伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【雑記】妹ス○イル 2011夏 りあるばなし

盆の話になりますが妹と映画を見に行きました
内容は勿論、戦隊と仮面ライダーの特撮モノになります

ジグザクパラドックスの四階堂さんが感想を書いていたので
これはタイミングが良いなと覚悟していたのですが予想通りでした
私が選ばれる理由は、他に付き合ってくれる人間がいないからです

まだ、始まって時間が経っていない為か、上映回数も多く
時間選択の余地があり、一番早い9時半の上映に行きました
もう一つ上映している映画館があり、そちらは8時半からと言う事でした
その日は日曜日だったのでおそらく普通にテレビでも放映していました

その映画館に行っている人はワンセグで見た後映画を見るのかなHAHAHA
と談笑をしつつ、映画に挑みます、全く面白くない会話ですが
兄妹間の他愛のない会話ってこういうモノではないかと思います

映画後は妹の仮面ライダー熱に火がついたらしく、フィギュアを欲したので
午前という事もあったので、一路、日本橋にまでフィギュアを求めに行きました
日本橋のでんでんタウンはこういうとなんですが電気街として見る影も無くなりましたが
逆にフィギュアが微妙に盛り上がっているなと言う印象を受けました

妹は紫が好きという事でプテラだかなんだかいうフォームのフィギュアを購入しました
次はコンドルが良いなとか野望を語っていますが、男優じゃなくてライダー狙いというあたり
なんだかカテゴリわけに困るタイプのアレ系の妹だなと思います

しかし、姉もアレだった中学時代はGWが全盛期で死神のガンダムパイロットが好きでした
その代替行為としてデスサイズヘルのプラモに手を出したりしてご満悦だったので
中の人が好きで外の何かを好きになるのは代替行為として成立しているのかも知れません
まあ、姉は某土井先生が好きだったり、アニメの怪傑ゾロが好きだったり
バイカーマイスにまで手を出していたりしたので、あの人のファンとして
純粋に腐っていたんでしょう、流石に姉の方はアッサリ卒業したのですが

対する妹は若本が好きだといってはセルでキャーキャー言ってたり
電王ではリュウタロスが好きだったりと、色々とはじけている部分がありました
上手く言えませんがネッ広って思った以上に自分の近くにあるのかも知れません

後は昼食に行ったり音ゲーで遊んだりしたのですが面白い話はないのでスルーして
そういえば昔は結構音ゲーに嵌っていた妹の好きな曲はNEMESISでしたね、やはり……


以下、作品自体ほぼ初見の映画感想です、多分ネタバレ




仮面ライダーOOOはともかく、ゴーカイジャーは初めて見る作品でした
しかし戦隊モノは仮面ライダーと比較して例年あまり尺が与えられていないらしく
取りあえず観覧者が結果を理解する前に登場キャラが結果を教えてくれる流れ
テンポが良すぎて気付いたらなんかいい話だった系の終わりをしていました


普段戦っている幹部のあっさりとした退場する演出は映画だからともかくとして
目からビームを受けただけで何故か敗北した事になっているシルバーから始まり
やたらでかいと強調された海賊船が3匹のおばけに道案内して貰って終わったり
そして、そのまま妙なキャラづけのお化け3匹がフェードアウトしてしまったり
偉そうにシルバーの前から去っていった船長が凄い小物臭だったり
挙げ句の果てにレッドと1対1で押され気味になったり、出し抜かれたり
内容的には1時間の前後編にするほどでもない塩梅の敵でした
最近のロボット戦は知りませんが、ここはかなり気合いが入っている気がしました
でも、敵の主要な技が目からビームなのはちょっと映画的でない気がします
ところで敵の方が歴史ありそうだからパクリはむしろゴーカイジャーじゃありません?


対して仮面ライダーは尺が多めでゴーカイジャー補正もあり長く感じました
こういう根底となる設定は原作付きのアニメでやられると大丈夫なのかと思うのですけど
実写だと原作とイコールなので安心して楽しむ事が出来るのは良いと思います

内容としては色々よくばり過ぎかなという印象もあったり
フォーゼが登場するという事前情報を妹に貰ったんですけど
そういえばどこかで暴れん坊将軍と競演というネタがあったようなと思っていたら
どちらもそこまで本格的に関わっていないようでした、フォーゼは顔見せとして
せっかくの将軍なんだからもっとお遊び要素があっても良いような無いような
しかし、静と動の対照的な殺陣シーンは面白かったので由とします

あと、今回の敵は最初の形態が一番強かったような
凄いと思われた装置がオーバーフローを想定していない設計でがっかりです
変身後は単なる怪物という感じですし、パワーアップ後もあれだけ準備してという気も
しかし、最後のあの戦い方は驚きました、ってかああいうのアリなの


突っ込みどころは満載ですけどゴーカイジャーは突っ込みモノとして
ライダーは怒濤の勢いを楽しむモノとして充分面白かったです
次はフォーゼVSOOOということで、休む暇もないですねこのシリーズ


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。