伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あかときっ!!-花と舞わせよ恋の衣装- 感想

エスクードの「あかときっ!!-花と舞わせよ恋の衣装-」の感想です

前作「あかときっ!夢こそまされ恋の魔砲」からおよそ5ヶ月して発売されるFD
と言うことで、いろいろ思う点はあるかと思いますがスルーします

モードは以下の2種類です

■バトルモード
ある日、起きた異常現象を解決するためにバトルをしながら
シナリオを進めていくモードになっています

最初はメインメンバーのみですが、特定の戦闘に処理することで
敵キャラクターをメンバーとして加えることが可能になります
雑魚に留まらず、各シナリオのボスキャラクターも仲間になったり
(流石にパラメータは仲間用に調整されていますけど)

また、同様に特定の戦闘をこなすことでアイテムや
ヒロインのコスチューム、Hシーンが解放される仕掛けとなっております

難易度は3段階用意されており、ゲームが得意な方もそうでない方も
自分のペースに合わせて遊ぶことが出来る内容になっています


■シナリオモード
前回のメインヒロイン5人のアフターシナリオに加え
本編で人気のあったサブキャラ「橘美優」「チッカ」の
計7シナリオをプレイすることが出来ます

メインヒロイン5人と比較してチッカの尺は少し長いぐらい
美優がそれより更に長めという感じになっております
ルート分岐などはなくキャラを選択すれば読み進めるだけです
道中に戦闘などもなく、イチャイチャしたりHしたりするだけです
全員をクリアしても特に隠し要素があるわけではないです



バトルモードの本編が思ったよりボリュームが少なく
また自由度が少ない部分が個人的にはかなり不満がありますが
ミドルプライスと考えるとボリュームは値段ナリと言う感じでしょうか

Hシーンやイチャラブ成分は、本編よりも多くなっていますが
あきらかに物足りなかった本編を補える程かというと微妙なところで
最終的な感想としては食い足りないかなという印象です
FDに求めすぎるのも難ですがもう少し欲しかったところです

内容は特に手が抜かれているという部分もないと思うのですけど
コレ単体で買うとどうしても物足りない感じが強く出ました

「あかときっ!」本編の足りなかった部分にプラスアルファする作品
というのが個人的な感想です、そこにもう一声と思うのは我が儘ですかね


以下、ネタバレ含む感想




【システム】
■基本システム
・キャラ別音声の調整有り

最低限というところです
選択肢はないので進行形はほぼ不要ですから
困ることはそうそうないと思います

本編であったバトルスキップはなし
バトルモードはバトルの為のモードなのでなくて当然と思いますが
正直あの仕様だと欲しかったというのが正直なところです


そんなわけでバトルモードの話でも

■バトルモード
戦闘で使用するキャラクター6人を選択して
マップ上にいる敵の中から相手を選択
その戦闘に勝利する毎に次のマップに進みます

今回は育成の要素はなく、キャラの性質により
ステージを進める毎に勝手に成長していきます
キャラの成長で頭を悩ませることはないですけども
特化型を作って、有利に進めるという戦略は取れなくなっています

マップ毎に登場する敵のパーティはほぼ決まっています
特定のステージまで進めると強敵で構成されたボス戦となります
ボスを倒すとシナリオが進みます、ラスボスを倒すと終了
一部の強力なキャラクターが解放されます、ステータスの引き継ぎはなし

難易度は3段階ですが解禁される内容にほぼ変わりはありません
EASYは適当に戦っていれば圧勝できるレベル
NORMALだと本編ぐらいの難易度であると思います
HARDはあまり試していませんが、不可能ではないです

バトルパートは数値の見直しが決行されています
大きく変わったと思うのは、凛子の闇夜の磔が敵全員のSPDダウンとなったところ
ステータスダウン、アップの持続時間が短くなったところ
本編では強力無比だった、夢の欠片系のアイテムのほとんどにマイナス値がついたところ
など、前作の戦略から見直す部分が出てきました


さて、このバトルモード、隠し要素の解禁とバトルモードの進行が
全く別問題になっているという困った仕様になっています
つまり、楽してバトルを進めれば、Hシーンも、キャラも解禁されず
シナリオをクリアすることが可能になっているのです

