FC2ブログ

伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

極道の花嫁 体験版 感想

GALACTICAの「極道の花嫁」の体験版感想です
発売は一月末ということで来月の作品です

【プレイ時間】2時間らしい
【Hシーン】なし
【内容】1話と2話


基本平和な深作町で仲間と共に平和に過ごす「極堂院悠一」
名字が怖いなどとからかわれるが、基本的には穏やかな少年である
しかし、何を隠そう、極堂院一家と言えばその筋の人間なら
知らないモノは居ない伝説の極道一家だったのである、と言っても
それは今は昔と言うことで、その跡取りであるはずの悠一ではなく
実際の所、姉である朱鷺子が取り仕切っている状態でした

しかし、最近の極堂院家の支配力が弱まったためか
裏社会が荒れ始めて、様々な問題が生まれ始めていた
それに危機を感じた有力筋の羽二重家の娘、「羽二重朝緋」は
極堂院家の力を取り戻そうと婚約者としてやってくる
そして、同じく極堂院家の筋であるイタリアマフィア
カルディナーレファミリーから「フランチェスカ・カルディナーレ」が
フィアンセを自称してやってきて、周囲が平穏から様変わりしていくことに

■1話
朝緋及びフランチェスカと舞台の紹介など
平和だった町にチンピラが現れ、何度か絡まれるもそれを回避する悠一
その姿を見た朱鷺子とフランチェスカに情けないと言われるが……
そんな時、チンピラが強行手段に出て、悠一のクラスメイト襲う
助けるためにチンピラ達の元に単身乗り込む悠一、ボコボコにされるも意地を見せ
最後は駆けつけた朝緋とフランチェスカが何故か変身して相手を撃退
友人に隠していた家系のことも理解を得て、わだかまりを受けて
また、今回の事件で再興のことを真面目に考えようと、考えを改めrます

後は日本を牛耳ろうとする中国マフィアさんの悪巧みなどが出て引き

■2話
蘇芳院更紗登場の回、悠一を兄と慕う猫かぶり娘です
突然現れた二人に危機感を抱いた更紗は自分がヘッドを務める
暴走族を嗾けて2人に攻撃を仕掛けることにする
最も変身ヒロインの2人に適うことはなく逃亡、更紗自身もあっさり敗北
そこに悠一が駆けつけ、しっかりと事情を話し、更紗も住み込み悠一を
守るということで、一段落、ヘッドを置いて逃げた舎弟も謝罪で一段落
うん、何も解決してないですよね、コレ

■3話
姉の朱鷺子登場、誤解が生じ、いきなり朱鷺子が攻撃を仕掛けた所で終了
本当に導入部だけなのでキャラの紹介などはありません



実質的には2話まで、キャラ紹介にしても中途半端かなと
アニメ形式を意識しているのか、毎回1キャラ登場というテンポが仇でしょうか
最初から登場しているアメリア・カメリアは更に次になりそうですね


【システム】
システム周りは特になし
コンフィグではキャラ別の音声設定があります
音声設定は未登場キャラも書かれているので多少ネタバレ気味

【シナリオ】
舞台がアレなので人を選ぶかも
昔からあつかわれている題材ですので今更ですが

基本は王道の戦うヒロインモノですかね
料理と優しい性格だけが取り柄の主人公が
ヒロイン達に鍛えられどのように成長するのかというところでしょうか



■羽二重朝緋
メインヒロインでしょうか最初から登場してずっと出ています
しゃべり方は特徴的ですが、基本は礼儀正しく良くできた娘
ただ、価値観が他よりずれており(フランにも言えますが)
ちょっと、外を1人で歩かせるには頼りない少女
変身すると髪の毛が赤くなる、変身には突っ込まない方がよい


■フランチェスカ・カルディナーレ
朝緋より遅れてやって来たもう1人のフィアンセ、年下
朝緋が組としての使命感なら、フランはボスの命令の使命感で動いている
性的な知識には疎く人前で裸になるのも特に抵抗はないらしい
朝緋と同じく世間知らず、すぐに銃が出てしまう辺り
日本だからと言い訳がつかないほど世情に疎い
変身してもあまり見た目は変わらない


■蘇芳院更紗
悠一を兄と慕う蘇芳院財閥の娘
表面では財閥の娘として人当たりの良い性格をしている
しかし、猫かぶりで悠一以外には基本的にドライというか暴力的
暴走族のヘッドをして、力で多くのメンバーを押さえ込んでいる
戦闘力としては許嫁二人には後れを取る


■アメリア・メリア
アメリカギャングの殺し屋らしい少女
体験版では毎回登場するモノの本筋には絡まない4話以降の登場か


■極堂院朱鷺子
現在の極堂院を実質束ねる立場にある、悠一の義理の姉
強いらしく、跳ねっ返りの更紗が恐れる程
体験版の最後で登場し、朝緋とフランチェスカを攻撃するが……
出番はほとんど無いが、悠一へのゆがんだ愛情が一部にかいま見られる


【全体通して】
世界観とかノリを知るには十分な体験版でしょうか
個人的に興味のあった朱鷺子とアメリアがまともに紹介されていないので
キャラ紹介としての機能は微妙なところですね

舞台が色々アレですけど、基本的には良くある強いヒロインと
それを受けて成長していく主人公という路線かと思われます
バトルが多いようですが、その描写は少々頼りないかなと
それを求めるような作品でもないでしょうけど、何度も登場するなら
もう少し頑張った演出をして欲しいかなと言うところ

正直、ヒロイン次第って部分はあるのですが解らない所もあるので保留
次の体験版が出たとして、朱鷺子とアメリア次第と言う感じでしょうか

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する