伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

妹選抜☆総選挙~365人の妹いちゃラブマニフェスト~ 感想

Latteの「妹選抜☆総選挙~365人の妹いちゃラブマニフェスト~」の感想です

365人の妹と1人の兄だけの為の学園という狂気の空間で繰り広げられる
一風変わったドタバタラブコメディです、実際のヒロインは3人となっており
初回版のディスクでパッチをあてる事でもう1人エピソードが追加されます
ハーレムシナリオも一応存在しており、抑えるべき所は抑えているかなと

365人の妹、代表を決め手の妹選挙と個性的な設定が目立つモノの
ヒロイン自体は定番を揃えており、個別シナリオともなりますと
ネタ担当の1人の一部のイベントを除いては真っ当な展開を見せます

妹選挙も、妹の定番イベントの品評会みたいな形なっており
そのネタ自体は1人を除いては比較的オーソドックスなモノが多いです
その1人も電波系妹みたいなのを知っていれば今更という感じですが
コレを敢えて、妹小選挙という名のイベントごとのようなノリで
みんなであれやこれやとアイデアを見せ合うというスタイルは新鮮で
ある意味妹ゲームのお約束を知った上で楽しむゲームみたいになっています

ヒロインは
妹の中では一番お姉さんで、家庭的な正当派二次元妹の「橘四つ葉」
理想の兄となって貰う為に口うるさく、兄にツンツンした態度を取る「橘茉梨」
寡黙ながら、兄の幸せ第一と、過激な手段で兄を幸せにしようとする「橘柊」
の3人となっており

また、初回特典のパッチを充てた場合には
364人の妹が現れる前から妹だった、ムードメーカーの末妹の「橘きっか」
のエピソードが追加されるようになります

突飛な設定が目を惹く作品ですが、妹小選挙を除けば
普通の妹が多い美少女ゲームの1つという感じになっていますね
365人という数字は凄いモノの実質的には4人ですし良くあるレベルです
小選挙を越えた先にある個別ルートでは定番そのままの話が多いです

小選挙もやっている事自体はヒロインの好感度アップの為の選択
ぐらいの印象にしか残らないのが少々もったいないかなと
シチュエーションの提示方法と、周囲の反応というのは面白いのですが
それを選んだ結果のレスポンスが全くない事が多いのが少しもの足りません
時々、投票結果に影響された行動を見せる小選挙が幾つかあったモノの
これは全ての小選挙で活かして欲しかった流れでありました

状態的にはハーレムですがHシーンは4回ずつと特に多いわけでもないです
ハーレムシーンが一応存在するので頑張っていると思う部分もあるのですが
基本的には妹に対する萌えを中心とした作品と見るのが良いかと思います

そんな感じで共通ルートは妹モノのお約束を知るものにとっては
あるある的な既視感を楽しめるちょっと変わった雰囲気のシナリオで
個別ルートからは一般な妹モノの要素を抑えたシナリオという印象です

妹モノが好きでキャラが気に入ればありかなと思う作品です
ただ、タイトルや設定のインパクトほど濃い作品ではありません
よって、ネタ目的で買おうという人には余り向いていないかと


以下、ネタバレ含む感想





【システム】
・画面は4:3
・ディスクレス不可
・キャラ別音声設定有り
・立ち絵アニメ

特筆するべきは立ち絵がアニメといいますかモーションすることでしょう
動きのバリエーションはそこまで多くないモノの、最初に見ると新鮮で
例え慣れてきても動作が可愛く視覚的に楽しむ事が出来ます
もう少し膨らませられれば面白くなりそうな演出だと思います
ただし、Hシーンについてはアニメはありません

お手軽な作品だと思うのですがディスクレス不可は少々痛手ですね
まあ、色々事情があるのでどうこう言えないのですけども

攻略は3人のエンディングを見るとANOTHER出現でハーレムシナリオへ
ハーレムシナリオクリア後、ANOTHER選択できっかシナリオ選択可能に
ちなみに、これは初回版の特典を導入しているときの仕様です



【シナリオ】
母親を亡くし、海外転勤で飛び回っている為、2人暮らしをしている
「橘蒿太」と「橘きっか」の兄妹は久々に帰ってきた父親にプレゼントを渡される
それは、きっか以外の364人の妹と、蒿太と365人の妹だけが通う「橘学園」だった
いきなり365人の妹の兄となった蒿太は、人気者であり皆から引っ張りだこになり
どういう風に接するべきかという問題が浮上してしまう

そこで、末妹のきっかがまとめ役としてアイデアを出して
兄とどういう風に接すべきかという代表的な意見を纏め、代表者を決定する
どの代表者を支持するか妹たちに選挙して貰い勝った代表者の意見に従って
兄と接するようにと言う流れになってしまう

