伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

犯され勇者~凛々しく世界を救うハズだったぼく~ 感想

ディーゼルマイン
「犯され勇者~凛々しく世界を救うハズだったぼく~」
の感想です

このゲームはなんちゃって3DダンジョンRPG系ゲームです
一応ダンジョンもあり、敵もいて、戦闘もありますが
殆どの部分が簡易的に作られており、雰囲気以上ではないレベルです

ゲームを含めてのプレイ時間は真剣にやっても2時間ほど
コツが分かって、スキップすれば30分未満も可能になっています
ゲームをする手間はありますが、コンプもそこまで時間は掛からないかと

Hシーンはタイトル通り、勇者である男がずっと犯されるだけで
逆転シーンや対等な関係になるシーンなどはありません
シーン数は14、ボリュームはEDの連続プレイ以外はどれも
1カットで終わってしまうのでボリュームとしては少なめです

値段とのバランスを考えると回想はコレぐらいかなと思いつつも
RPGというと長く遊べるのを想像してしまいがちなので
そういう考えが前提にある人には非常にあっけないものでしょう

Hシーンも数としてはそこそこですがボリュームを考えると……と言う気も
許容範囲内ではあるのですけどRPGの労力をテキストに割いたら……
と思うと少々複雑な気分になるボリュームではあります

絵のクオリティは総じて高いですし、逆転やアヘ顔は一切無し、声アリ
ということで、受けシチュゲーとしてはかなり良くできた部類かなと
ただ、折角、魅力的なデザインのキャラクターが多くいるのに
どれも手だけ、胸だけ、口だけと1シーンであっさり終了するのが残念です
RPG部分増やすぐらいならここのシーンの掘り下げをもう少しやって欲しかったです

さて、どうしても気になるのがRPGパート、とにかく中途半端です
アッサリ攻略可能ですけど、操作は当然ADVより多く要求されますし
繰り返しでの作業は必須となりますので手間が掛かる事になるでしょう

では、RPGとして面白いのかというと微妙……バランスが中途半端ですし
出てくるザコはシルエットだけで、エロさといったウリもないので
本当にスキップを押しながら消化するだけの存在に成り下がっています
遺跡の冒険を地の文で淡々と書かれるよりマシ……なのかな
スキップする身としてはそっちの方が良かった程度の存在です

そんなわけで最初の懸念通り
受け、Mゲーとしては素材のレベルが高く良いものの
RPGパートが明らかに邪魔で、作品を楽しむ阻害となっている気がする
そんな何とも言えない塩梅のゲームになっていると思います

シナリオらしいシナリオがないから、HシーンとHシーンの間のエピソードを
埋めるみための代替手段的な存在だと思えばいいのではないかと思います
全体的にボリュームは少なめなのは、この値段だしという感じでしょうか
変に期待するとボリュームを期待しますがこんなものと思えばこんなものです


長いので



【ゲームパートについて】
■3Dダンジョンパート
探索パートです、見た目は3DマップRPGのそれですがマス目を進むのではなく
示された方向を選択すると、その方向に大雑把に進行すると言った感じです
全体マップなどはないですが、それ程複雑ではないので迷う事は少ないかと

MAP中にトラップや、アイテムの類はなく、特定場所でイベントが起きるのみです
戦闘はランダムエンカウントです、頻度としてはやや高めかなと言うところ
MAP中は回復や退却の概念はなく、ダンジョンを歩き回る以外に出来る事がないです
期待する人もいないでしょうが、MAP埋めの概念などはありません
そもそもMAPが二種類しかないので、その辺りの細かいところは道でも良いのですが


■戦闘パートについて
戦闘は1対1のバトルで、相手のHPを0にすれば勝ちという普通のルールです
冒険者と協力する事はありますが、こちらが強化されるだけで2回行動などはないです
選択できるコマンドは攻撃、必殺、魔法、道具、逃げる(あきらめる)の5つです
攻撃は普通の物理攻撃、必殺はHPを消費しての物理攻撃
魔法はMPを消費しての魔法攻撃、道具は回数制限付きの回復
逃げるはザコ戦で登場し、戦闘から逃げるコマンドです
あきらめるは、イベント戦に登場し、勝手にまけます

物理が苦手な敵、魔法が苦手な敵が別れるようですが
基本的には魔法攻撃を撃っていれば勝てることが殆どです
必殺技ほどリスクも高くないのでこれだけあれば楽勝な気も

攻撃力は上げても殆ど強さを実感できないレベルですし
相手の特性によってダメージが少ない事が多いので実質死に技かなと
必殺は魔法が利かない相手用の攻撃ですが、リスクが大きいです

道具は5個の制限回数有り、全滅してコンティニューするまで
補充される事はありません、故に死にゲーになっていますこのゲーム

戦闘バランスが大味で、防御は意識して上げないと
後半戦で一撃でやられるなんて事がざらにあります
こちらも一撃で倒す事が可能ですけど、結構一か八かなので
ストレスの貯まりやすいゲームスタイルかなと思います


