伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

めちゃ婚! 体験版 感想

onomatope*の「めちゃ婚!」の体験版感想です

【プレイ時間】30分
【Hシーン】あり
【内容】プロローグ(ヒロイン集合まで)+Hシーン

10年前少子化に終止符を打つための政策
「人口減少に伴う富裕層に課せられる扶養拡大の義務法案」
通称「一夫多妻法」が打ち出されたのでした

富裕層は複数の妻をもたなければ財産を没収するという法案で
現在は当たり前として受け入れられている世界でのお話

父の一周忌に企業を継ぎ代表取締役社長になった「桜島春木」も
その制度の例外になることは出来ず、5人の妻を迎える必要があるとのこと
因みに父親は制度開始前に社長であったため、免除の対象だったらしく
しかし、その免除期間があと1ヶ月、そこまでに結婚しないと
多くの社員が路頭に迷ってしまう……何故こんな事になるまで置いておいたんだ!

対応の遅さは置いておいて、お話は春木がこの制度に立ち向かうワケでもなく
現状を受け入れて5人の女性を妻に迎え一夫多妻制を楽しむハーレムゲームです
プロローグの段階で解るように深く考えると負けです


【ヒロイン】
■淡島茜
身の回りのお世話をしてくれる幼馴染み
天然キャラだが、一夫多妻の話を聞いて
そのまま強引にプロポーズまで運ぶ辺り結構黒い気がする
そんな流れで二人目の結婚相手となることに

春木との間で結婚についてかなり温度差的なモノを感じるが
その辺りのギャップを解消するのが全編としてのテーマでしょうか


■沢渡咲
金髪ツインテールクラスのアイドル的位置のヒロイン、駄ドッグ
最近世の中では不遇の万能(きようびんぼう)タイプ
親友の茜の思いを知り遠慮がちだったが一夫多妻の話を知り
かなり強引にもったいぶりながらプロポーズさせる、3人目
ここで意地を張ったことが終盤のポイントとなるのでしょうか

設定は結構華々しいが、ヘタレキャラとしての立ち位置を築いている


■神島楓
表情の変化があまりなく、感情を表に出さない
図書委員の後輩で2人で良く本の整理をしているなど仲が良かった
結婚の噂から発展して、胸中を告白しプロポーズすることに、4人目
一番素直に好意を伝えた気がするキャラですが、この世界では多少埋もれ気味


■桜島萌
父方の従姉で、姉弟同然に育ってきた、今回の一夫多妻制の件も彼女が伝えた
ひとまずという感じで、最初にプロポーズされ受け入れられることに、一人目
年上キャラと言うことで、結構年が離れているみんなのお姉さん的立ち位置のヒロイン
社長代行として頑張っていたようですが、もう少しがんばってください


■八丈椿
ネットゲームで知りあったネットジャンキーな少女
実際と出会うまでは男性だと思っていたがチャットの発言が原因で
そのまま春木の家にやってきて強引に迫って5人目に

春木達と近いとしながら、学生をせずデイトレーダーをやっている
お金は困らないレベルで稼げる人間らしく、色々と幅をきかせているらしい
咲とは性格が合わないのか出会い頭から口げんかをしている



【Hシーン】
タイトル画面より「scene select」を選択で最初から入れます
茜:1
椿:1
楓:1
椿+咲:1
茜+萌:1

複数プレイが2枠あるようにそれなりの数で複数プレイがありそうです


【全体通して】
世界観の話は最初に突っ込んだので置いておいて
設定もかなり特殊で飛ばした作品となっています

殆どのエロゲーでゴール或いはエピローグの一にある結婚が最初に来て
そこから始まるハーレムライフというのは中々ない設定です
最初から結婚するパターンというのはありますが
複数ヒロインがいるというのはかなり特殊な例と言えるでしょう

ここで気になるのは個別ルートをどう決着つけるのかと言うことです
おそらく個々のヒロインにEDは存在するのでしょうけど
それをどうやって納得のいく結末に持って行くのかが気になります

そもそも、ハーレムというのはシステムがそうなっているからという
とんでも無い前提があるわけで、簡単に覆せないのですよね
この馬鹿システムなら離婚も容赦なく財産没収対象でしょうし
あっさり別れた的な強行手段も執ることが出来ない気がします

その辺りは気になるのですけど、これは結局設定に関する話ですので
そこを除いてのシナリオの話ですが、正直この内容だと判断できません
ヒロイン紹介だけで終わってしまっている体験版ですので
絵は私好みでヒロインの性格も嫌いでないのですけども
流石にこれだけで特攻するには材料が足りないですね、様子見です

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。