伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

幼なじみは大統領 感想

SIRIUS一回だけさわってきました
近所は200円地帯なので、一度だけ

数多くの微妙なゲームセンターより
ただ一つの良環境ゲームセンターですね

こと、DDRについては地元のホームの環境を超えるのが
全国的にも稀だったりするのである程度は我慢しますけど
休憩用のいすとか、熱対策の扇風機とか言いませんとも、ええ

IIDXの稼働時100円ぐらいは、もう常識と思っているだけに
200円だらけというのはカルチャーショック、都会なのに逆の意味で

かずあそび→ beatchic☆仮面~好き、でいさせて~
 →she is my wife→ Raison d'être~交差する宿命~
ハードで4曲目でガシャーン、階段適当に捌きすぎていたと、言い訳
正直引退の時期かなって感じです、EMPRESSのプレイ回数確か30台だし




さて、本題のAlcotは「幼なじみは大統領」の感想です
タイトルからしてトンデモで設定あわせるとほぼ無敵のこの作品
実際プレイしてみると……なんといいますかヒジョーに疲れる作品でした

ゲームは選択肢の非常に少ないADVで、アニメなどを意識した話数形式
といっても雪乃、イリーナが全4話、蘭、エルが3話と話数分けの必要性が……
攻略対象は逃げも隠れもせず4人でハーレム、サブとのえちぃもなし
全編、パロディ(?)がちりばめられた超ハイテンション作品です
非常に人を選ぶので購入などは体験版で空気を感じましょう
ここで少しでもキツイと思えば正直……

さて、ネタバレ?を含む感想はいつも通りの対処で


【あらすじ】
朝起きたら隣がホワイトハウス、そこに住む幼なじみの「桜濱雪乃」が大統領
主人公の「本堂純一郎」が副大統領になってました
それ以外にも政府の偉い人だいたい友達とばかりの異常な状況
しかし、それを異常と思っているのは純一郎だけらしい

いきなり出てきた宇宙人(耳がとんがっているから本物!QED)に
ミスで新本がむちゃくちゃになったからその場しのぎでこうしたとのこと
何故か無事である純一郎の記憶を遣ってこの世界を元に戻すけど
しばらく時間が掛かるからその間何とかしておいてね!

だいたいそんな感じ


【システム】
プレイする上では特に問題もなく、コンフィグも最低限
セーブ、ロード、オート、バックログ、スキップ程度
CONTINUEは最近流行の前回の続きから機能です

システムは右下にマウスを持って行くと表示されるタイプ
アイコンが小さめで、気づかない人はなかなか気づかない気も
一応「ロック」をすれば常時表示できますけど、微妙な設定ですね

ある程度シナリオ進めると、GAME STARTで何話から始めるか選択可能
別に分岐らしい分岐は攻略ヒロイン以外にほとんど存在せず
話数の切り方が非常に大ざっぱなので使い所は悩むところです
選択肢毎にセーブする方には下手をすればお目にかかれないシステムです

攻略は雪乃→イリーナ→蘭→エルの順に選択肢が登場します
その選択肢時に色よい返答をすると、そのヒロインのルートが決定
以後の選択肢は一切なくなります、全部はぐらかすとBAD ENDです

1話が体験版部で共通ルート、2話以降が個別ルートになっています
正直ボリューム不足かなと思う部分もあったり
これ以上長くても耐えられたかと言われると微妙なところですが


【シナリオ】
ライターはシナリオの進行以外はパロディか下ネタかオタネタ
以外は書いてはいけないという使命感に燃えているのか
それともそういう制約の下で書く必要があったのか、裏テーマなのか
真相は分かりませんが、だいたいの内容はそんな感じです

伏線なども、一応程度にありますけど
例えば、純一郎が洗脳を逃れた理由とかについては
個別に分岐したばかりの、2話の序盤で明かされます、全ルートで
要はどうでも良いとかそのレベルの設定扱いという事で
エルの終盤で明かせば多少は盛り上がりそうなのですけどね

