伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

らぶ2Quad 感想

ま~まれぇどの「らぶ2Quad」の感想です

攻略対象となるヒロインは4人
ヒロインはプロローグの後登場するYES/NOのアンケート形式で応えます
メディカルチェックの一回だけで分岐することになります
面白い試みですけど、このシーンだけで終わるんですよね、この仕様
ほぼキャラ紹介だけした後の分岐になるので、雰囲気で選ぶことになります
4人のヒロインクリア後に+αのおまけシナリオがタイトルに登場します

お話は地球を狙う正体不明の生命体「4D」を相手に
それに唯一対抗する術を持った4人の少女「レイヤー」
外面は完璧なお嬢様「エルマリート・ド・ブランシュフォール」
妄想たくましい幼馴染みの「神代ほのか」
未来からやって来た不思議少女「筑波みらい」
400年の眠りから覚めた渉の先祖「東堂千歳」
それに力を与えられる「フォルダー」に選ばれた「東堂渉」
フォルダーがレイヤーに力を与えるリンゲージその具体的な方法とは
レイヤーに対してフォルダーがHな行為に及ぶということ
果たして4Dに狙われた地球の命運やいかに……

というのが舞台設定なのですけど、重要なのはそこじゃないのですよ
確かに4Dの設定とか、そいう部分もシナリオで語られるのですけども
実際のところ、中心となるのはヒロインといかに理由をつけて
トレーニングという名の性的な行為に及ぶかでしかないと思います

その為、Hシーンの多い作品になっています
尺はともかく、プレイ内容も過激なものが多く、萌えゲーよりは抜きゲーに近いです
可愛いヒロインの痴態が見られればよい人にはいいかもしれませんが
萌えゲーとしてヒロインの可愛さを売りにしてほしい人には厳しいかもしれません
このあたり人によってさじ加減があるので一概に是とも非とも言えませんが

シナリオについては明確な目的がある為か、変に鬱な展開もなく進んでいきます
4Dによる攻撃もありますが、基本的にはヒロインとの関係を進めていく上での
中間での測定的な役割になっているので、戦闘には期待しない方がよいです
周囲が苦戦、フォルダーに力を貰ったヒロインが決め技→勝利
というのが基本パターン、中には一部、変則的なモノもありますが
基本的にはヒロインとの絆を確認する為の計測マシーンです

シナリオ的には展開がやたらテンポがよい部分が多く
肝心な山場であっさり終わることもあります
基本的にしっかりとしたお話に期待するタイプじゃないです

かなりHシーンに力が入れられた、抜き重視のゲームです
ボリュームが多少控えめですけど、抜きゲーとしてみると意外とこんなモノかと
絵柄からしていつもの萌えゲーとかその路線を期待すると厳しいかと

絵は良いけどシナリオが……という方には悪化したと思うかも知れません
抜きゲーとしてみるとクオリティはかなり良い路線かなと思います
期待した部分はあるモノのかなり素直で個人的に意外な伏兵でした
体験版が合うか合わないかが結構良い判断基準になるのでhないかと

以下、ネタバレ含む感想です




【システム】
・画面16:9
・キャラ別音声設定有り

大抵揃っているのですがインターフェースが結構独特です
クイックSLの画面は右上にマウスを近づけると、システムメニューは左上に
スキップ関連は右下に、システム関係のボタンは下にとそれぞれ隠れています
一部固定できるモノの逐一マウスを近づける動作はあまり便利に感じません

場面の転換毎にアイキャッチ有り、絵はおなじですが
メッセージなので遊んでいて見ていて結構楽しかったです

4Dとの戦いでいきなりボタン連打が始まります、マウスのクリックを連打し
制限時間内にゲージを溜めないと敗北Hが流れてそのままゲームオーバーです
連打の判定自体は軽く、それなりに早く打てば簡単に間に合うレベルです

4人のヒロインをクリアするとLOVEi7というハーレムルートが表示されます
これをクリアすると全クリアのおめでとうメッセージが、懐かしい演出です

ゲーム中では各ルートでリンゲージと称したHシーンがは各自3回あります
1回のトレーニングで2種類のシチュエーションから選択できます
これは結末に影響しませんが、回収にはどちらも見る必要があります


【ヒロインとか】
■神代ほのか
位置的にメインヒロイン、回想数的には間違いなくメインの幼馴染み
渉とは兄妹のように育ってきて今も「兄さん」と呼んで慕ってくる
押しが弱く流されやすい性格で、人に強く言えない部分がある
妄想癖が強く、リンゲージの話を聞いた後は特に兄に対してあらぬ妄想をする
その成果なのかHシーン回想数ではトップになっており常にHしているイメージ
共通分岐時点で他とは少しだけ違い特別さをアピールします、Hシーンの導入も早いです
Hシーンは羞恥プレイなのど悪戯的なプレイが多いです
ほのかはリバーシに負けたとき敗北Hシーンがあります
アイキャッチはおみくじ


