伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クドわふたー 感想

リトルバスターズではなく、クドリャフカのFD

そんなわけでKEYの「クド・わふたー」の感想です

リトルバスターズのヒロイン「能美クドリャフカ」をピックアップした作品で
新キャラとして女性のキャラクターがそれなりに増やされているモノの
言うまでもなく攻略?対象は「クドリャフカ」1人となっています
ただ、選択肢はそれなりに存在して、おなじみのお遊びは勿論
一部の回想回収やエンディングの分岐などが存在します
とはいっても大きく物語が派生する事はなく、基本は一本道です

リトルバスターズで登場した面々は一部、佳奈多とあーちゃん先輩
を除いて名前以外は全くと言っていいほど登場しません
よって、それらの活躍を期待するならば物足りない内容かも知れません
あくまでクドリャフカ好きのための作品とみた方がよいでしょう

エクスタシーに続いてHはありますが、回数はあるものの濃さは……
個別に与えられた枠としては過去最高クラスでありフェチ的なプレイもありますが
元からそっちはクドリャフカを描く上での手段の1つに過ぎない
程度の感じで構えると良いでしょう、良い人には良い内容かも知れませんが

さて、クドリャフカとのゆるい甘々日常を送るこの作品
ずっとベタベタしているわけではなく山場もしっかり用意されています
そんなわけで、1つの作品として纏まっているわけですが
それが「わふたー」に望まれていた事かというのポイントになるかも知れません


以下、ネタバレを含む感想になります




リトルバスターズではなくクドのためのFD
故にリトルバスターズメンバーとの軽快なやりとりを期待すると厳しく
あくまで能美クドリャフカというヒロインが好きな人に向けた作品です
また、ひたすらベタベタする内容ではなくシナリオも用意されており
その部分が吉と出るか凶と出るかについても好みの差が出そうです
メインとなるロケットや宇宙開発に関する話は丁寧に語られているものの
リトルバスターズの派生クド・わふたーに求められた部分かというと……



【システム等】
基本的な機能+前の選択肢に戻る
分岐が少ないゲームですのであまり有効活用するシーンもないかと思います
コンフィグの設定項目も最低限、個別のボイスON/OFF切り替えがあります

二部構成?になっておりWAFTERクリア後、自動的にAFTER編に移ります
AFTER編は序盤はWAFTERに多少の変化を加えた程度で同じように箸が進み
更に後日のお話が描かれたモノとなっています

その多少の変化のために8割方共通のシナリオを読み直すと言う仕様は……
リトルバスターズを意識した部分もあるでしょうし、目的も解るのですが
どうにも水増ししているように思われても仕方ない構成だなと思ったり



【シナリオ】
「WAFTER編」と「AFTER編」の二部構成となっています
AFTER編はWAFTER編のクリア後に登場して、WAFTERのお話の更に後日談となります
しかしAFTER編はスタート地点がWAFTER編と同じであり、WAFTER編のシナリオが
ほぼ語られてしまいます、勿論共通のシーンではスキップが有効となっています

共通と言っても多少展開に差がありますし、それがAFTERで重要なお話でもあります
更にリトルバスターズ!の仕様を考えると意図した演出であると思うのですが
それにしてももう少し何とかならないのかなと思ってしまう構成です

□WAFTER編
ペットボトルロケットと宇宙を夢見る幼い少女の話
クドとのイチャイチャもこちらに集中していますのでイチャラブ目的ならこちら
理樹やクド、佳奈多といった続投のキャラの性格が悉く変わってる気がします
いつものように賑やかな男共を中心としたリトルバスターズのメンバーはおらず
一部の面々が時々話題に出る程度であり、全体的に落ち着いた雰囲気となっています
残っている、クドリャフカと理樹は比較的まともで大人しいメンバーですからね
一応、あーちゃん先輩、氷室憂希が多少盛り上げてくれるのですが、力及ばず

多少、リトルバスターズのノリを受け継ごうとした掛け合いもあるのですけど
長くは続かず、基本的にはほのぼのとした日々を過ごす事になってしまいます
この辺りクドリャフカのキャラクターを気に入らないと厳しい部分ではないかと

話題の中心となるのはペットボトルロケット大会と有月椎菜
話の繋ぎのためにペットボトルロケットを知らない少年となった理樹
作文の書き始めの常套手段じゃないからって感じですが

会話では宇宙開発やロケットに関するお話が結構登場します
表面的な部分でそこまで難しい話ではないので興味があれば
とっかかりにという感じですが、テキストばかりというのは厳しいですね

さて、ロケットのパイロットに憧れる「有月椎菜」の話
宇宙開発については最近色々とタイムリーな話題がありましたね
閑話休題、事実の是非はともかくして小学4年生というのは少々幼すぎる気が
気付いたら遅いとはいうものの小学生の夢……馬鹿には出来ませんが
どうにもその部分が引っかかりました、重要な部分ではないのでしょうけど

ひとまず有月家がある程度の和解を経てお話の決着となるわけですけど
結構な尺を使って語ったペットボトルロケットという存在は空気でしたね
大会にしても、実際に作成されたペットボトルロケットにしても

大会後ひとまず、WAFTER編のエンディングに入ります
一応山場はありましたけど、流石に面食らった瞬間です
スタッフロールの後クドのモノローグがはじまりAFTER編に入ります


