伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

巨乳ファンタジー 感想

Waffleの「巨乳ファンタジー」の感想です

落ちこぼれの騎士が自分に宿った力を元に大逆転をしていくハーレムファンタジー
タイトル通り、或いはライター通り、Hシーンは胸に関するモノばかりで
ヒロインはタイトルに恥じなく全員が巨乳で、初期設定は夢魔が一番小さいほど
タダのエロネタと見せて時には物語の重要な要素になったりならなかったりすることも

エンディングはヒロイン4人+グランド(ハーレム)ルートになっています
選択肢1つでほぼ分岐する仕組みなのでルート制覇は難しくないでしょう
何故か、最初のヒロインのEDだけ地味に複数の選択肢による攻略要素がありますけど
それにしても狙って攻略すればあっさりとEDに迎えますし苦労することはないかと
2人ほどEDはもたないものの主要キャラとして活躍するヒロインが出てきます
この2人については外伝でピックアップされる流れとなったようですね

エロだけでなく、ファンタジーや立身出世モノとしても結構読ませてくれます
ご都合主義と奇跡の連続ですけど、下手にリアルとかこのタイトルで期待しないよね
主人公であるリュートは出世欲などはなく現状では満足しているモノの数度の活躍で
周りに過剰に持ち上げられて、だんだんと出世の道を歩んでいくタイプです
この成り上がりは順調すぎて見ていて気持ちよいぐらいの勢いではあります

ただ、リュートのキャラがキャラなので努力や実力で上がるような努力家タイプが好きな人には
どうにもあわないタイプかと、進んで不快にしてくれうようなキャラでもないですが
共感とか熱さという意味では弱いです、ご都合主義を抵抗なく受け入れられる存在としては
こういった展開が、ある意味最適解なのかも知れませんがね
(その要素を色濃くし過ぎて浮世離れしすぎたのが巨乳魔女な気もします)


また、成り上がりの流れこそが正道とされるためか、脇道にそれるヒロインのEDはあっさり目
ヒロインとして攻略できる4人と、そうでない2人でも活躍度に差がないように感じる部分もあり
ヒロイン個別ではなく、あくまでハーレムをウリとした作品として受け取る方がよいでしょう
その中で唯一、シャムシエルは別格ですが(といいつつEDは凄く適当なのがなんとも)

そんなわけでシナリオとしても楽しむ部分はありますけど
基本はエロ、主に胸にただならぬ関心を持つ人向けのエロが中心となっています
シナリオだけを期待するのはあれですし、ヒロインの萌えを重視するような人にも
合うといえるほど懐の深い作品でもないです、あくまで抜きゲーという感じですから
タイトルにビビッと来て、キャラに抵抗がなければ楽しめる作品かなと思います

以下、ネタバレ含む感想


【システムとか】
相変わらずのワッフルという感じで微妙に独特なインターフェースです
右クリックとエンターキーの設定がイコールなのですよね
よってスキップを置くとエンターでスキップ、デフォルトだとウインドウ開閉
と他のゲームになれていると少々戸惑うことがしばしばあります
あと、多少ウインドウを最小化して戻すとレスポンスが鈍い印象です


【シナリオとか】
騎士学校を最下位で卒業し、辺境の地へ追いやられた落ちこぼれ騎士のリュート
領主の命令で村人を数人吸い殺して恐れられていた夢魔の「シャムシエル」退治を命じられ
秘められた力で返り討ちに遭わせてから、運命が大きく変わっていくことになります
そこから多くの陰謀に巻き込まれ、それが追い風となりとんとん拍子で出世をしていくリュート
その中で様々な素敵な(胸を持った)女性と関係を持っていき……

シナリオは4編ほどに別れています

■辺境乱乳編
辺境の地で夢魔を撃退し、領主の陰謀を打ち砕くお話

人妻ロクサーヌと夢魔シャムシエル登場、ここでロクサーヌよりの選択肢だと
辺境編終了直後EDへ分岐することが出来ます

■魔乳秘窟編
辺境での活躍から親衛隊騎士となり、それを気に入らない大臣から森の探索を命じられる話

2つあるルートのどちらも駆け足気味で、立身出世から離れたとはいえ軽い扱いです
特にアイシスはかなりの駆け足展開となっています、中盤までの印象の悪さと言い
アイシスの活躍が見たいなら別ルートに行った方がまだましというのは皮肉な事で
メインと思われたシャムシエルのEDもこちら、コレも最後は飛ばし気味の展開ですね
シャムシエルの場合全編で活躍するのでEDに拘らなければ悪い扱いではないのですが