基本的に、スノーハウスでヒロインにセクハラしたり、折檻されたり
そうすると各話の終盤に問題が起きて、予想の範囲内で解決
なんというか、世界が狭い、大統領なのに、逆にだからこそなのか
体験版やデモやタイトルで予想された荒唐無稽かんは存在せず
非常に小さい世界で暴れて、物語が収束してしまっている

そして、大統領である必要もない、基本セクハラとパロディだから
そもそも政治ネタとオタネタって相性悪いよね、いろんな意味で
それにしても雪乃ルート以外は特に活かされない話ですし

パロディも加工なしに無節操に配置されている感じがします
キャラ毎のジャンルわけなどはあるかもしれないのですが
パロネタにしても、オタネタにしても誰がしゃべっても同じ感じです
ギャグとしても上手く消化できていない部分も多いかなと思います

SDCGの使用方法もあまり上手くないかなという印象です
正直エルが焼きそばを食べているところと雪乃のあーんぐらいです

作ろうとしている世界観は何となく解るのですけど
この作品では上手く表現しきれていないと思いますね
せっかく無茶な設定を打ち出したんだから、パロディなんかに頼らず
スケールの大きい不条理なギャグで押した方が良かったのでは

クーはポジション的に、ヒロインにいてもいい気がします
全体的にボリュームが控えめなので5人目として期待した部分もありますが
いえ、そこまで甘くないって言うのも解ってましたけどね

辛口はこれぐらいにしまして

各ヒロインのイチャラブについては十分に楽しめる内容かなと
ヒロイン同士の絡みや、軽い嫉妬なども含めて好きな雰囲気です

雪乃、イリーナ、エルは比較的オーソドックスな設定ですが
蘭ねーちゃんは中々良い感じのお姉ちゃんキャラではないかと
でも、「蘭ねーちゃん」っていうと微妙に萌えないバローの呪いが

しかし、全員が好感度が高いという設定なのですから
ハーレム的な展開があった方が良かったのではと思ったり
いくらでもそういうのが出来て、迎合できそうな世界観なのに
サブキャラクターにすら手を出さないというヘタレ展開
セクハラネタも結構あるのですから、もっとこうねぇ……

全体を通して、中途半端な感じが否めないです
もう少し、一つの事で良いので突き抜けて欲しかったかなと
各シナリオの最後の締めを見る限りコメディに徹しようというのは解るのですが……



【えちぃ】
雪乃3回、イリーナ3回、蘭2回、エル2回
サブなし、複数ヒロインとの絡みもなし、ハーレムなし
1シーンはだいたい前戯→本番の流れ、それなりに濃いかなと
ただ、キャラ数を鑑みても回数は至って平凡でありますし
ならではの特殊なシチュエーションがあるわけでもなく

せっかくのサブヒロインも裸張ったりするモノのえちぃまではなく
チャンスはあるモノの結局絡まないという感じです、このヘタレ
普段セクハラネタで攻めるキャラだけにここには失望しました

ご都合設定なのだから4人同時にとかも可能そうなのに……
それは極論としても「さらさらささら」の「夢想」設定並みに
もっとどうにか出来るだろうと思わざるを得ない内容です


【まとめ】
何かいろいろと足りない作品という感じですね
やる以上は徹底的にやって欲しかったです
馬鹿設定しかり、えちぃしかり、SF設定しかり
あと、ボリュームもフルプライスにしては小さくまとまっていますね
一カ所でも突き抜ける部分があれば別の評価もあった気がします
あ、ボリュームについては突き抜ける必要ないです、これの場合は


キャラの萌えについては個人的には良かったと思いすけど
これだけだと、物足りないようになっているのですよね
なんだかんだ言って作品全体のレベルは上がっていますので

パロディをふんだんに使ったギャグとの相性非常に良いならありかなと
あとヒロイン4人をいたく気に入ったならば、決して悪くない作品かなと
パロディ飽きた!とか、萌えゲー以外の何かを求める方にはおすすめしません
体験版の空気がずっと山なく続く感じだと思えばいいです、要体験版


そういえば学園の設定は完全に無意味ですね
まあ、社会人がとか、ニートが、家事手伝いが統領になってもアレですけど
最低限序盤の普通の学園生活を数日書いても良かったのでは?

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。