伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

恋愛0キロメートル 感想

ASa-Projectの「恋愛0キロメートル」の感想です


攻略対象となるのは木ノ本家の姉妹の5人です
選択肢による好感度の累積で分岐するタイプになっています
最後に如何にもな5択が出ますが、これだけでは決まらないようです
サブキャラとして他に個性的な女性キャラもいますが攻略対象にあらず
特にそういった遊びの介在しない5ルートのみとなっています
また、姉妹の仲がよいから複数プレイとか期待するモノではありません

シナリオ的には咲耶が厚遇気味という以外は基本的に平等です
ライターが2人いまして、その差が非常に解りやすいタイプです

共通ルートは濃いキャラクターによるコント的なノリで始終しますが
個別シナリオにはいるとそのままのノリで多少シリアスが入るモノと
シリアス成分が強くなってネタ成分が一気に減るモノで大きく別れます
前者なら体験版からのノリでそのまま楽しめる内容となっていますが
後者の方は個別でのキャラの掘り下げがしっかりしている印象です
どちらがよいかは好みが別れる部分かなと思います

Hシーンでもライターによる性質の違いが如実に表れています
こちらも、共通のノリでギャグを交えつつエロに入るキャラと
普通のノリでおっぱい成分が多めのエロを進めるキャラがいます
こちらも良し悪しは個人の好みによる部分が多いかなと思います

個別ルートは昨今のゲームと比較すると咲耶以外は控えめという印象
ひねった設定とハイテンションなキャラで「起承」の部分は良いモノの
その性質故に「転結」にあたる山場から解決の流れは全体的に弱めです
ライターにより少々の違いはありますが、大げさな展開はほとんど無く
ほれたはれたレベルでの話に始終している部分は変わらないと思います
手軽なラブコメと考えた場合、これぐらいアッサリした方が
逆によいのかなと思ったりするわけで、この辺りも好みですかね

ヒロインが個性的で一部女性を辞めたようなネタを使うキャラもありますが
デレたあとのヒロインはしっかりと可愛く、しかしキャラが壊れる事もなく
このゲームのヒロインとしてしっかり機能しているのではないかと思います

そんなわけで、手軽に楽しめるラブコメを求めており
共通ルートのノリやキャラが問題ない、あるいは楽しめるなら問題ない作品かと
前作で気になったシナリオによって作品のノリの良さがなくなる種の部分は
緩和されていするものの相も変わらず存在するのが少々残念な部分ですかね



以下、ネタバレを含む感想です



【シナリオ】
□共通シナリオ
父子家庭で男ばかりの兄弟を持つ矢崎家と
お隣に住む母子家庭で女ばかりの姉妹をもつ木ノ本家
親交が深い2家の家長が娘欲しい息子欲しいという願望から
互いの兄弟姉妹の1人を期間限定で交換する事を思いつく
矢崎家で対象となったのは本作の主人公である次男「京一」で、
木ノ本家では京一と同い年で仲が良い次女「咲耶」でした
男ばかりの家から一転女性ばかりに囲まれる生活となった京一
果たしてこの家族交換の先に何が待ち受けているのでしょうか

と言う感じで、共通ルートは家族交換後のトラブルがそこそこに
基本矢崎家の男共よりテンションが高い木ノ本家の姉妹達による
ハイテンションなボケ合いが続いていく事になります
パロネタあり、お題を機転としたコントのようなネタ有り
前作のようなノリが共通ルートでは多く見られます


□個別シナリオ

クリスマスの後から分岐します
クリスマスのイベントの選択肢が全てを決めると思ったら気のせいでした
今までの選択肢も影響するので

■木ノ本マヨ
京一にとって唯一の姉となる木ノ本家の長女
公的な場でのみ完璧な女性を演じる、しかし4年って無理矢理感が
家では特に悪びれることなく駄目な人、開き直っているレベルです
そんな駄目人間ではありながらもしっかりと周囲を気遣う姉をしています
別のルートでは空回りしているような気がしますけど、気のせいではないです

最初は咲耶か実咲の恋を応援しようとしますが……という感じで
自分の恋心を2人へのお節介から自覚して最後にはと言う流れは定番ながら好みです
他のキャラが潜在的な好感度が元から高い分、比較的過程の書かれるキャラですね
告白後からのべたつき具合は凄く、アマアマで駄目成分のベクトルが別に行きますが
これはコレで可愛いので良いかと思いつつもっと駄目ッぷりが見たかったです

関係ないですがマヨ姉と言われると某3騎士のオカマを思い出します


■木ノ本咲耶
実質のメインヒロインというには贔屓が過ぎますけど特別扱いでしょう
木ノ本家の家族交換対象で、矢崎家の娘となるキャラクターです
兄妹には慣れなかったモノの、ベッドのシーンを見る限りコレで良かったのかな

実咲と1セットとなるシナリオですけど、話自体実咲の上位互換的なキャラで
この娘をプレイすると実咲の不憫さが際だつのですけど……これは実咲の話で
メインヒロイン枠という事で結ばれるまでが長くそれ故面倒に感じる娘です
今までもこんな感じで、関係をこじらせていたんだろうなというのが目に見えます
そう言えばという事で夕空の設定が漸く活かされるお話になっています
といいますか、ヒロイン全員を使っての展開ですね、ノリも共通そのままで
共通が楽しめるなら一番自然に受け入れられるシナリオになっているのではないかと