■叛乱軍性圧編
辺境での活躍から司令官と反乱軍を沈めるお話、しかし本当の敵は別にあり……

人気ヒロインらしい、グラディス、エメラリアが登場
展開としてはご都合主義ここに極まれりですけど深いことは気にしない方が良いかと
デレ後のギャップからして、グラディスが一番ヒロインしているような気もします
ここではEDに分岐せずそのまま次のシナリオに進むことになります

■王都淫謀編
元帥となり皆に敬われる立場となるシナリオ、しかしある人物の暗躍で危機に陥ります

パッケージを彩るヒロインのルセリアが漸く登場です、微妙にパッケージ詐欺よね
そのままEDに行くことが出来る辺り、扱いかなり悪いようなそうでもないような
シナリオ傾向上、一番巨乳なので採りを飾る形なのでしょうか、身分なのでしょうか
本道は、罠に嵌められ捉えられてから今までのヒロインが集結して、逆転へと王道展開
しかし、敵役がショボ過ぎるよね、やたらボボンを推すけどコレも芸風なのでしょうか
一番の見せ所は全てが解決した後の後日談という名のハーレム展開です、長くて多いです


【ヒロインとか】
・シャムシエル
実質メインヒロインでしょう、リュートの立身出世の立役者です
一度負けてからは非常に健気に気ままに振る舞ってくれます
全編で活躍、Hシーンがあり、全体的に扱いがよいヒロインです
彼女が気に入るかがこの作品を気に入るかとイコールかなと思ったり
個別シナリオは裏設定が見えるモノのグランドと大きく離れてしまいますね


・ロクサーヌ
辺境の地で合う人妻、最初に出会ってそのままEDへ行くことが出来ます
話的には人妻モノの王道と言えばいいのか、辺境ということで中盤以降は放置気味
終盤で登場するときは少し思うところがあるモノの立ち位置で損している印象


・アイシス
ツンデレというか最初は素でリュートを嫌っているキャラですね
婚約者がいるも、放置されて、その中でリュートの器にやられていきます
ある種王道なんですが、グラディスという存在がいるのが痛いですね
シナリオよりも、ハーレムルートへ行った方が好感持ちやすいキャラです
個別ルートはかなり投げやりで、タイトルにいるヒロインにしては扱いが悪いです


・ルセリア
パッケージ詐欺ヒロインその2、王女です、一番身分が高いので終盤登場
既に流れがグランド展開に行っているのでEDがあるのはついで程度の扱いです
全体的に流れも押し気味ですし、シナリオの犠牲になった印象は強いですね
設定上一番の巨乳ですけど、やりすぎと思う方にはキツイ大きさでしょう


・グラディス
攻略が出来ないモノの、実力を認めてからのギャップ故か良いキャラかと
ヒロインとしての描くと言うよりも展開上という気がしないでもないです
EDは正直性圧編で分岐できなくもないよなと思わなくもないわけですが


・エメラリア
侍女、どちらかというと大臣側の人間です、EDなし2
一度のHでリュートの虜になるモノの立場上抵抗をします
終盤ではある意味ルセリアより重要な立ち位置なヒロインですけど
グラディスに対してこちらは展開上ヒロインにはなるのが難しいキャラですね



【Hシーン】
シャムシエル:11
ルセリア:6
アイシス:4
ロクサーヌ:6
グラディス:2
エメラリア:2
ハーレム:3
モテールの取り巻き:1


一応ヒロインのアイシスは改めてみても少ないですね
基本は、一度のイベントで固まっているので正直怒濤の展開です
ボリュームは回数以上に感じてしまうこともあります

プレイは基本胸です、揉んだり、吸ったり、挟んだり
そこまでこだわりがない人は酷い偏りに見えるかも知れません
ハーレムは怒濤の全員参加でなんか凄いことに
基本合意のプレイですのでキツイのが好きな人には物足りないかも



【全体通して】
タイトルは作品の内容を的確に表していますがそれだけで判断するのは早計かも
と主に胸を使ったH方面に力が入れられた作品であるのはもちろんのことですが
エロに手抜かりなく立身出世シナリオとしても意外としっかりしている所もポイントでしょう
ただ、本当に頂点まで上り詰めてしまうため、急ぎ足であるように感じますね
ステップをきちんと踏んで出世しようものならそれこそ長編のお話になりますし
そこまで行くと、だれてしまう可能性もあるのでエロゲという事を考えると
丁度良い塩梅なのかも知れません、基本ご都合主義なので大小を言っても仕方ないでしょうし

そんな感じで抜きゲーにしては読めるシナリオもウリの1つといえるでしょう
ただあくまで「巨乳」ファンタジーなのでそれが好きな方がよいです
エロゲーなら抜きゲーだという人の方が合っているでしょう
ちょっとシナリオが良いなら多少無理してというほどではありません
興味があると手を出してみると良いかも知れません、今日外伝が出ます

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。