伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

僕の意志ではマンガが読めない

最近、マンガの読み方を知らない子供が増えている
とかそんなニュアンスの本当かどうか解らない話を聞きました

そもそも「読めない」とは、どういう事か?について考えた流れを話すと
思考を空回りさせて自分の馬鹿をネット上に晒すだけな気がするので省略します

これから馬鹿を晒す予定なので、一日二度も晒す必要はないだろうと
しかし、端的に言えば「近頃の若い者は~」論と「若者の○○離れ」論のハイブリッド
みたいな話なんだなと勝手に理解しました、ほら、既に馬鹿を晒している


それはともかく、マンガの内容をなぞるだけなら私は多分出来ていると思います
しかし、作者の細かな意図まで読んでいるかと言われると全く自信がありません
マンガに含蓄のありそうな方に「お前はマンガ読めるのか?」と改めて聞かれると
「いや、どうなんでしょう?」と自信なさげに応えるしかないような気がします

私は、マンガ1冊として、くまなく端から端まで読んだという記憶がありません
おそらく何処かで、1コマ、或いは1ページ、あるいは1エピソードについて
勝手に飛ばしてしまい、適当に補間をして読んだ気になっているのです
よって、あのページのあのコマと言われても、熱く語る事が出来ないことがあります

エロゲーに関しても同じです、日常会話については長く退屈と感じてしまうと
CTRLキーを押して飛ばす事があります、その後、理解が追いつかなくなるとバックログで
文章全体を見て、前後の関係を把握するという馬鹿らしいことをしていることもあったり
バックログで文章として流れを見直すと、苦痛だったテキストがアッサリ読めたりします
これは、私が純粋にADV系のテキスト形式や、翻ってはマンガの表現方法について
苦手意識的なモノを持っているのではないかなと……いま適当に考えてみました


連載を伸ばす為、1話1話の内容を薄くしたと思われているマンガを揶揄して
最初と最後のページを読めばいいといった話をネタとして聞くことがあります
しかし、私の取っている読み方は、そこまで極端でなかったとしましても
それに近いことを最近では当たり前のようにやっている事がある気がします

昔は全部でなくても、もう少し全体をしっかり読んでいた覚えがあるのですけども
どこで付いた癖なのか、飛ばしてしまう症候群的なモノを煩ってしまっていました
エロゲーはともかく、マンガについては最近本当に酷い読み方をしていると思います

記憶があるとすれば受験テクニックでしょうか、国語や英語で教えられるアレです
時間がないので文章は全部読まなくても良いとかそんな感じの奴です
あれが癖として身に付いて、エロゲーとかマンガにまで応用されているのではと
そんな風に考えたりもします、受験勉強の弊害というと格好いい気がしますね

そんな戯言はともかく、大筋の内容について素早く理解する事は出来ても
作者がちりばめた小ネタや、裏のテーマなど読み解くには向かない手法です
特にマンガ、ゲームについて語り合うには足りない人間となってしまいます

ちなみに、バックログが効かないエロゲーであった「ぷちチェリー」については
あるいはネタを見つける為に奮闘した「彷徨う魂に~」もほぼくまなく読んでいる上
何度も読み返している存在だったりします、そう言う意味でもあれ特別編なんです

最近の子供(この定義が既に曖昧です)が、マンガを読めるか否かはともかく
どうやら私はマンガがまともに読めないようです、みんな気を付けてね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。