伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

星空のメモリア Eternal Heart 感想

そんなわけで漸く今年の一発目になります
去年3月末に発売されたFAVORITEの作品である「星空のメモリア」
そのファンディスクである「Eternal Heart」が11月に発表されたと思えば
1月末に発売となかなかのハイペースでやってきました

バルドについてもそうですけど続編的な位置づけなら、ある程度早いほうが良いですね
ただ、用意が良いと作為的なものを感じずにはいられないのも確かですけど
流石に発売日に大好評発売中とか書くのはどうかなと思う今日この頃です
閑話休題、そんなわけで、ファンディスクでして、前作のプレイヤー前提の作品です

前作の感想についてはこちらで語っていたりしています
年末は良かった作品として語っていますけど、あまり褒めてないです
何故だったかなと考えていたのですが、FDをプレイして思い出しました




さて、本題のFAVORITEの「星空のメモリア Eternal Heart」です
前作人気の高かった2人のアフターストーリーと
ヒロイン5人の1時間程度のショートストーリーで構成されており
それ以外の遊び要素はほとんど存在しません
良くも悪くも本編の延長上のような作品になっています

えちぃもメイン2人以外は例外を除いて基本一回ずつ
あのサブキャラクターとも……というサプライズはありません

FDにありがちなお祭り的内容を期待すると弱いかも知れません
ただ、星空のメモリアのFDと考えると十分な内容はあるかなと思います


修正パッチを当てないと環境によっては音声が再生できないようです
ズバリその環境でした、セーブデータは引き継げないので早めに当てましょう


以下には、もう少し踏み込んだ(?)感想を
ネタバレになる可能性もあるので、例によっていつもの処置を



良くも悪くも本編「星空のメモリア」の延長上といった印象を受けるファンディスク
星空のメモリアだけでは何か足りなかった人に向けての作品としては良いものかと
どちらかというと本編で足りなかったものを補う面が強いのでプラスαは弱い気もします
よってFDならではのお祭りや大盤振る舞いを望むと少々パンチに欠けるところがあります
逆に言えば作風を崩すことなくしっかりと星空のメモリアの世界が描かれていますので
作品の雰囲気が好きな方ならすんなりと受け入れられる内容となっているでしょう




夢アフターシナリオが全編を通してのグランドのような立ち位置のシナリオを兼ね
メアアフターシナリオが星天宮の補完シナリオの役割を果たしているのかなという印象ですね
話の時期的には内容的に「メア→夢」の方が自然な流れのような気がします
何事もなく馴染んでいるあの子を見ると少々面食らってしまいますので

星天宮を補完したが為にメアはヒロイン的に少々不遇のような気がしないでもないです
立ち位置のおかげで他のシナリオでは目立てない存在になっていますし
夢シナリオは変則的ですけど登場していますが、やはり別キャラですし

アフターシナリオの尺としては個別シナリオ程度でしょうか、結構な長さですね
よって、ただイチャイチャするだけではとどまらずなんだかんだでこじれてしまう
相変わらずゆっくりとイチャイチャ出来ない部分もあるのが個人的に残念だったり

シナリオ自体は大仕掛けという事でもなく、本編から引っ張ったあの娘にしても
予想の範疇でサプライズらしいサプライズはないです、これも本編通りと言えばその通り
丁寧に書かれるが故に下手なだましを作る事も出来ないって面もあるのでしょうが

登場キャラの多くが察しが良く、気遣うが故に逆にこじれてしまうと言う流れも
各キャラクターのキャラ付けのために書かれている気がするお約束ギャグの連発も含め
あのヒロインがいると言う以上に作品を触って「星空のメモリア」だと言う感じがします
良くも悪くもですね、個人的に良かった点も悪かった点もそのままでしたので

この2つのアフターは1つのシナリオにいろんな要素を詰め込みすぎてるかなという
気がしなくもないです、プレイヤーとしては気になるところですし補完は大いに助かるのですが
もう少し他のヒロインに分散しても良いのではないかなと思ったり

なんだかなんだと言っていますが、FDとして何か問題があるかというと特に不満はなく
個人的に欲しい要素は大体そろっているかなと思う次第です
あえて言うなら他のヒロインにもう少しだけと言う感じですかね
人気投票って残酷だなぁと思う今日この頃なのでした

因みに、ショートストーリーをプレイできる状態になったとき(最初はロック状態です)
どのヒロインをプレイするかなと迷ったとき、実はこの作品で特にこの娘というのが
いなかった事に気づきました、平均的にみんな好きなのですけど特別がいなかったのですね
あえてと考えると一番素直にイチャイチャできた「姫榊こさめ」になるのですけどね

そんな私のふぁぼりてのこさめさんは相変わらずの裸キャラでした、狙ってるな、これは

【えちぃ】
夢3回、メア2回、他ヒロインは一回ずつ
こももシナリオで姉妹でのおまけがありというところ
特殊コスチュームをつかったプレイが多めですね
正直メア近辺はちょっと犯罪はいってると思います、この一族はダメダメだわ


【まとめ】
本編から何一つ変わらず、星空のメモリアと言う感じでした
声優が違うんですっけ?それはともかくファンディスク的な文法であまり書かれておらず
「追加ディスク」とか「補完ディスク」とか「プラス」とか言った方がしっくり来るかも知れません
作品的に容赦なく本編プレイ大前提の優しくない作品でもあるので
本編が何となく気になったからこっちに手を出そうというのは少々無謀ですかね
良くも悪くも本編のノリがそのまま持ってこられているので
本編のシナリオでの得手不得手はそのまま反映されますので注意の程を

コストパフォーマンス的にはこんなものかなと言うところですけど
メアと夢以外は正直おまけ的な部分もあるので他のヒロイン1人目当て
というのは少々厳しい内容かも知れません、この辺りFDのサガですね

作品としてはしっかり作られていると思いますので
FD故の手抜きをおそれている人は安心して良いと思います
本編が好きで、もっと楽しみたい人にはお勧めできる作品でしょう

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。