扱うという感じです
ヒロインは3人いますが、エンディングとしては2種類のみで
メインヒロインとそれ以外2人のEDという構成になっています
エンディング的には聡海がメインヒロインの面目躍如ですが
Hシーンの数などではあまり差がないモノとなっています

お話はあまり探偵モノと言う感じもなく、指輪もきっかけになるモノの
シナリオに深く関わる事もありません、指輪って何だっけ?レベル
Hシーンが主な構成要素になっていますし、軽く流せるレベルの話です
指輪をきっかけに、2人の或いは他のヒロインとの関係に大きく変化した
とかその程度の展開に収まっています、お手軽仕様なゲームです

ドMと言う事でHシーンは基本的に女性主導になっています
ただ、本番シーンだけ最初は対等といった感じになっています
逆転はないモノの、キツイ描写などはなく、道具なども使われません
あくまで普通のHの延長上で、女性優位なシーンが大半という程度
非人間的に扱われたい方や、痛めつけられたい人には物足りないでしょう

そんなわけで、お手軽な受けゲーという感じの作品かと思います
作品のボリュームは値段を考えれば多くもなく少なくもなくと言う感じで
ゲームのお手軽さは勿論、シチュエーションも行きすぎる事はなく
多少対等なシーンがあるモノの基本女性主導を守っています
それぐらい軽い感じの受けゲーが好きな人には良い塩梅の作品ではないかと

難点を言えばシステム周りが最近のゲームと比較すると貧弱である事
テキストの進行速度がデフォルトだとかなりゆっくり目ですし
Ctrlなどで強制スキップが効くわけでもないので結構じれったいです
テキスト速度は最速にしないと正直、ストレスが溜まる仕様でした

以下、多少のネタバレ





【ヒロインとか】
■小松聡海
光留の幼馴染みで、頭の回転が速くスポーツも出来る優秀な女性
フリーターの光留に対して有名大学に通っている優等生でもある
身長が非常に高く、立ち絵を他と比較するとかなり違和感を覚える

光留を思っており、心の隙間を付かれ指輪を付けられたときに
光留を可愛がりたいという内に潜んだ欲望が爆発する
それ以来ある場所が肥大化するようになり、見た目生えたように見える
その体系を活かしたプレイも一応存在して結構上級者向け
指輪をはずされた後も隙があればSモードになり光留を可愛がる

一応個別EDを持つ唯一のヒロインとなっている


■能美素乃子
グラマラスなボディのお嬢様、ストーカーに困っており
それを解決する為に光留の事務所へ依頼に来て恋人ごっこをする事に
素直な女性だが素直すぎる言葉が相手を傷つける為友人がいない
それであっても、性的な嗜好がSと言うわけではなかったが
光留が奇妙な接し方をする事によって徐々にSへと覚醒していく
プレイ自体はキツイモノはなく、どちらかというとラブラブ路線
ただ、Mな光留に引っ張られるにより徐々にノリノリになっていく

単独EDは無いモノの野々市すばると分担したEDがある


■野々市すばる
聡海を慕い、聡海と仲の良い光留を敵視する少女
光留を引き離す為、色々と画策していく内に微妙な関係に
他の2人より多少マニアックなプレイが多めに用意されている
傾向としては解りやすく、きつめの言葉責めをしつつ
良くあるツンデレ系責めH展開なる、ただしH的にはデレがない
何故か、2つしかない複数プレイの2つ共に登場しており優遇気味

EDは素乃子と1セットになっている


【Hシーン】
・小松聡海:6+(1)
・能美素乃子:7
・野々市すばる:6
聡海+すばる:1
素乃子+すばる:1

回数で言えば複数プレイを含めて平均的に8回でしょうか
基本的には女性上位ですが、流石に初体験は軽く喘ぎます
むしろそのシーンだけは一般的なエロゲーのHシーンになります
その後慣れてくると徐々に主人公が押されていくのですけど
 
正常でのHシーンの数はそれこそ1人1回ずつになっており
それ以外は基本的に足やら手やら胸やらで一方的にやられるものです

選択肢によって多少プレイ内容が違うモノは別回想となる為
実際の所は-1シーンぐらいだと考えてください
中にはCGがない回想もあります(個人的には良かったですが)

ただし、ドMというタイトルに反してどぎついプレイはありません
マニアックさで言えば聡海に掘られるのは少々上級者向けですが
基本は同意の上でのHの延長上ぐらいのモノになっています
マニアックさ濃さきつさを求めるなら足りない作品ではないかと


【まとめ】
お手軽な受けゲーという感じでしょうか、値段を考慮すると充分かと
シナリオ的に何も解決していない事やシステムの悪さは気になるモノの
そこを置いてもこれぐらい楽しめたら個人的には満足です
まあ、あまりシナリオ自体に期待している人もいないでしょうし
それにしても放置プレイが酷いなと思わなくもないですが……続き物?

タイトルは結構煽っているのですが、内容的には受けゲーレベルです
酷い目に遭わされたいタイプや、ヒロインの喘ぎ声が許せないレベルの
上級者にはかなり物足りないないようになるのではないかと思います

一応、逆転らしい逆転はしない仕様になっていますので
M向けではないとは言え、普通の嗜好のエロゲープレイヤーが楽しめるかというと
そうは思えないのであくまで受けゲー狙いの人向けの作品かと思います

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。