■エルマリート・ド・ブランシュフォール
表面は完璧なだが、とある事情より渉にだけは素の性格を見せるお嬢様
メディカルチェックで全部YESだとカノジョになりますどうでも良いですが
リンゲージを受け入れず、独力で4Dに対抗しようとしている
それには過去に4Dと戦った尊敬する姉の姿があり……
自分の気持ちを自覚して、素直になってからは歪んでいるモノの
中々良いデレ具合を見せてくれます、独占欲も依存心も強い女の子です
全員のパワーアップで語る懐の深さと情の深さがとてもこわ……可愛いです
HシーンはトレーニングだとS気の強いプレイが多いですが、通常だと負鬱
プロローグ中の「ミラー」に負けたときに敗北Hシーンがあります
エルの隠れた思いを確認するには結構良いネタかも、ただ、レズ注意
アイキャッチは血液型占い


■筑波みらい
自称未来からやって来た不思議少女、メディカルチェックで全部NOだとこの子
下ネタと未来ネタを中心とした不思議な言動で、クールなイメージが台無しである
常識知らずでエキセントリックな行動を取るが現代で様々な物事を学習をしていき
人間らしさを手に入れて成長していく事になります
最初のふざけたような態度から本当にデレると言う流れは地味ながらも好きです
相変わらずマイペースなので、ほのかな変化に感じてしまうのですが

未来から歴史を変える為に来たみらいは、明らかに自分の知る歴史と変わっている
未来を変えた後どうなるか解らないことを示唆、果たしてその結末は……
という引きから素晴らしいまでのペースで転結の流れになります、余韻とかない
難しい事考えないで良いでしょう、こういうゲームですよと言う開き直りが素敵
端的にはタイムパラドックスモノのハッピーってこういう事だよなって(暴言
Hシーンはボディースーツや機械を使ったプレイが多いですね
アイキャッチは天気予報


■東堂千歳

400年前に4Dを仕留め損ない、復活するときまで眠っていた渉の先代
あきらめの早い渉を鍛え直す為に、修行をする事になります
その為、全ルートで良くも悪くも一番、渉自身が活躍するルートです
4Dの戦いよりも、東堂家の設定が中心になっています
といってもこのEDは賛否両論となり素運結末ですね
後、みらい同様テンポを重視なのか、余韻もなくクライマックスが来ますね
もう少し悩むシーンとかあっても……このゲームにはあわないか
あとEDビジュアルってかなりアウトじゃないですか?
Hシーンはそのボディを活かしたプレイが多いです、コキはマニアック路線
メトロノームに負けると敗北Hシーンが見られます、ちょっと陵辱より?
アイキャッチは格言集


【Hシーン】
神代ほのか:8+6++1
エルマリート・ド・ブランシュフォール:5+6+1
筑波みらい:6+6
東堂千歳:3+6+1
柳葵:2
朝陽+青葉:1
ハーレム:2

メインの構成は、通常のH+トレーニングのH+敗北時のHという計算
メインでもみらいのみ敗北時のHシーンが存在しません

数だけで見ればHシーンでかなりのボリュームがあります
ただし、1シーンで場面が動くと別枠に計算されているので
実際のシーンではもう少し少ない印象を受けるかと
トレーニングもどれも1回戦のみなので連続的なのが好きな人には弱いかと
このレベルであれば充分でしょうし、実用性は悪くないかと

通常でのHシーン自体は多少フェチがあるものの普通のプレイです
トレーニングや敗北のHシーンではかなりマニアックなプレイも用意されています
トレーニングではエルが責める側になったりと通常ではない傾向になります
流石に鬼畜なプレイはありませんが、人を多少選ぶ気もします

ハーレムは8人プレイまで行きます、がんばった
でも背景が何とかならなかったのかと思いつつ


【全体通して】
基本ノリを楽しめってゲームだと思います、人を選びますが

最初から深く考えず軽いのりでHシーンを楽しめるゲーむを予想していたので
変化球を投げる事もなく直球でこの路線にやって来たのでアリでした
しかし、いままでのま~まれぇどから見るとかなり異質な作品ですので
可愛い絵から想像できるちょっとHな萌えゲーと考えると厳しいかも知れません
勿論ヒロインとしての交流も描かれていますし、ヒロインの可愛いと思うのですが
やはり萌えゲーとしてみると少しHシーンの方に強い傾向ですので
複数プレイとか強引にやるプレイなども多少なりとも存在しますので
そういうのが苦手だという人にはヒロインが○○にしか見えず厳しい作品かなと

逆に可愛らしい絵でお気軽にHと言う意味では、なかなか悪くない作品かなと
シナリオ自体は単純ですし、Hシーンとヒロインとのイチャイチャを楽しむには悪くなく
かなりその場のノリで作られたようなやりとりやパロディが多くそれは人を選ぶので
そこが寒いと思うならば日常パートは少し……かなり厳しい作品かも知れません

4Dという設定や東堂家やみらいの周りを上手く使えば面白くなったかも知れませんが
なんとなくな雰囲気があるだけで、そこまで深く掘り下げないお話になっています
取りあえずのオチ、山場としてあるだけで、面白いシナリオを期待すると弱いでしょう
多少描こうと思っている部分はあるようですが、過度に期待するには厳しいです

萌えだけで見るにしてもとしてはHシーンがライト系の抜きゲーに近い傾向なので
客層を選びそうですし、私のようにエロ目当てで買うのが正解かなと思う作品です
ただ、1シーン1シーンに濃さを求めるならやっぱり物足りないかも知れません

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。