伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

妹ぱらだいす! 感想

昔、「はじめての○○」というエロゲ界隈で非常に有名な作品がありました
お話は簡単、可愛いヒロイン達と家でごろごろしているとクーラーが壊れて
あとは服を脱いだり作品です、ヒロインの容姿と素敵なタイトルもさることながら
あまりに欲望に正直な展開に当時多くの人間が虜になったモノでした

そんなことは今作とは特に関係なくMOONSTONE Cherryの「妹ぱらだいす!」の感想です

攻略対象は5人、全員妹、ハーレムルートも勿論用意されています
内容は実にシンプルで、5人いる妹から好みの娘を1人選んでHな事をするだけです
繰り返しているウチに個別ルートに入りエンディングへ到達します、簡単でしょ?
ハーレムへは誰も選ばず毎日過ごしていると突入、全く休まる暇がありません

システムはHシーンに重きを入れたモノとなっています
カウントダウンとか断面とかアニメーションとか
下手なそれ重視なメーカーよりもお膳立てがされています
中には逆に何だか使いにくいという人もいるかも知れません
あまり綺麗事を言わず欲望に正直になろうぜってゲームです

シナリオはあってないようなモノです
基本的な話の構成が「選択した妹とHなイベント」→「5人の妹との団らん」
の繰り返しとなっており、ある程度選択すると個別に突入する仕様になっています
特に複数人をヒロイン選んだからといって結末等が変わるとかはないです
そもそも、主人公からして両親のいないうちに妹と関係を持ってやるという
とても女性にモてそうなタイプなキャラクターですし、それに対してヒロインも
何があったのかは知らないのですが、全員が主人公に惚れており問題なく関係を持てます
過去の約束とか世間体とかシナリオとか面倒くさいよねってレベルです

一応個別にはいると一部のヒロインは山場っぽい話が出てきます
それにしても長続きしませんし、最後はやることやって万事解決です
因みに修羅場成分とかはあまり期待しない方が良いです、そう言うゲームです

そんな感じで妹キャラが好きで、ヒロインの誰か気に入れば良いのではないかなと
ただ、このゲームの「好き」は大体そのまま性欲につながるので
プラトニック(笑)な恋を求める人には全く向いていません
お気軽なエロゲーとしても充分楽しめる内容でしょう
その方面で考えて、敢えて欠点を言うなら全員が妹だって事でしょうかね
年上好きには地獄となり得るゲームです、まあ、特に問題ないかと


ネタバレあったかなあ




【システム】
抜きゲーだってワイドです

オートセーブで1日ごとにセーブしてくれます
攻略要素がないので逆に面倒な仕様になっている印象が

音声はキャラ別に設定が可能です

断面やカウントダウン、事前の選択肢の決定等、Hシーンに対しては
かなり親切設定、やりすぎと思う方は一応殆どがOFFできるので安心を



【シナリオとか】
あったかなぁ

夏休みのこと、両親は海外へ行っており不在
そんなわけで妹5人とのハーレム生活、最近可愛く育ってきたし
この夏で兄妹以上の関係になりたいと思います

一方妹たちも兄を形は違えど強く慕っています
そんな中、夏ならではの思わぬアクシデントもあったりして
兄を余計に意識しはじめて……非常に前向きな作品ですね


【ヒロインとか】
■綾
誰にでも優しい妹で家事が万能、呼び方は兄さん
両親不在の中一手に家族の面倒を見ています
こんな真面目で優しい子であるが故に
兄に恋している自分に悩んでいます
しかし、このゲームでは大した障害になりません
思いが通じた後は歯止めもきかずにというお話

と言っても、流石に最初は憚られたためか少し変わったプレイを……
まあ、どう見ても、このプレイをしたかっただけだろうね

Hの傾向は清純プレイ……え?


