伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初音ミク Project DIVA 2nd 感想

去年に発売し好評を得たSEGAの初音ミク Project DIVAの続編です
現在はACでも展開していて、なかなかの人気のようです
そのおかげで未だにプレイ回数が3回という……それはともかく

音楽に合わせて「○△□×」の4ボタンを叩くというシンプル内容だった前作
今作は同時押し、長押しの概念が加わりより「音ゲー」らしくなった感じです
HARDの更に上位難易度EXTREMEも登場しやりごたえが増しました

それにより全体的なゲームの難易度が上昇したような印象を受けますが
前回では多くの人にとって壁だったコレクションの条件はかなり楽になっていますので
音ゲーの要素とミクのファンゲーとしての要素を上手く切り分けているかと思います


【収録曲とか】
ゲームでプレイできる楽曲は46曲+1曲
「+1曲」はチュートリアルだけの内容ですので別枠扱いです
あまり詳しくないのですが、有名曲ばかりとのことです
ミク以外のボーカロイドの曲もしっかりと収録されています
その中にはMEIKOやKAITOの曲の姿もあります

前作の曲が16曲+1と全体の三分の一以上を締めており
譜面がシステムの変更と難易度の追加で一新されているとはいえ
前作やりこみをした人には微妙な構成かも知れません

曲は最初は数曲だけ出現しており、クリアする毎に解禁という
前作と同じパターンになっています、前作の曲も最初は隠されており
新作の曲を解禁する為にもプレイする必要がある仕様です

他にエクストラという枠があり、今後ネットで配信されるのでしょう
前作は「おかわり」「もっと、おかわり」での面倒な追加になってましたが
今回はシステム的に取り込めるようになった雰囲気ですね


【ゲームとか】
主な変更点は
・方向キーも同じように使えるようになった
・同時押しと長押しの概念の追加
・HARDの上位難易度EXTREMEを追加

方向キーは→が○、↑が△、←が□、↓が×とそれぞれ対応しており
それぞれの対応するキーと同じように使うことが出来ます
これにより、早い連打も○と→を交互に押すと言うような感じで
切り抜けられるようになりました、とある曲のほぼ必須のテクです
流石に○のシーケンスを見てすぐに→を押せる人はいないと思うので
意識して使用することで慣れると上達が早まるのではないかと

長押しはボタンを押すときと離すときの2回判定があるシーケンスです
多分、このタイミングを覚えるのが2nd最初の壁ではないかと
他のシーケンスと連続で来るとき、巻き込まれて連続WORSTにもなったり
と、慣れないうちはかなり厄介な存在でした、今も慣れてませんが

同時押しは○+→、△+↑、□+←、×+↓と叩くボタンは固定されています
序盤のサプライズにはなりますが、慣れるとそれ程でもない存在です
ただ、○、△、□、×ではなく方向のシーケンスで出てくるため
慣れないうちは直感性に欠け、複雑な配置だと混乱するかも知れません

EXTREMEはやり込み用の難易度です、前作で物足りなかった人は是非どうぞ
16分が混ざった複雑な配置や○×□△の連続などの上級テクが必要になります
方向キーと交互にたたけるテクがないと厳しい譜面も多々あります
音ゲー慣れしていない人には(慣れていても1曲アレなのが)厳しい難易度ですが
モジュールや部屋用アイテムなどのめぼしいものはHARDクリアまでですので
この上級難易度を無理にプレイする必要はありません

細かいですけど大きな変更点として
メディアインストールが可になったことと判定が改善されたこと
目には余り見えませんが、体感には大きく違う要素になっています
コレで漸く遊べる音ゲーになったかなと思わなくもないですね

また、クリアシステムにも変更点があります
純粋にCOOLとJUSTの数が判定基準となりました
2つの合計だけが基準ですのでJUSTが出まくって高評価がとれます

前回重要だったコンボとCTは実質得点狙いの要素になっており
じゃあCT(チャンスタイム)って名前は何なんだろうって感じですけど
クリアノルマを見えなくするための意地悪ですね(ぇ

前作、珍妙な条件で多くの人を困らせたモジュールなどの解禁は
シンプルになって帰ってきました、これは間違いなく改善点です
一番難しい解禁条件でHARDで全クリアです、GREATを取る必要はありません

ただ、入手にはポイントが必要になり、結局プレイする必要があります
全部欲しがると結構なやりこみ要素なのでがんばってください
前作のモジュール変更を否定するような解禁条件よりマシですけどね
一番楽なのはしてやんよのEXをひたすらプレイするという……



【全体通して】
2ndは1stの正常進化系です、前回の欲しかった部分が大体改善されています
前作問題なく楽しめた人は勿論、後一歩という人にもお勧めできる内容です
ネックなのは収録曲のダブりでしょうか、一部の人にとっては結構重要でしょう

そこを除けばおおむね満足な内容なのですけど、1つだけ
初音ミクの激唱のEXはやって欲しくなかった譜面の典型でした
確かに難易度を上げるにはそれが一番解りやすいんですけどね
個人的には挑戦意欲のわかないタイプの難易度でした
1回2回はギャグとして良いんですけど、繰り返すと笑えない
ただ、親指の筋が笑っているという……クリア出来ない人の愚痴半分です

負け惜しみはともかく、前作が好きな人には間違いなくお勧めです
ミク好きはファンアイテムとして、音ゲー好きでミクに抵抗がないなら
といった感じですかね、純粋にゲームとして良い出来ではないかと思います

やり込み過ぎて親指を痛めつけないように注意しましょうね、本気で

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。