□AFTER編
有月家のお話が中心となったWAFTERに対してクドが中心のAFTER
WAFTER終了部までは殆どお話の展開は一緒なのですが
氷室がクドの同室に、宇宙ステーションからクド母登場、理樹が色々頑張る
といったあたりがWAFTERと違います、二週目の些細ですが大きなな変化というのは
リトルバスターズを意識した構成になっていますね
わざわざ入り口を完璧に分ける必要があったのかは少し疑問ですが

ペットボトルロケット大会が終わった後、クドの宇宙への情熱は強くなり
1マイル以上上昇するモデルロケット「マイルハイロケット」の作成を試みようとします
そんなわけでマイルハイロケット制作にかける男達のお話になります、プロジェクトなんとか

私事ですがロボコンとか過去に携わった身としては、何となく思い出す部分もあり
そして次に思い出すのがこのゲームは何のゲームだっけと言う事なのですけど
ちょっとしたつまづきはあるモノの何とかマイルハイロケットの挑戦は成功します
ちなみにプロジェクト何とかは挑戦者達以上に成功者達であることが大事なんだよ

そして、興奮もさめやらぬ時に、宇宙ステーションで事故が起きます
丁寧ではあるものの相変わらず図が欲しい説明が行われます
要はクドの母が危険な状態に置かれてしまっているという事

そんな危機的状況にいる母に対して無力であるクド達
1人で突っ走り大きな失敗をしてしまうも、氷室の協力を得て
活路を見いだし、たくさんの仲間と協力しながら奇跡を起こします
リトルバスターズの時の用に何かしてあげたくても何も出来ない状態
というのは共通していますが、奇跡の起こし方は非常に対称的でした
リトルバスターズのアレがあるからこそと言う気もしますが少し意識しすぎでしょうか

後、通信でのクド母のメッセージからの流れは定番ですがツボに来ましたね
非常にご都合的な部分もありますが、やはりこういうのが好きです


【Hとか】
クドのみ15枠、個人の数は抜きゲー並みですが、濃さは平均を大きくした廻ります
妄想で氷室さんとのシーンもあり、数クリックといわずとも十数クリックで終わりますが
イチャイチャを表現する一つの手段としては役立っていますけど
H目的なら正直……このあたりはエクスタシーから変わってませんが
多少フェチが入っているシーンもあるので、妄想で補えば悪くないかも


【全体通して】
展開がかなり強引で不評だった本編のクドシナリオを大胆に
書き直しましたというのがクド・わふたーという作品ではないかと
端折り過ぎだった本編の個別シナリオに対して説明が丁寧なわふたー
クドのキャラが好きだったけどシナリオが物足りなかった
納得できなかった方に向けた作品となっていると思いました

ただ、問題点はコレが丸ごと一本個別シナリオであるということ
リトルバスターズでは個別となったとき、他のキャラとの馬鹿騒ぎが沈静化して
寂しさあるいは退屈さ的なモノを感じる場面がいくつかあったのですが
まるまる個別のコレはそれがずっと続くような感じがしました

宇宙開発は砕いているとはいえ、専門分野の話を絵もなく諾々と書くのはどうかと
丁寧に調べられたせっかくの知識もテキストで垂れ流されるだけではどうも退屈です
お話を盛り上げるのに役立てばいいですが、そうであるとは思いませんし
興味がある分野でもあるのでとっかかりとしては良いのかも知れませんが
実際、そう言った情報が気になるならこういった作品である必要もないですしね
クドはそう言った設定があるキャラとはいえ趣味で走っているなという印象です

「WAFTER」も「AFTER」もシナリオの終盤ともなればKEYの王道的な進行で
AFTERはリトルバスターズの個別と考えれば個人的にかなり上位の部類に入る終わり方です
リトルバスターズのクドリャフカシナリオで物足りないと感じた身としては
漸くお話が完結したなと言う気がしないでもないです、姉御より後になりましたね

そのシナリオはともかくとして日常シーンは全体的に大人しくなっています
日常描写のキャラ同士の掛け合いもブランドのウリの1つだと思う身として
作品全体を見ると「クド・わふたー」はどうも物足りないと感じました

この辺りクドリャフカのアフターでありリトルバスターズのアフターではない
と納得するべき所なのでしょうけども、それにしても大人の事情か
メンバーの影すら見えないのは逆に不自然きわまりないのですよね
最後のシーンなんてそれこそメンバーが協力するべきシーンだと思うのですけど
リトルバスターズのあの世界ではないのでしょうけど、大差がない閉鎖感です


タイトル通り、リトルバスターズのアフターではなく、クドのアフターとして見るべき作品
しかし、どちらかというとその世界観とキャラを拝借した宇宙をテーマにした新作
とした方がしっくり来るかなと思わなくもない内容になっていました(売り上げはともかく)

といっても、日常を読み進めていくのはクドありきの部分もあったので
このシナリオだけで独立した作品にするのは厳しいかなと思わなくもないです
リトルバスターズの1シナリオだったらクドシナリオを好きになっていたでしょうが
しかし、クドだけの一作品として考えるとどうにも物足りなく感じるモノでした
ボリューム的な面でいれば廉価ながら結構なモノなのですけどね



そんな感じで、クドが好きでリトバのシナリオが不満な人には良い作品なのではと思います
なんだかんだリトルバスターズとして不満もありますが単品としては結構満足しています

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。