Hシーンやコスチュームの取得についてはシナリオ1周中に特定回数
特定キャラに戦闘を挑む必要があり、意識してプレイしないと解禁は出来ません
Hシーンを見るにはメインなら3回、サブなら2回、複数プレイなら4回
バトルモードのシナリオ一周中に戦闘に勝利する必要があります
シナリオ一周の戦闘回数はそこまで多くなく、戦闘を逃す余裕はありません
七夕のHシーンを見るなら意識して七夕の戦闘を優先するプレイが必要です

一応、各キャラの進行状況のようなモノが画面に表示されるのですが
この進行状況は周回で受け継がれないのに、画面だけは受け継がれる謎仕様
(例えば1周目で七夕に2戦挑んだとき、2周目始まって直ぐでも画面上は
2戦目まで行われた証が画面上に表示されますが、戦闘自体は1戦目からになります)
2周目でもボス戦は共用されるので、解禁のみを目的にプレイすると非常に怠くなっています

唯一の救い?と言えるのは、シナリオ進行のセーブデータと
解禁要素のセーブデータが別枠扱いとなっている部分でしょうか
一度でも解禁すると、そのデータを捨てて、別のデータをロードしても
その要素は解禁されたままとなっている所です
よって、1周すれば、あとは何周もするより、複数データを使い廻して
効率よく解禁する方が、素早く、解禁を進めていけると思います


バトルモードのもう一つの不満は
仲間は自由に構成できるのに、敵が全く自由にならないことです
ステージ毎に敵の配置とこちらのステータスがほぼ決まっています
よって、セーブデータを意識して作らないと、狙ったマッチングを作れません

解禁要素の仕様と合わせ見て、ストーリー用のバトルモードとはまた別に
自由なタイミングでバトルが出来るモードを要した方が良かった気もします


あ、私の環境では特定条件を満たすとバトルで落ちていたのですが
環境依存であって再現しないのでしょうかね、修正上がってませんし
因みに一部のキャラに腕を攻撃したときにプログラム毎落ちました
腕狙うと落ちるとか、正直戦略の幅がかなり狭まるのですけども……



【シナリオ?】
基本イチャイチャする内容で、特に語りません
リリィが相変わらず可愛かったですが、世界一周省略とか
ボリューム自体はメインヒロイン勢は1時間位の内容
チッカはもう少し多めで、美優は2倍ぐらいの分量かと
7人分だとそれなりですが、ヒロイン1人だけのためと考えると物足りないですね

最初と最後の方にHシーンが一回ずつの計二回、本編と同じ数です
チッカシナリオだけ最後に1シーンとなっています、うん、まあ


【Hシーン】
■シナリオモード
七夕:2
爽夏:2
真姫:2
リリィ:2
凛子:2
美優:2
チッカ:1

今回は片方だけは口のみとかもなく
本編より濃いと言えば、濃いと思います
チッカは、うん、メイド服だよ


■バトルモード
七夕:1
爽夏:1
真姫:1
リリィ:1
凛子:1
美優:1
シード美優:1
チッカ:1
ククリク:1
彩子:1

七夕+真姫:1
爽夏+リリィ:1
凛子+クラヤミ:1
チッカ+ククリク:1

どのシーンもHシーン突入直前で始まり
終了と共にシーンが終わります
シナリオ?流れ?そんなのないよ?

プレイ自体はマニアックなプレイもあります、七夕とか
因みに、新コスチュームとリンクするようなことはないです
体側服とかパジャマとかハンモックでも困りますけど
この辺りはリンクした方が面白かったなと個人的に思います


【全体通して】
バトルモードと要素解禁のリンクがちぐはぐな気がします
これでは、下手にリンクさせない方が良かったのではというレベルです
互いに縛り合って、上手く楽しむことが出来ませんでした
バトルモード自体は不満はあれど、楽しめたのですけどね、

個々の要素は悪くないと思ったモノの、繋げ方が悪かった印象です
バトルモードのHシーンについてはククリクと彩子は言うまい
その辺り含めてもう少し、前後の肉付けが欲しかったのですけどね

「あかときっ!」の物足りない部分は補われたのですけども
FDになって新たな物足りなさが生まれたような印象を受けます
各ヒロインのイチャラブとかは悪くなかったのそれ目的ならあり
ただ、懇意にするヒロインが1人とかなら物足りない気がします
バトル目的ならもうちょっとやりやすい環境が欲しかったなと言うところ

もう少し上手く構成が練られていれば、満足できた気もするのですが
何となく、構成とか仕様で損をしているような気分になる作品でした
リリィとチッカが可愛かったので満足することにします

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。