伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【雑記】初回版はなし

初回版なんて殆ど手を出さない人間なのですが
(エロゲーは初回版しかないことが多々なので除きますが)

ふと立ち寄った本屋後1冊なので思わず買ってしまった

P1000744.jpg

あ、右の奴です、左の奴は前回感想書きました

初回限定版はOADとかODAとか言うのが付くらしいです
未だに慣れないんですがOAVとかOVAと言っていたモノのDVD版ですかね
そうか、Videoじゃないのかと微妙に感心したり、時代に取り残されていたり
次はOBAとかOABとかになるんでしょうか、おばとか、おーぶとかそんなかんじで
なんだか普通にOAVとかでも通じるみたいですけど、どうなんでしょう

中にDVDのトールケースと単行本14巻が入っているわけですけども
パッケージはOADに合わせての仕様になっていまして、バンド話です
トールケースはアニメ絵での4人が見られるわけですが京の違和感が凄い

パッケージでのアニメ内での京もやっぱり違和感が凄いですね
中途半端にアニメ的美少女にしようとして変になっているというか
この辺り、好みの問題ですし何とも言えませんけどもね
あ、因みに本編のアニメは一度も見たことありませんので悪しからず
OPの評判を聞いて主題歌は1期2期とも持っていたりするのですけども

中身はと言うと、特にアニメならではの目新しい要素があるわけでなく
マンガの流れをそのまま追っているような感じでしたね、多少の台詞に違いはあれど
ただ、学校の中で日傘もって踊っているかのんが凄くシュールでしたが
OPのPVと言いかのん推しが凄いですね、やはり、メディア展開は重要なのか

EDはバンドメンバーですが、何事もなかったかのようにと登場する結が凄い
アニメだと本編にも出ていないと聞いていたので、この機会で無ければと言う感じか
アニメも一段落と言う事で、余程の事がない限り映像化はなさそうですけども……
映像と言えばまもって守護○天の万難○天がOP詐欺をかまいしていて……古いですね

桂馬の声優はバカテスの明久(こっちは某動画で数回見た事があります)と同じ方なんですね
天才(?)キャラと馬鹿キャラということで、この2つ以外余り知らない私には凄いギャップが……

単行本は天理とディアナ表紙ですね
最近珍しくもない表紙に登場するけど本編には全く出ないキャラ
むしろここぞとばかりにLCを表紙にするべきではないかと思うわけですが
……ヒロインだよね、アレ、一応……

11巻からは、にーさまラッシュが無くなってキーキャラが表紙を飾りますが
その流れで登場の早い女神である、ディアナが選定されて感じでしょうか
でもかのんとアポロの方が表紙登場早いんだよなぁ、どういう基準なんだろうか
かのんの退場の方が長いですし深刻ですからの措置かも知れませんが
次の表紙は月夜となるのか、そうなら、これはドンピシャの登場ですね、天理……

表紙詐欺自体はエ○メンタルジェレイドが結構印象的でして
あれ、死んだキャラが次の巻で普通に表紙飾っていましたね……
表紙を参照にエピソード追うとなんだかずれるマンガです
単行本とかのページの計算って結構ネタになる場合がありますけど
話単位になると色々と難しい話になりそうですねということで


あ、初回限定版と言えば、サウンドインパクトと碧の軌跡が限定版です
殆ど手を出さないと言ってましたが、色々やむにやまれない事情が重なって……
サウンドインパクトとは予約で通常版が取り扱ってないように見えたのが1つ
碧の軌跡は仕方なかったんや……どっちも大した事情じゃないですね、はい
まったく29日は地獄やで

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。