FC2ブログ

伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

初恋タイムカプセル 幼馴染みとキャッキャうふふ 体験版 感想

しとろんソフトの「初恋タイムカプセル 幼馴染みとキャッキャうふふ」の体験版感想です

【プレイ時間】1時間
【Hシーン】体験版スペシャルで1シーンずつ
【内容】プロローグ

「契約しようよ」というのは散々語り尽くされたと思うのでスルーして

桐哉は5人の幼馴染みを持つ所謂幼馴染みブルジョワです
しかし、10年前「白姫和葉」の引っ越しによって4人となってしまいます
それから10年経った現在、4人は全員が同じ学園に通っており
それぞれが桐哉への想いを告げられない日々を送っていました
しかし、和葉が10年ぶりに帰ってきて積極的にアプローチをすることで
他の幼馴染みも強く意識せざるをえなくなります

また、和葉の目的は10年前埋めたタイムカプセルを掘り返すこと
掘り返したとき幼馴染みの誰かと結婚しようと言う約束をしており
桐哉は忘れていたモノの他の幼馴染み4人も勿論覚えていました
しかし、そのタイムカプセルを掘り返す日はみんなバラバラで
思い出せない桐哉は、5人の言う掘り返す日から選ぶことを迫られます

果たして、掘り返す日はいつなのか?……そこは重要じゃないよね



といいつも実際はその選択でヒロインが決定する予感がしますね
全員が主張しあって日付を選ぶイコール相手を選ぶとか

作品のハーレム状態より目立つのが、美桜、杏愛を中心とした
コメディなノリのテキストでしょうか、かなりハイテンションです
ボケキャラに対して突っ込みキャラのパワーが足りないので
ぼけた押しになることも多々あったり、意図的にスルーされたり

体験版部分ではヒロインとのイチャイチャ描写よりも
ばかばかしいやりとりの方が目についたような気がします
無茶なお色気シーンも多いです、ラブコメの導入部を意識している感じですね


【システム】
ちょっとバックログ関係が不安定ですね
再現しませんでしたが一度エラーでログを吐いて落ちています
あとは、同じくバックログでテキストが中心近くで二重に表示されます


【ヒロインとか】

全員名前に色が混入されています、微妙に難読傾向

■赤澤優菜
桐哉が住む、思ひ出荘の管理人を務める同い年の少女
ボケとスルーが多い中で、やんわりと突っ込みを数少ない常識人
桐哉との関係は幼馴染み関係の中でも一番深いように感じられる
ただ、関係が近すぎたのか少し恋愛感情から遠いような印象も


■黄檗美桜
ハイテンションなツインテールで残念だけど生徒会長
昼休みなど放送室を借りてラジオもどきをしている、コレは黒歴史になる
そのハイテンションさ故、ふざけてしまい素直に想いがぶつけられない
女に見られていないのでそれの脱却がポイントか、後ボケは基本スルー


■黒葛原舞花
名前の通りちょっと腹黒な見た目は清楚なお嬢様
でも、初っぱなが露出度高い着替えシーンだから清楚ってイメージが
勝手に年上とおもったらクラスが違うだけで同い年らしい
別クラスと言うことで、友人づきあいで多少疎遠になっていた
家は近所だが両親と仲が悪いらしい、お嬢様らしく家庭問題が浮上しそう
現時点ではからかい対象としてしか桐哉を見ていないという
一歩身を引いた形を貫いているが……


■緑野杏愛
美桜と同じくボケ要因の年下の幼馴染み、どちらかというと天然系
総受けに定評のある美桜を中心に無意識に毒を吐く一面も、天然恐い
恋愛を意識してるというのは舞花ほどでなくても弱い感じですが
このまま年下というより妹の甘えキャラとして恋人の座に着くのでしょうか


■白姫和葉
10年ぶりに再会する幼馴染み、その年月を補うためか最初から積極的
元から強引な性格なようで迫る以外にもかなり強気な一面が見えたり
キャラ紹介だと5番目ですけど、優菜とは別の特別枠って感じですかね
明らかな好意を示しているのは体験版時点では和葉のみですが
他のヒロインルートでの噛ませキャラとしても活躍が期待されます
電撃姫と連動企画のヒロインらしいですが、何するんでしょう、剥かれるの?



【Hシーン】
体験版スペシャルでキャラクターのプロフィールを選択すると
そのヒロインのHシーンを見ることが出来ます


【全体通して】
日常パートはハイテンションで個人的にノリがあったので面白かったです
ただコメディでは同じ音楽を流しているのが序盤では
同じような音楽を何度も聞いているような印象受けたり

ハーレム成分はみんな少し意識しているのは分かるものの導入部故か
キャッキャうふふな面は殆ど見ることが出来ない内容になっています
製品版までお預けになりそうですが、このあたりの実力が見られないのは
こういう系を買う上ではちょっと微妙です、美桜のシーンや和葉のシーンで
ある程度の展開なら想像できますが、それも主人公次第です

現時点では和葉の強引さに対し完全に受け身に廻ってしまっているので
最初から好感度の高いハーレムもののよくある欠点である
ウジウジすることで山場を作るという展開になってしまわないか心配です

まあ、そんなことなくいきなり、掘り返す日は何日だったと
選択肢一発で分岐してそのままキャッキャうふふし出す可能性も
否定できないのですけどね、そう言うシンプル設計も多い世の中ですし
といいますかブランド的に体験版直後にその選択があってもおかしくないですね

絵が多少好みから外れていること、システムが不安定なことが気になりますが
コメディのノリとヒロインのキャラ自体は気に入ったので一応3月の検討
と言う感じでしょうか、激戦区だったような一強だったような、どうだっけ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する