伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラブラブル~lover able~ 感想

SMEEの「ラブラブル~lover able~」の感想です

前作「らぶでれーしょん」の流れを汲む作品でイチャラブ描写を重視されています
多くの作品では終盤でしか見られないようなラブラブな描写がシナリオの大半を占めます

出会って仲良くなるまでの過程やヒロインの抱えた問題解決にシナリオ割く位なら
さっさとヒロインとイチャイチャさせろという日々思っている方に向いている作品かと

攻略対象となるヒロインは5人でハーレムルートやサブ攻略はありません
全員均等と言いたいところですが「柳瀬なつき」が多少尺が短めになっています
尺的に物足りないと言うこともないのですが、他の4人が結構均等な配分だけに
どうしても意識してしまう部分ですね、普通に人気のありそうな娘なのですけど

シナリオは一応終盤の山場などはあるものの、必要最低限という感じです
個別に分岐すると後は殆どヒロインとイチャイチャしているだけで
それを阻害する様な余計な展開、要素は殆ど排除された形になっています
下手にシリアスや鬱に走ることもなく定番の展開があり、あっさり解決します

ヒロイン同士の関係も告白すれば全員即ラブラブになれるような好感度まで行ってるのに
個別にはいると対象ヒロインが可愛らしい嫉妬をするこっとがあっても
他のヒロインは特に何らかの反応を示すことはなく、応援する立場になります
下手に昼ドラみたいな陰鬱とした展開があっても困りますがこれはこれで味気ない気も

これらを肯定的に見るか否定的に見るかがこの作品の評価の分かれ目でしょうか

また、コンセプト通りなのですがイチャラブのみというのは意外とネックです
本作では5人ヒロインがいて、5ルートあるわけですが、全てがイチャラブルート
ということになるのです、用法用量を守らないと胸焼けの可能性があります
更に5つの殆どがイチャラブというのは無茶があるのか、多少マンネリ化のきらいもあり


「イチャラブがシナリオの殆どを占める」のをどう受け止めるかが全てです
それが「素晴らしい」「良いことだ」と思う人は問題ない作品となるでしょうし
「シナリオの山場が弱そうだし退屈」と思うなら、この作品は厳しいでしょう
「ヒロイン5人全員がイチャラブって無茶がないか」と思えば、無茶に感じるでしょう

ヒロインとの魅力とイチャラブ描写はしっかり描かれていると思いますが
それが全てか否かを考えると、この作品との付き合い方が見えてくるかも知れません


以下、ネタバレ含む感想



【システムとか】
プレイ周りで特筆する機能はなしです
「前の選択肢に戻る」機能が一度メニューを開く必要があるのが
多少面倒かなと思います(使う機会がなかったですけど)

キャラ別音声の設定が可能です、立ち絵があるキャラなら
メインhりおいん、サブキャラ、男女問わず個別で設定可能です
それ以外は男・その他、女・その他でまとめられます


■イチャラブ関連
・主人公の名前が変更可能
今回はデフォからしっかりと名前が付いています
プレイヤーに没入しやすいようにという配慮でしょう

・髪型と服装の変更
前作と同じく、ヒロインの背格好を多少好みにカスタマイズできます
それにより、多少イベントが起きるのでその為に見るのもアリでしょう
服装はあらかじめ見せてくれますが、髪型は変わるまで解らないことも
回想ではボタン一つで表示が切り替えられるので回収に頑張る必要はないです


そういえばアイテムはなくなりましたね、まあ、微妙なシステムでしたけど


■攻略関連
1つの選択肢で5つのルートに分岐しますが、2回最初から始めた中で
どちらもヒロインをが4択になっていました(1人分岐できない)
妹がいるからの措置なのかも知れませんが、微妙な仕様かなと
普通に攻略するのと、妹重視で攻略する2つのデータで分岐の制覇は可能です



【シナリオとか】
共通ルートと個別ルートで多少シナリオのノリが違います
イチャラブ要素が強く話に絡んでこない分、テンションの高いキャラ同士の
掛け合いが楽しめます、多少、ヒロイン同士の張り合いなどもあり、
コメディ成分が好きならば共通ルートの方が楽しいかも知れません

分岐に行けば後はひたすらイチャラブ、サブキャラはなりを潜めて
ヒロインも軽くうらやみからかうモノの、嫉妬展開にはなりません
ヒロインには多少の執着的なモノを見せて欲しい部分もありましたが
2人の想いがあればこそという感じで、一方通行の好意はなしなのかもしれません

