伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クルくる5周目+全体感想

アゼルルート終了

以下、ネタバレ

アゼルは2周目から解放されますがグランド的存在のシナリオではありません
クルくるのシナリオの全貌は見えて、ネタバレ度も高いですが
全ての謎が解き明かされるというワケでもありません
そのあたりは個別ルートで補完するようにと言うことでしょうか
謎と言ってもヒロインを2人ぐらい適当に攻略すれば
後は適当に補完でどうにでもなる話なんですけど

アゼルのシナリオも比較的素直に楽しめる流れかと
あのキャラから徐々にデレていく様を楽しめました
思った以上に隙だらけな娘で、その辺りを愛でる感じですね

後半にリアとアゼルを残したのは正解かもしれません
いえ、キャラ的にはやはりナナカがお薦めですよ
シナリオのスイーツが全部悪いんです、許してあげてください

一応、他より一歩踏み込んだシナリオでもあるアゼルシナリオでは
魔族と天使と人間と魔王の関係についても明確に語られます
その割にはあっさり退場するパスタ、アーディンが泣ける
この際バランス考えずにシンのEX技で全員集合して欲しかったです
ボス達が酷い目に遭う気がしますけど、それもコミで

あと、ナナカルートでは最強の敵と名高いソルティアが酷い扱いだったり
メルファスさんが意味深なこと言うけど結局戦闘に参加しなかったり
念願が叶うバイラスさんが見所で、でも最後はやっぱりあれだったり
魔族方面もフルキャストで動いてくれます、アーディン適当ですが

ラスボスは聖沙パターンです、よって悩みどころはゼロ
スタートダッシュのパーフェクトが必須なのは相変わらずで
パーフェクトでも状況によっては負けることあり
(ex:聖沙だけ先制できても押し戻せず状況が変わりません)
勝率的にはパーフェクト前提で7割ぐらいな気がしますね

逆にメンバー全員が一度目の行動を順調にこなせるなら
ほぼ勝ちは確定すると思います、記録を狙いましょう
一人だけの攻撃でスタンゲージを0にするシンが強すぎます
数回やった感想では一番GODランクを狙いやすい戦闘かと
最後の最後で一番高ランクが安定するのも妙な話ですけどね

あと、シンのEXと追加攻撃に関する話
このメンバーは固定ではなく特定のタイミングで
該当キャラを選択することで増やせるようです
メンバー的には紫央、ヘレナ、リースリング
この3人がいるかいないかで難易度が変わるかもしれません
特にストーカープレイでは絶対的にメンバーが少ないナナカは
難易度がかなり違ってくるかもしれません

ナナカ・リアルート
・11/4ロロット:リースリング加入
・11/9リア:ヘレナ加入
・11/15紫央:紫央加入

ロロット・聖沙ルート
・11/2ヘレナ:ヘレナ加入
・11/8ロロット:リースリット加入
・11/9聖沙:紫央加入


■シナリオとか
さて、全体を見通してですが、小さく纏まったなと言う感じです
長いお話しなんですけど、サプライズもなく、大きな展開もなく
始終まったり、ドタバタいつものペースでお話しが進みます
世界の危機が判明しても、大人、子供関係無しにまったりします

3部構成は

1部がキラフェス終了まで
2部がヒロイン個別直前(12月初旬)まで
3部がエンディングまで

ということだと思うのですけど
正直2回目のOPとヒロインの独白がなければ
気付かないレベルのメリハリかと思います
少なくとも1部と2部は1つにして尺を短くするべきかと

ここまで長々とドタバタを続ける意味はあったのかなと思います
前作のプリっちは個別が犠牲になっていた物の
その辺りのメリハリはきっちり付けていたんですよね
正直、3周目ぐらいからは1~2部は退屈に感じました
スキップもありました、これは私が弱いだけですけど

シナリオ自体は王道の恋愛モノになっているかなと
長いのとファンタジー要素とバトル要素が気になりますけど
これらの恋愛モノ以外の要素も綺麗に混ざっていたのではなく
それはそれ、これはこれという感じになっていたのが
3部だとこの2つが本格的に交わるのですけど
その結果どっちつかずの中途半端になってしまうのですよね
ナナカルート終盤がその辺り非常に顕著だったかと

■戦闘とか
戦闘に関してはPCスペックのまずさがあるのでしょうけど
ロード時間長すぎました、特にボス戦、難易度的に敗北することも多いわけですから
長い読み込み+数度のリトライ、一度の失敗で敗北と、無駄にストレス溜めることも多かったり
前回のキャッシュを残しておいて読み込むというのは、不可能だったんでしょうか?
正直同じ戦闘を続けるときの読み込みを短縮するだけで
戦闘のモチベーションがかなり変わったんですけども
これは5年前のPC使ってる人間の愚痴に過ぎない話ですけど

おもしろさについても悩むところ、前回はルールさえ知っていればほぼ負けず
暗記さえしてしまえばパーフェクト決定の戦いでしたが
今回は明らかに運で負け決定の戦いがNORMALの時点で存在するのが
また、高ランクがやり込み要素の1つであるにもかかわらず
こちらは間違いなく運が絡んでくるのがにんともかんとも

ただ、ルールを覚えることでどうしようもないと思った強敵も
ある程度安定して勝てるようになるバランスは中々見事かと
フラストレーションが一気に開放されるような前回の完封勝ちとは
別ベクトルの爽快感が存在しますね
多分、多くのプレイヤーにとって一周目のラスボスが最強なのでは?

あっさりやりたい人には前作の、しっかりやりこみたい人には今作が
と言う感じですかね、でも、ハードはねえな、ハードはねえよ

■CGとか
あと、CGと回想の少なさは何かのネタでしょうか
CGは一番多いキャラで10枚、回想は水増しなしなら実質2回
エロは1回1回濃い部類と思いますが、このレベルなら
最近の萌ゲーなら普通に見られるレベルですし
回数は実質1キャラ2回程度、前回からのギャップが酷すぎます
他のCGが充実しているわけでもなく……何故こんなに延期したの?

と、そんなところで何だかんだで5人はクリアしました
しかし、楽しんだかなと言われると、スキップもしてしまったり
シナリオよりも実績やバトルのためにやっていた部分があったり
何とも奇妙な楽しみ方をしてしまいました

最初の期待から言うと間違いなく期待はずれ
地雷で怯えていたレベルで考えると思ったより良かった
多分、無名の作品なら良作だったのではという感じです
何もかも大味な作品、凡作以上良作未満と言うところ
ボリュームだけはしっかりあるのえゆっくりと見捨てずプレイできる人なら
楽しめる部分があるのでは?という内容かと思います、CGは無いですが
脇キャラの選択を含めたお遊び要素などは多いようです


お気に入りキャラはナナカ、メリロット、紫央
ナナカは恋愛に破れてこそ魅力の出るキャラクターです
私が潜在的なサドであるからではありません、ありませんったら

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。