伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アッチむいて恋 感想

戦女神が漸く終章です……

ASa Project
の「アッチむいて恋」の感想です


ゲームとしては普通のADVです、共通で選択した内容から個別に分岐します
共通ルートは選択肢に対してレスポンスが薄いモノが多いため
個別ルートに分岐するまで誰シナリオに向かっているのか解り難いのが難点
ヒロインは5人、シナリオの長短に少し差がありますが平等な扱いがされているかと

内容は今となっては立派な一ジャンルとなった感のある女装モノ
お嬢様学園で「ごきげんよう」なパターンが多い中でちょっと変わったこのお話
学園では普通の男子学生として生活し、寮では女子学生として生活します

だからといってプライベートの女性のだらしない部分を覗くのではなく
学園では見せない本音の部分を寮生活で見てしまおうといったアプローチです
よって、女装モノですが、あまりそちら方面で期待すると弱いかも知れません
ある程度女装モノならではの展開というのはありますけども

そんな感じで、女装した主人公が可愛いというお決まりはあるモノの
女装モノならではの萌えやフェチ的要素はかなり弱い部分があり
あくまでコメディを書く道具として使われている作品になっています

また、ライターが2人いるためか、個別の展開はざっくり2つに分かれます
コメディ色が強い展開とヒロインとの関係に障害生じる王道系です
体験版のノリが好きなら前者はともかく後者は少し肩透かしかも知れません


以下、ネタバレを含む感想?





学園では男子、寮では女装という二面生活がウリの作品
女装という要素はあくまで女子寮で生活するための手段であり
また、作品としてもヒロインのプライベートを覗く手段であるため
女装モノにある王道的な展開を期待すると肩すかしを受けるかもしれません
また、二面生活にしても上手く機能している場面とそうでない場面
どちらも見受けられるため、作品の狙いとして成功しているかは疑問です
どちらかというと、ヒロインと気兼ねない軽快な掛け合いがあります
共通ルートのコメディ部分こそ一番のウリかも知れません




田舎での生活に憧れ、単身田舎の「春咲学園」に編入した「鳴海浩介」
しかし、学園に来てみると入居する予定だった寮は手違いで空いおらず
苦肉の策として学園長に紹介された「春咲第三女子寮」へ入居し
その場の勢いで決まった「干支名真恵」という名の女子として生活し
学園でのみ男子学生の鳴海浩介として授業を受けるする二重生活が始まります
果たしてこの無茶で無謀な試み、破綻せず生活していけるのでしょうか?



【システムとか】
最低限のシステムは揃っています+αとしてキャラ別音声
気のせいかパッチ当てる前までは既読未読のスキップ切り替えが
出来なかった気がします、とりあえずパッチは充てましょう
後、どうでも良いですが一括表示が「一活表示」と誤字っています

選択肢は数がそれ程ありません、微妙に効果が解りにくいタイプかと
半分ぐらいの選択は妹の「ルナ」からどんなタイプが好みか聞かれます
背の高さ、髪の長さ、胸の大きさ、どんなタイプの声(声優)が好みか?

正直この選択肢は解り易いようで解り難いかなと、思いました
ツインテール3人いるし、胸の大きさが手のひらサイズとか立ち絵では解りません
あと、声優に熱心でもないので声優の名前を列挙されても解りません
選択しても、直後のレスポンスがないのも効果が解りにくい要因かなと


【ヒロインとか】
■成沢美奈子
ツインで巨乳で松○理沙なヒロイン
天然で大食いで画伯なボケ担当で家事担当
メインっぽい立ち位置にあり、シナリオも女装モノならではの王道展開
山場といえる部分も二段階有り、シナリオ的には優遇されている印象
朱との問題、女装がばれたときの問題、重要な部分は詰め込まれた感じです
ただ、シリアス寄りになってしまい、逢瀬の尺が減るのが痛いところです

朱との対立イベントは朱シナリオとどちらが先かで印象が大きく違います
とりあえず朱から先に見ると生暖かい目でしか見ることが出来ません

女装バレからの擦れ違いは、解決する方法が明らかに見えているので
……そもそも、さっさと理事長が説明に入ればそこで終わった話ですし
拗れても、なんだかなと言う気がしないでもなかったです
冷静に話し合えばそこでシナリオ終了ですよ、と誰かが言っていた気がします



■織場朱
多分このヒロインのためにある設定ではないかと思う二重生活
真恵には優しく浩介には厳しいというか一方的に毛嫌いしてきます
その態度を取られて浩介自身も苦手意識を持って避けることに、
しかし、ふとしたきっかけで2人の関係が近づいていき……

結局、朱が都会の男を嫌った理由が非常にくだらないモノなのですが
逆にこの作品らしいと受け止めてしまったり
ただ、美奈子を先にプレイしていると微妙な気持ちになりますね
これが逆だと温かい目で見られるかもしれません