このシナリオだけメタネタがやたら多いのですけどテーマでも決まっているのでしょうか
そのあたり含めて、シリアス多めの仲でも手軽なノリで楽しめるお話になっています


■木ノ本実咲
咲耶の対となるようでなれていない3女です、姉より優れた妹はいない
登場シーン的には5人の仲で一番多いのではないかと思います出番だけは良いよ……
姉以上に好意がだだ漏れなのですが、今まで氷室屋以外知らなかったのが変なレベル
むしろ氷室屋が知っているなら他の姉妹が知っていてもおかしくない気がするのですが
微妙にこの辺りの補完に無理がある気もしないでもないです、幼い頃故かな

過去の経緯があって現在に必死なキャラクターですが、それが可愛いです
先に咲耶をプレイすると勘違いしたピエロさんみたいですが許してやってください
他のルートも含めてかなり不遇になっていますが、逆にそれがウリだと思います
故に付き合った後のベタベタ具合とか、積極性とか微笑ましく見えてしまいます

過去のシーンを含めての決着は結構好みです
ここぞとメインヒロインの格を見せつける咲耶、やっぱり実咲じゃ相手は無理だ……
しかし、過去のイベントを見ると実咲を応援したくなるのが私です
あと、氷室屋可愛いよね、このシナリオでヒロインっぽい展開するけど、それ除いて可愛いよね



■木ノ本乃来亜
体験版で周囲の期待を一心に受けて……他ルートだと良い娘なんですよ
普段のおちゃらけ具合と相反して実は良い娘っていうのは悪くないんですが
個別シナリオではそこを強調し過ぎな部分がありますね、ほのめかすだけでも良いのに
全体的に普段とのギャップを狙っているように見られるのですがこの娘はナチュラルに
最後まで暴走して欲しかったのが裏切られた……というのが正直なところです

本田も居て暴走が期待されたのですが、このメンバーだからこそ
この微妙な生真面目さが上滑りしているなと思うワケなのですよ
そんな感じで脇役だからこそ生きるヒロインという事で、不遇枠が良いです
鬼瓦さんはなんていうかうーん、シナリオの都合キャラですね


■木ノ本華
強がりと思っていたんですけど、一応嫌う理由があったんですね
些細な理由ですが逆に納得できました、こういうのは珍しいですね
しかし、実咲、咲耶含めて子供頃の京一が悪いで半分ぐらい片づくお話です

告白してから、影でこっそり付き合うお話になりますが、微妙な反発具合が可愛い
そんなの直ぐばれると思ったら周囲が華以上に必死でばれなかったでござるの巻
その結果、家族交換が延長されるオチに繋がるわけですけども
そういえば家族交換の時期というか家族交換の存在を感じたのはコレが唯一かも
基本的にはきっかけになっても仕掛けとしてみると活かし切れてない印象があります
その中で、思い出したように設定を使っているのがこのシナリオかなと思います
結果的に表面上は未決着の結末になりまたけど、これはこれで



【Hシーン】

・木ノ本マヨ:3
・木ノ本咲耶:3
・木ノ本実咲:3
・木ノ本乃来亜:3
・木ノ本華:3

バランス良く3回ずつです、全体的にあっさり気味ですね
ライターの1人が、やたらおっぱいにこだわりがある人がいるのか
なにかしら胸を使ったプレイがあります、挟まないのは咲耶だけです
ただ、絵師さんの1人が胸を描くとき張り切りすぎたのか
生意気を通り越して反逆を起こしたぐらい反り返っているのですが
この絵は微妙に不自然に感じてしまうような気がしないでもないです


【全体通して】
前作よりは良くなっているとは思うモノのやはり共通とのギャップは大きいですね
ギャグがどうと言うより掛け合いの頻度があからさまに減るので別物に感じます
ヒロインの過去と絡めた良い話というのは定番ですし、別に悪くないのですけど
それにより本来の強みが薄まっているのはやはりよろしくないかなと思う部分があります
そのあたり補う為にギャグを合間合間に差し込んだりと変化は見られるのですけど

あとは全体的なボリューム不足でしょうか、展開はともかくもう少しバカをやりたかった
という物足りなさがどうしても残ります、手軽さを考えるとこの辺りが良いのかも知れませんが
ヒロインの魅力という意味では5姉妹とも良かったです、一番の推しは氷室屋ですけどね

共通ほどのテンションは無いモノの、テンポの良いラブコメとしてはありでした
中でも実咲、咲耶はこの作品の良さを残しつつも、しっかりラブコメをしていて印象
多少実咲の尺が短くて不遇気味なのは気になるモノの、それはそれで可愛いので由とします

1つ気になったのは、舞台の準備する為の題材としては機能していたものの
シナリオの機能としては「家族交換」があまり働いていないなという印象があります
基本、気易くて、灰汁が強いので壁がないのですよね木ノ本家の女性陣達は

がっつりと遊びたい人には向かないでしょうが気軽に楽しみたい人には良い作品かと

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

×美咲
○実咲

いつものとおりすがり | URL | 2011-11-04(Fri)21:50 [編集]


Re: タイトルなし

> ×美咲
> ○実咲
いつもありがとうございます、訂正しました
これだけ連呼してヒロイン名の間違いに気付かないとか……

RmG | URL | 2011-11-04(Fri)22:31 [編集]


>某三騎士のオカマ
五秒考えてから正解に思い当たってフイタ

なつかしいなあ……

| URL | 2011-11-10(Thu)01:53 [編集]


Re: タイトルなし

> >某三騎士のオカマ
> 五秒考えてから正解に思い当たってフイタ
>
> なつかしいなあ……
個人的に完全に狙っているモノだと思っていたのですが
その為にわざわざ5姉妹でマヨなんて浮いた名前あざといなと
ぬれぎぬを着せているぐらいです
私が気付いていないだけで名前の法則性とかあるのですかね

RmG | URL | 2011-11-11(Fri)00:27 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。