FC2ブログ

伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

エヴォリミット 体験版 感想

「初みくじ」の「じ」が隠れて「初みく」に見えましたた
それはともかくとして、今年もよろしくお願いします

かぐやの新チームに微妙に期待して、今年もがんばろうかと


さて、propellerの新作「エヴォリミット」の体験版感想です
今回はメインヒロインと攻略できるヒロインをあらかじめ開示してますね
……攻略できるんですよね?


【プレイ時間】2時間
【えちぃなど】なし(パンチラぐらい)
【内容】物語の導入部

何者かと対峙する2人の少年少女達の記憶が断片的に描かれます
場面は映り、医療室で少年が目をさまします
目の前には「鷹星カズナ」と名乗る同年代の少女
彼女との会話で自分が記憶を失っていることに気付く
カズナによって名前「不知火義一」と言う名前だと知らされる

義一と同時期に目覚めた少女「一条雫」と共に
カズナからこの世界は義一達が生きていた時間とは大きく変容している
ということを知らされる、その一つが「パッチ」という石の存在

人々はパッチという石の恩恵を得て超人的な身体能力と特殊な能力を得ていること
更に、今は義一達が生きていた時代から100年経った2140年であることが知らされる
パッチによって大きく変容してしまった世界の様相に対して2人は戸惑います

場面は映って、義一がいる街は離れた荒野
軍部の部長であるリーティアがバルバロイという機械の軍団を迎えていました
100年前から何度となく進攻してくる敵をパッチの力で排除してきているとのこと
しかし、義一達が目覚めた影響か、100年間全く手段を変えてこなかった
バルバロイとの戦いの最中に人間と思しき存在を確認します
暗雲は立ちこめるモノの体験版の範囲ではこれ以上語られることもなく

場面は戻って義一と雫はカズナの言ったパッチ以外の変容について考えていました
それは普通なら2人が気付くべき事で、解っているなら質問するはずとのことで
パッチ以上に、疑問に思うことはあるのだろうかと悩むことになります

考える中で気付いたこととして、義一の生活する街から機械が消えていることや
街が新しい割に、建築様式が中世のような古さがあるこことなどに気付きます
バルバロイの存在を知り、街に機械が無い理由を知りますが、それが変容ではないとのこと

カズナに図書館へ連れてこられ、そこで地理と歴史について雫と調べ
完全ではないモノの記憶を思い出します、カズナの言う変容もそこに含まれていました
彼らが語る記憶の内容や変容についてはプレイヤー側に情報が少ないモノの
それは今後明らかになっていくのかなと言うところで体験版の終了します

完全にエヴォリミットの世界観を説明するのに徹していますね
バトルものに発展していきそうな予感もしますけど、この時点では
バルバロイという機械を相手に圧倒している程度のモノになっています
ヒロインのキャラクターはある程度掴めるモノのヒロインとしての活躍は
これからの話になっていくのではないかなと思います

このパターンだともう少しお話しを進めた第二弾があるのではないかと
こう言うのに限って存在しないというパターンもまたありますけどね


【えちぃとか】
ないよ、うん、パンチらぐらい、露出もほとんど無し
まあ、えちぃとか期待してここには手を出さないですけどね


【気になった点】
ヒロインの髪が硬そうです、いえ、個人的な好みです


【購入検討】
パッチの存在からして、能力バトルものとなりそうですが
と言いましても現時点では導入部分だけなので何とも言えず
ヒロインは悪くないと思いつつもそれ程強く惹かれる程でもなく
十分に期待しつつも、今後の情報次第かなと言う感じです

発売日すら良くわかってないので、以降の情報に期待します

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する