代表者の意見と兄の反応を見る為、小選挙と題したイベントを行い
お題に会わせてそれぞれの代表がどう接するか、兄がどう反応するかを見て
最終的な投票の参考となるようにと、いう話になっていきます

さて、その代表者となったのは「四つ葉」「茉梨」「柊」の3人
どれも、蒿太と面識のある、個性的な妹たちでした

そんなわけで、8度の小選挙で兄が贔屓にした妹の個別ルートに分岐します


■橘四つ葉
前の学園では同じ部活の後輩だった少女、長女ということで皆にお姉さんとして接する
兄への接し方は、年下の女性として素直に甘えていく「自由妹党」代表となる
小選挙では兄を純粋に慕っての行動や、甘える行動を提示する事が多い
まさしく美少女ゲームの定番妹を体現したようなシチュエーションが多い
ただ、その中で思わぬ大胆な行動で甘えてくる事もあったり無かったり
個人としても素直に兄への好意が見て取れ、安心した展開が見られる妹です


■橘茉梨
雑誌モデルをしている少女、学園でも同年代のじょせいということで人気者である
茉梨が掲げるのは兄を自分たちの手で理想に仕立て上げようと言う「妹維新の会」
兄に対して万能であれとあれやこれや注文をつけて、理想の兄に育て上げようとする
小選挙では、兄に手伝わせたり、逆に気を利かせてやらせたりという跳ね返りシチュが多い
兄に色々と無茶な注文をするが、本人はそれ以上に努力をしているという頑張り屋
きっかをやたらと可愛がる傾向にあり、それにはとある理由がある
特に言及するまでもないですがきつい言動はあるモノの本当は……


■橘柊
兄を幸せにする事を第一に考える、少し行動の読めない妹、プロポーションはよい
とにかく兄の幸せの為に自分たちの犠牲もいとわない「妹幸せ実現党」の代表として
時には、完全アウトな行動を取りつつ、周囲の進行を経ていくことになる
序盤から肌の露出など、18禁名内容のシチュエーションが多いヒロインとなっている
ただ、Hシーンが他と比べて特に多いわけでもなく、少々肩すかしな娘であったり
奇妙な言動、行動が多く、その辺りは最近見るけど主流でもない電波系な妹のそれ
あと、無防備でエロなところがウリなので、お兄ちゃんがちょっと変態チックです

不思議な力を行使するが全てはぶさいくな猫、猫神様によるモノらしい
ただの不細工なぬいぐるみにしか見えないそれだが、何処か見覚えがあるようで


■橘きっか
ハーレムEDの派生シナリオとして登場、兄を強く慕う姉たちを見て
誰も妹以上に見ていないんじゃないかと、試す為、大胆な行動で誘惑する事に
まあ、普通のオマケシナリオという感じの内容になっています


【Hシーン】
・四つ葉:4
・茉梨:4
・柊:4
・ハーレム:1
・きっか:1

プレイ自体は標準的なプレイになっています
あとは場所や服装が少々変化する程度です
一般的なヒロイン奉仕から主人公優位のノーマルという感じ
プレイによっては口だけだったりして濃さはそれほどでもなく
描写としては多少長めですが、どちらにしろ期待するほどでは
ハーレムプレイを収録した事は良かった部分ですね


【全体通して】
初見のインパクトにして、やってみると意外と普通といいますか
アイデアは面白いのですけど、作品のおもしろさに上手く繋がってない印象
共通ルートのドタバタは面白い部分もあったのですが個別は特にと言う感じで
365人の妹も361人はやはりモブ以上の存在感を得られていません

小選挙も8回あるのは良いのですが、どのルートも同じになってしまうので
二週目以降はこの回数は少々面倒に感じてしまう部分がありました
ルートや投票の状況によってお題が変わると面白かったのですけども

あとは結果がルート分岐以外シナリオに影響される事が無いのも残念
選挙結果から上手く話に繋がれば小選挙に面白さがあった気も
どうにも、小選挙は投票なので当たり前ですが後出し感があって微妙のですよね

まあ、その辺りはミドルプライスですし、細かい部分はしかたないと思いつつ
ただ、せっかくのアイデアなのでもう少し有効に使って欲しかったなと思います
この作品をやった限りで感じた事は、選挙は選挙、妹は妹という感じです

妹ゲーとしては抑えるべき所は抑えているかなと思います
ただ、小選挙に尺を割いているので結ばれてからはアッサリだったりします
苦難の末結ばれる兄妹関係というのがお望みだとパンチにかけるかと

妹ゲーに飢えていてキャラが気に入ればアリではないかなと思います
365人、小選挙というフレーズに反応すると少々弱い気がする作品です

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。