伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スズノネセブン SWEET LOVERS CONCERTO 感想

構成が構成なので簡潔に行きます

クロシェットより発売されました「スズノネセブン SWEET LOVERS CONCERTO」の感想です
この作品は1月に同ブランドより発売された「スズノネセブン」の続編です
ファンディスクではなく続編ですってことでお値段はほぼフルプライスです
初回限定版はともかくとして、通常版とは値段の差異がありません

内容はメインヒロイン4人のアフターストーリーと
人気だったサブヒロインの4人によるアナザーシナリオ
これにより、作品中に登場したヒロイン全員がカバーされました
ある意味ファンサービスにとんだ作品といえるかも知れません

ゲームはシンプルに8人のヒロインの選択から始まります
お目当てのヒロインを選択すると、シナリオが開始します
以降は選択肢はなくそのままエンディングへという感じです

メインヒロイン勢4人は本編で恋愛イベントは終わっていますので
シナリオ的にはイチャイチャする後日談的なモノになっています
一方サブヒロイン勢は付き合う前の状態なワケですから
恋愛の過程が性急ではあるモノのきちんと描かれます

シナリオの尺としてはどのキャラもメインもサブも差異がありません
普通に読んで1.5~2時間程度というところでしょう
えちぃについても平等で1人2回ずつ、一応、1人例外はありますが

ライターは8人います単純に考えて、1人1キャラを担当ですかね
個人的にそこまで、差を感じるほど癖の強いライターはいなかった印象
少なくともメイン勢は前作に引き続いた担当であると思われるため
そこまで大きな違和感を覚える事はないかと思います


他には共通ルートまでが見られるモードがありますが
ゲームの内容的には上記の8人のシナリオを見る事以外にはすることがありません
その構成の是非はともかく全ヒロイン見た後、特に何のレスポンスもないため
達成感がないと言いますか、終わったのを実感しにくい作品だと思いました


【まとめ】
ファンディスクとは言っていませんがファンディスクでしょう
ファンディスクにありがちな遊び心というのは皆無ですし
構成は非常にシンプルであるため他と毛色は違いますけど
続編と言われても首をかしげますね

一番イメージしやすいのがノベライズをまとめて読んだ感覚ですかね
人気美少女ゲームのノベライズ!とかいうのをヒロイン分出されて
それを一つにまとめて出された感じです、ゲームという感覚は非常に薄いです

他のFDの話になりますけど「プリ☆さら」の感想で言及した欲しいFDの用件としては
こちらの方がよほど満たしているのですけど、やはり全体的に物足りなさが少し
いつもは余計な付加価値はいらないからファンサービスしてくれと思うのですが
こうなってしまうと逆にものたりないような気もするのですね、不思議なモノです
最後にご都合主義的なハーレムでも出てきたら作品が締まったような……

あくまでFDとして考えると1.5~2時間×8ですから少なく見積もっても10時間は楽しめるわけで
しかし、シンプルすぎる構成故に物足りなさを感じてしまう内容になっていますね
FDじゃないという言及通り、FD補正が掛かりにくいと言いますか、フルプライスですし

この作品自体は別にあからさまな欠点は無かったかと
元の値段を考えるとCGなりボリュームはかなりのネックですけど
スズノネセブンが好きで、ヒロインともっとイチャイチャしたい!とか、
サブヒロインとのシナリオが見たい!って方には悪くない内容かと思います

ファンディスクとしてみるとシンプルな構成であるモノのヒロインのフォローは悪くない
ファンディスクとしてみないとボリューム不足が目立つ作品と言うところでしょうか
ファンアイテムをある程度了承できる方には何ら問題ない作品かと

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。