伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ひだまりバスケット 体験版 感想

村正2ルート完了、これで半分ぐらいですかねぇ

さて、12月末というのは一年の締めという事で
美少女ゲーム納めとしても良い締めとなることを願っているのですが
最近の個人的統計では、どうにもぱっとしない月でもあります

何かと入り用の年末年始ですので、ないほうが良いのかもしれませんが
最後を派手に終えたいと思うのもまた信条でありまして……
幸福な年末年始を迎えるための選定作業が今始まろうとしています

eufonieの「ひだまりバスケット」体験版の感想です

ゲームは普通のADV、体験版としては最初のヒロイン選択まで
そして、選択したヒロインと一日を過ごして、体験版は終了します
一部のヒロインとしてはこの時点で、かなり核心に迫っているモノも

といっても体験版が長いわけではなく、展開が早いと言うべきでしょうか
これが、体験版の特殊仕様なのか、実はそれほど重要なイベントでないのか
判断はつきかねますが、少々警戒が必要かなと言う性急さです

体験版終了後はEXTRAとしてかすがのえちぃイベントが閲覧可能に


正直、書くべきか書かざるべきか悩みました
あまり好意的ではない感想になっています
それを覚悟した上で以下の感想を見てください


「仲神啓人」は幼なじみの「湊深美」と共に至って平凡な学園生活を送っていた
しかし、妹の「仲神かすが」が留学から帰国してきた事で事態は一変してしまう
啓人を慕うかすが、過剰なまでのスキンシップの末のよりによっての場面を
潔癖性の母親「仲神はるひ」に見られ、啓人は学園寮に住まわされる事になる

悪名高い面々が住んでいると言われる寮によこされた啓人
そこにいるメンバーは例外を除き噂に違わぬ問題児ばかりであった
妹と、寮生達の行動に振り回される事になる啓人
彼が望む平和な生活は果たしてやってくるのか?

【システム】
特筆する事もなく、標準的なシステム周りになっています
セーブ、ロード、クイックセーブ/ロード、スキップ、バックログ、オートモード
コンフィグはそこそこに、細かい設定が出来るようになっています
プレイする上で支障になるような要素はないかと思われます


【全体を通して】
とりあえず人を選ぶ作品であると思います、私は選ばれませんでした
シナリオがというより個性的なキャラクター達にですが
かすがの爆弾発言に由来し、多少の自爆もあって、全ての矛先は啓人に
そんなわけで、色々な場面で、言われたい放題というのが大まかな流れ

メインキャラもサブキャラも関係なしに周りは敵だらけ、四面楚歌状態
そんな中、唯一、話が通じる理解者である幼なじみの「湊深美」に癒される
これは深美のプロモーションなんだなと、確信しました

特に、メインでもある「仲神かすが」「代田瞳子」の2名は厳しいです
「仲神かすが」は、自分の欲望に正直で、周りの迷惑を顧みないキャラ
「代田瞳子」は、立ち振る舞いが比喩でもなく性質の悪い「番長」キャラ
この2人は物語において強者であり特に何の咎めも受ける事はなく
対して、啓人は多くの場合過失が無いながら周囲からひたすら批判を受けます
お約束といえばお約束ですが、もう少し納得のいく流れにして欲しいところでした

勿論ヒロインとして、個別イベントなりを見れば魅力のあるキャラだと思いますし
攻略してしまえば、ギャップなどと相まって良いキャラになるのかもしれません
かすがはそういう面で可愛い面も幾ばくかあるのですが代田さんは……
体験版の終盤になればヒロインの兆候も見えるので……その辺りは個人の判断で

「湊深美」はその中で逆に浮くぐらいの良識的なヒロインとなっています
「古泉繭」は2人と同じく啓人を責める人間ですがこれは良くいるタイプといったところ
正直、上記2人含めて、個人の好みの範囲に収まるかどうかという問題だと思います
気になる方は体験版を以て判断のほどをといったところでしょうか

キャラの話はそこまでとして、シナリオについて少し
序盤の「かすが」の優遇具合から、かすがありきのシナリオと思ったのですが
どうも、影響されそうなのは幼なじみの深美とかすが自身ぐらいでしょうか
他の2人についてはまた独自のシナリオが展開されそうな感じです、多分

啓人は出来る限り波風を立てないように動いているという描写が見受けられます
自爆体質キャラの逆と言いましょうか、良くある自爆体質キャラを意識して
それを避けているような描写がいくつも見られます、変におびえているようにも見え
この辺りもシナリオで関わってくるのかと言うところ、……関わってこないかも

良くも悪くもキャラの強烈さこそ目立ったモノの全体の流れなどは至極普通です
気になると言えば、深美とかすがに見られる展開の性急さでしょうか
ボリュームや、急展開故の以降の引き延ばし展開が怖いところでしょうか


【まとめ】
何度か語ったとおり、個人的にあわないヒロインがいたところ
対してシナリオにそこまで惹かれる要素がなかったところから
12月勢では正直、ない部類というのが現在の印象でしょうか

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。