イベント戦では女性キャラが相手になります、負けるとHシーン
勝っても、回想シーンに登録されないので一度は負けておきましょう
勝つとザコより多めにステータスアップが可能になります


■攻略?
・育成方針
前半戦の上層と後半戦の下層がありますが
どう考えても成長効率としては上層の方が良くなっています
アッサリクリアしたいなら、上層のボスでステータスを上げてから
進めると、下層に苦労することなくクリアする事が出来るでしょう
特に、防御を上げていないと、ボス戦のダメージが凄い事になります

幸いに上層にはパラメーターを大幅に上げるボスが
全パラメータについてそろっているので、育成に都合がよいです

次の階層への階段が現れる条件は4体のボスを倒した後
ボスのイベントが起きる場所に行く事となっています
3体倒して、次のボスであきらめる繰り返せば30分足らずで
攻撃、防御、必殺、魔法のパラメーターはMAXに出来ます
あとは好きに敵を蹂躙していけばいいのではないかと

ちなみにこのパラメータでも、1戦目のドラゴナには勝てません
一応魔法のクリティカルで40まで与える事は出来ますが……


・EDの分岐について
EDは3種類あります、
・ドラゴナに勝利する
・ドラゴナに敗北する
・冒険者4人を倒した状態でドラゴナに勝利する

冒険者4人を倒すについては
上層で倒すボス4人の内、冒険者2人は必ず倒す事
下層で倒すボス4人の内、冒険者2人は必ず倒す事
この状態でドラゴナに挑む事です

どのEDについても、勇者が凛々しくなる事はないのでご安心を


・各階層のボスについて
◆上層
マンドラゴラ娘
スライム娘
フェアリー
ミミック娘
魔法使い(冒険者)
盗賊(冒険者)

◆下層
牛鬼娘
ワーキャット
ラミア
エルフ(冒険者)
天使(冒険者)

それぞれ一回ずつは負けましょう


【Hシーン】
フィーリア(エルフ):胸
ラフィル(盗賊):手
セラナ(魔女):口
ティディス(天使):騎乗位
アリーナ(ワーキャット):まわしプレイ
エゼルダ(ラミア):尻尾の先で吸引
ドーラ(マンドラゴラ):膝コキ
サーヤ(スライム):スライム責め
結愛(牛鬼娘):胸
リルとミル(フェアリー):吸精花責め
ドラゴナ(邪龍):
→(勝利時)手
→(敗北時)胸→騎乗位→モンスター娘全員による責め(尻)
レリア(剣士):足→手→騎乗位→顔面騎乗

14シーン、基本1キャラ1シーンで1シチュだけ
ドラゴナ敗北時とレリアだけ複数シーンがまたがります
どのシーンも逆転はなし、一応連続で出すものの
ペースが速くて、かなりあっさり風味になっています
絵は濃いもののシチュ自体は軽めになっている印象ですね
始まったら数クリックで連続とかざらで、ちょっと早すぎる気が

シチュエーションとしては魔物ならではのシチュもありますが
そこまで特殊なものはなく、あっても普通のプレイの代替行為という感じです

シチュは勿論ヒロインが主導、ティディスだけ一応初心ですが……
逆転については心配する必要がないと思います

敗北したあとは、その後永遠に○○された的な場面がありますが
そこもある程度描写して欲しかったですね、ドラゴナとレリアぐらいです

クリア後「EXTRA」があらわれドラゴナとレリアのプレイ有り
こちらは回想には組まれません


【全体通して】
お値段を考えるとこんなものかなーと思います
それにしても、全体的にあっけない感じはありますが

ゲーム部については、暇なときなら良いですけど
このゲームの目的はそれじゃないしなという感じですね
足かせと感じるほどボリュームがなかったのが良かったのか悪かったのか
どっちつかずの印象を尽かせているので基本マイナス要因です

まあ、このレベルの素材で逆転無しのゲームが出ただけでも満足
と言う感じで、個人的には結構満足している部分があります
シチュ自体は悪くないと思うので絵とか気に入ればありじゃないでしょうか


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ちゃっかりバグもありますよ。
枯れ草に勝利すると稀に敗北したことになります。
だいたい、フロア2でイベント戦を3つぐらいやったら
なります。

| URL | 2011-12-18(Sun)09:39 [編集]


Re: タイトルなし

> ちゃっかりバグもありますよ。
> 枯れ草に勝利すると稀に敗北したことになります。
> だいたい、フロア2でイベント戦を3つぐらいやったら
> なります。
ありがとうございます
犯してくれないザコの敗北とか嫌がらせですね……

私の場合は探索中にミニMAPでは通路から飛び出して
実際のダンジョンの場所とMAPの表示が全く違う状態なる
というバグに遭遇しました

デバッグ作業的なプレイをすれば幾らもで出そうですね

RmG | URL | 2011-12-18(Sun)10:40 [編集]