伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【体験版】マテリアルブレイブ 体験版 感想

戯画の「マテリアルブレイブ」体験版の感想です

【プレイ時間】1時間
【Hシーン】あり
【内容】1章+Hシーン

お話は600万人に1人の能力者「アンリーシュト」として目覚めた「鏑木遙歩」が
能力者養成の学園「アンリーシュト・ナーセリー」にやって来た事から始まります
アンリーシュトの覚醒者は女性なら600万分の1だが、男性は更に10分の1の確率というレア
当然学園の男女比率は大きく違うモノになっており、ほぼハーレムのような状況です
更に遙歩は、異性の特殊能力を強化する「エンゲージ」という能力を持っており
これを発動させるには「体液の接触」が必要、少なくともキスぐらいの事はしなくてはならず
ということでご都合主義ここに極まれりという感じの能力者達による学園モノになっています

体験版としてはメインヒロインである金髪チビの「王城叶」
にパートナーとして認められるエピソードが主となっており
他のヒロインは顔見せ程度の紹介だけに留まっていました

出番が多いという点でいえば友人の「自称」幼馴染みの「倉木絵奈」
公式サイトでは「サブ」と明言されている少女ですが活躍はめざましく
最近の傾向から、変化球的な設定が仕組まれているのではないかと思われます
ただ遙歩との記憶の齟齬からキーキャラであるのは確かな所かなと

話自体は学園のある島にやってきて、絵奈との再会?ヒロインとの出会い
クラスへの編入、叶に認められるまでのエピソードと、そんなにイベントはなく
基本的にはフリーマップを歩きながらゲームの基礎を学ぶ内容となっています

デュエルセイバーみたいなゲームですが、かなりルールが変更されており
育成要素などのやり込み度が前より大きくましている印象があります
かなり出来る事や特殊なルールが増えており、一度では覚えきれないレベルです

適当にボタンを押していればこの段階では、どうとでもなるバランスですが
最近のバルドスカイの終盤のようなバランスを想像すると色々奥が深くなりそうです
まあ、この段階で軽く慣らしておけば製品でアッサリ受け入れられそうかなと
その辺りを確かめる為の体験版的な意味が大きいのではないかと思います
でも、体験版第二弾があってもヒロインの掘り下げよりも
ゲームを楽しむ要素が強くなりそうだなと思ったり

ゲームパートの紹介としてはそれなりになされているのですけども
ヒロインという意味ではまだまだ始まったばかりだなと言うところです
チビヒロイン事叶がピックアップされていますが、過去に何かあった為
突き放すだけで、本当は面倒見の良い人間である事は解りますがその程度
良い娘なのですが、まだまだ素顔は見られない感じで体験版では足りません
他は本当に顔見せと表面上の個性の紹介ぐらいに留まっています
ヒロインの魅力を確認するという面で情報量は微妙かと思います
敢えて言うなら「絵奈」が頭1つ抜けているのですが……サブですよね


【ゲーム部とか】
■ADVパート
普通のADVパートです、戯画システムで快適に進められます

■RPGパート(学園)
ADVパートの合間に挟まれる自由行動が出来るパートです
学園の中を歩き回って住人に話しかけたり、ミッションに挑んだり
横スクロールアクションRPGのようなのノリで楽しめます
戦闘のあるミッションや、フリーエリアを探索する事で
行動を1つ使い、一定数消費すると次のイベントへ移ります

■RPGパート(フリーエリア)
スゴロクのマスのように区切られたダンジョン内を進んでいきます
一度通過するまで、先がどうなっているか解らないようになっています
そのマップの先に敵がいたり、宝箱やイベントがあったりします
フリー時はあらかじめ1度の探索に使える移動量が決められており
未知のエリアの場合3ポイント、既知のエリアの場合1ポイント消費します
初期値は30で、これが0になると探索は自動的に終了します
レベルアップなどでこの移動量は増加可能、敵との戦闘で少し回復可能です

■戦闘パート
イベントやフリーエリアの敵と接触で戦闘になります
ボタンと方向キーの単純操作で暴れ回れる事が可能
過去作で言うとデュエルセイバータイプのアクションゲームです
キャラの等身が上がっており、アクションも豊富になっています
今までよりルールが複雑になっており、育成要素も増えています
やり込めばかなり楽しめそうなないようではないかと思います


イメージとしてはADV+横スクロールアクションRPGですかね
今のところは簡単操作で敵をボコボコに出来て楽しいですがこの先どうなるか
奥の深さによっては長く遊べそうですが、そのバランス次第ですね
あ、後そう言えば16:9のワイドになっています


【Hシーン】
叶のみあり、体験版シナリオの終盤に肌の露出
先行体験という形でHシーンの一部ミニマムなくせに胸は大きい叶
胸を使ったプレイを見る事が出来ます


【全体通して】
ヒロインは未知数であるモノの、今のところゲームとして楽しめそうな印象
設定が正直、凄くご都合主義なのですが、こういった世界で暴れる為なら
これぐらい単純で解りやすいベースがあっても良いのかなと思ったりします

この体験版ではストーリー、ヒロインへの期待は語る事が出来ませんが
ゲームパートの為だけでもこの作品に手を出すのはありかなと思います
その辺り3月勢の顔ぶれ次第ですけど、かなり強めの検討でいこうかなと

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。