多少の山場はあるものの、基本はイチャラブしているうちに終わります
また、山場までに散々イチャイチャした為か、山場を越えるとあっさりED
そのままエピローグを少しだけして終わりという展開が多いです
その辺りの余韻はもう少し欲しかった気もしますがこれは個人の好みの範疇でしょう

良くも悪くも、イチャラブに徹底するスタイルが色々な所に影響を及ぼしています
多少歪になってもイチャラブを貫き通したというのは評価すべき所かも知れません


【ヒロインとか】
・琴宮千夏
主人公と同日に転入してきた少女、誰にでも優しい優等生として振る舞っているが
というワケでギャップキャラです、間違いメールとか面白い娘です
壊れキャラというわけではないのですが、お茶目なキャラになっています
体験版だと優等生キャラが推されていたのでこういう一面は非常に良かったですね
度々見られるジェラシーも可愛く、想像とは大分違うモノの非常に可愛いキャラでした


・愛沢花穂
血がつながっている妹なわけですが、個別後関係を持つスピードは最速になります
多少自己嫌悪があるモノの、そこを焦点に合わせた感じのシナリオではないです
むしろその後ろめたさを楽しんでいないかという気がしなくもないのですけど
そういう倫理観念に厳しい方にはちょっとアレなシナリオかも知れません
逆を言えば、こういう普段ならややこしい流れとなるシナリオをあっさりと越える辺りが
このゲームの真骨頂なのかも知れません、難しいことは考えるなとそういうことで


・姫野つぐみ
体験版では登場しなかった不遇の後輩、体験版直後に出るんですけどね
共通ルートでは精一杯恥ずかしがりながらも好意を示すのがポイント高いです
男性不信ということで、その辺りがシナリオの焦点となります、あまりなりません
結構あっさりスルーされるんですが、それがこの作品の良さでもあり怖さでもあるなと
そんなつぐみ先輩ですが今は立派にラブラブルのエロ担当です


・三枝奈々子
バイトを仕切る年上の先輩ということで、仕事でのしっかりした態度と
恋愛に対するヘタレ具合のギャップが素晴らしいかと思います
年上ながら庇護欲が全ヒロイン中で尤もそそられるキャラになっています
とっかかりはちょっと押しつけ気味な両親が来て、恋人ごっこをと言う話ですが
そこからの展開はラブラブルというかそんな感じのお話になっています
可愛い年上キャラっていいですよね(///ω///)


・柳瀬さつき
クラスメイトで隣の席になり付き合いの出来る娘、謎の不遇キャラ
全体的に均一が計られているような印象を受けるんですが
その中で明らかに少ないというか尺的に半分と言いますか
クールな不思議キャラですが、デレると非常に可愛らしい娘
髪を下ろして服装を変えると好みにストライクだったんですけど
こうあっさりと終わってしまうのですよね、山場然りイチャラブ然り
人気見ると下手すれば一番高そうな娘なのですけど




【Hシーン】
・琴宮千夏:3
・愛沢花穂:5
・姫野つぐみ:5
・三枝奈々子:4
・柳瀬さつき:3

最近では平均的かなという回数ですね
コスチュームと場所で一部変化はあるモノの
基本はラブラブノーマルHと言う感じになるかと思います
1シーン1シーンの尺は少し短めですかね
悪くはないですが、こちらが主目的だと物足りないかも


【全体通して】
ヒロインは素直に可愛く不快となるようなシーンもありません
どのシーンもニヤニヤできてイチャラブは非常に満足しました
ただ、5人のヒロイン全員にイチャラブをふんだんに盛り込み
不快となる鬱展開を避けまくった結果どうなるかということで
多少シナリオの展開などがマンネリ気味になっている感じがあります

また、花穂の例にあるように普段は深刻にするべきところを
あっさりスルーしてしまう傾向にあるので気になる人には注意が必要です

基本的にはイチャラブ描写が好きで、ヒロインが良さそうならありかと
その方面で期待するならには十二分すぎるほど(過食気味かも)楽しめます
さつきねらいだと他のヒロインとの兼ね合いで少し物足りない気もします

感想書く関係で突っ走ってプレイしましたけど、疲れたときに1人ずつ
って感じでプレイしたい作品でしたね、少し出会いが不幸だったようです
それでも、イチャラブ分はしっかり補給されましたし満足しています
人生に疲れたときに思い立ったらプレイしてみようかなと

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。