■理央
一番グラマーな妹で性格がしっかりとしている、呼び方は「アニキ」
Hなことに免疫が無くセクハラしてくる兄に対してエルボーを行うが
本当は兄が好きで人一倍乙女チックな想いを募らせたりしている
ケンカから始まり売り言葉に買い言葉で変なプレイに走る、付き合い良いよね
気が緩んだときに見せる素直な言葉が魅力ってやつですね、後軽くメガネ属性

ところで、妹たちはこの兄の何が好きなのか疑問になりますが
それは作品全体を通して明かされることはないので悩むだけ無駄です

傾向は変態プレイ、といっても脇とか足とか髪とか少し特殊なプレイ程度です
スで始まるのとか露出とか過激なのは無いです、そう言うゲームです



■小春
耳年増な妹、オープンな性格で度々誘惑してくる、呼び方は「おにぃ」
隙あらば、周囲を出し抜いて兄とHな事をしようとするが失敗する
誘惑プレイということでHは積極的に小春主導で始まるプレイが多い

関係ないですが電車でのあのプレイは位置関係がおかしい気が
他にも食事の机越しとか、プールとかアクロバティックなプレイが多い
若さと運動能力の高さを活かしたとかそう言う意味でもない気がする



■日和
気が弱い妹、小春とは双子で妹の方、呼び方は「お兄ちゃん」、フキフキ
純真で騙されやすく、とても悪いお兄ちゃんに騙される運命にある
プレイ傾向は羞恥プレイ、理央より変態チックで、マジお兄ちゃん鬼畜
冗談抜きに他ではちょっと(?)Hな兄だったのがかなり変態化しているお話

ハーレムのアレと言いノーマルな呼び方に反して一番上級者向けな妹です


■みちか
読書が趣味で部屋にこもっている無表情な妹、呼び方は「兄さま」
SとMの関係に興味があり、兄をMな人として調教しようとしている
少しほんの知識に頼りすぎる嫌いはあるが、経済感覚などはしっかりしており
両親がいない今、家族の財政を一手に引き受けて管理している
また、勘が鋭く兄や妹の動きなどをある程度把握している様子

プレイ傾向:調教、兄が調教される側です
と言ってもマイルド傾向、でも○○○バンドあるね
本で読んだ知識とテクニックで兄を籠絡しようとする
その傾向からしてちょっとそっちが好きな人向けの娘
脳内彼女とかの妹が好きだと合うかも知れません

やられる毎に落ちていく話しでもなくスキンシップの息は出ないので
暗い結末とかそういうのに分岐することはないですので安心を
逆に物足りないって方もいるかも知れませんが、そう言うゲームです


■ハーレム
一定期間にフラグを満たさないと突入?
取りあえずどうあっても兄妹の関係は越えるらしい
兄が妹以外の女性に興味を持つと危険というお話

日和と小夏×3、綾と理央、理央とみちか、みちかと綾、綾+理央+みちか
1人3回ずつ登場と構成を計っています、しかし1人だけ初めてにならない娘が
そこにかけて日和と小夏2回目はちょっと特殊なプレイで好みが別れるかも知れません



【Hシーン】
綾:14
理央:16
日和:12
小春:11
みちか:12
ハーレム:7

綾と理央はシナリオ中にHシーンの分岐有りで
他のヒロインよりも優遇傾向、一番少ない小春にしても
下手なゲームより余程多いので問題はないかと

ただ、ヒロインによってプレイ傾向が大きく違うので
ヒロインで選ぶかプレイ傾向で選ぶかで印象が大きく違いますね



【全体通して】
難しい部分を排除した非常に解りやすいゲームです
一応各シナリオに山場らしい部分はありますが節目程度で
多分一番問題の兄妹の関係なんて書くことはありません
遠慮はあっても嫉妬要素(自爆はあっても)はほとんど無いので
基本的に落ち着いてニヤニヤできるお話となっています

あくまでHありきなのでヒロインの萌えを重視すると弱いですね
まあ、このタイトルを見て萌えとかシナリオを期待する方も
あまりいないと思いますので欲望の赴くまま楽しめばいいかと

これぐらい欲望に正直で解りやすい作品って大事だなと思います
堅苦しい妹関係に疲れた人にはお勧めできる作品です

このブランドの作品は今後も注目したいですね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。