終盤の山場もくだらないのですけど、変に深刻な話ならず
最後まで馬鹿な感じでやってくれたのは個人的に好感触です
作品に一番期待したタイプのシナリオがこういうのだったのもありますが


■八乙女優由
始終ハイテンションで、ヒロインながら汚れ役すらこなす後輩
男子学生として生活する浩介に一目惚れして、アタックを仕掛けてきます
そのアタックはどこかピントがずれていて、猫かぶりも上手いと言えず
端から見れば、女子寮から見ても本気なのかおふざけなのかも解らない
個別ルートでなければネタキャラの域を脱しない感じがする優由
しかし、彼女の想いはふざけている様に見えて実に真剣でというところ

学園と女子寮の両方を知るからこそ解る、優由の良さといいましょうか
それをフォローするメテ男も良いキャラしてましたね
サブキャラとしては名前以外ちょっと影が薄いですけど
あまり気に入ることがないタイプのヒロインではないのですが
このヒロインは普通にお気に入りのキャラになりました、意外な伏兵でしたね


■柊かぐや
関係者以外で、初めて真恵=浩介の正体気付く先輩
被服部でモデルとなることを条件として黙ってくれることに
そんなわけで、基本的にシナリオのテーマから外れる感じです

浩介を男性として意識し始めるかぐやの件は非常に良かったです
後はかぐやの過去に関連する話で何なりとという感じです
シナリオとしては王道どころですが、テーマを考えるとうーんというところ
個人的にはもうちょっとはっちゃけて暴走して欲しかったところです

どうでも良いですが、あの体勢で人は背負えないと思います


■鳴海ルナ
兄を慕う妹、兄に会いたくて寮にやってきて、その姿に驚くも現状を把握し
真恵の妹、「干支名ルナ」として寮に住み着くことになります

始めから正体を知るヒロインその2ということで男性バレの問題はゼロ
ということで完全に、兄を異性として意識する妹と鈍感な兄という図式に

そもそもは、異性(優由)と近づきすぎて正体がばれやすくなるのを防ぐ
というために恋人ごっこをすることから、ややこしい関係に至るのですが
王道も王道なのですが、作品としての設定がほぼ関係ないお話になってます


■千歳杏樹
定番である下手な女性よりよほど女性らしい男性
同じ寮に住む先輩で事情を知るものとして、フォローしてくれます
場合によっては良きアドバイザーとして活躍する部分もありますが
全体的に見ればちょっと影が薄かったという印象です
ある意味、無敵キャラですので便利に扱わない方が良いのでしょうが
因みに攻略対象ではありませんので、悪しからず


【Hとか】
一人3シーンずつ
あとはコスチュームを変え、場所を変えと言うところ
多少マニアックな体勢のプレイもあります
ノルマなのか1キャラ事に女装姿でのHが一回ずつあります

無茶な体勢を描く故か、一部変な体勢の部分があったり
あと妙に胸が光っているのが気になりました、どうでも良いですが


【全体通して】

共通ルートの前半部分は非常に楽しめました
かぐや先輩の話が強くなった辺りで多少中だるみがあったモノの
個別の朱、優由シナリオでは再びその流れが戻ってきて良かったです

朱と優由はキャラとお話含めてお気に入りです
体験版のノリが気に入ったならアリではないかと思います
他の3人はシナリオとしてシリアスに寄りすぎたかなと
そのうち2人はあまり作品のテーマに沿っていない話でしたし
テーマを活かしたコメディを期待した私としては少し弱かったですね

コメディ寄りにするかしっかりとシナリオを書くかは善し悪しですが
コメディ寄りにしてもしっかりとしたシナリオが書ける場合はあるでしょうが
複数ライターにしても個人的にはどちらかに徹底して欲しかったなと思いました

なんだかんだと言いながら自分の期待した通りに楽しめた
ヒロインとシナリオがあったので満足はしております

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

×作品らしい当家止めてしまったり
○作品らしいと受け止めてしまったり

×ふざけている用に見えて
○ふざけている様に見えて

×メテ男
○メテオ

×好きに慣れたタイプ
○好きになれたタイプ

×関係者以外で、始めて真恵=
○関係者以外で、初めて真恵=

とおりすがり | URL | 2010-05-20(Thu)07:29 [編集]


Re: タイトルなし

> ×作品らしい当家止めてしまったり
> ○作品らしいと受け止めてしまったり
>
> ×ふざけている用に見えて
> ○ふざけている様に見えて
>
> ×メテ男
> ○メテオ
>
> ×好きに慣れたタイプ
> ○好きになれたタイプ
>
> ×関係者以外で、始めて真恵=
> ○関係者以外で、初めて真恵=
ご指摘ありがとうございます
誤字を指摘しておきながら自分は誤字だらけなのは酷いですね
指摘部分含めて全面的に修正させていただくつもりですが1つだけ

「メテ男」については故意の表記です

こういう事の為にも出来るだけ誤字は減らすべきなんですけどね

RmG | URL | 2010-05-20(Thu)22:16 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。