伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

俺のペコが!

毛が生えて(ry

TGを購入しようと最近友人に紹介してもらった大きめの本屋に行ったら
見事にTG系の本だけ売っていなかったという屈辱
いえ、えちぃ系の漫画雑誌なら結構品揃え豊富だったんですよ
本気で売っている場所が近所に見つからなくて困る今日この頃です

さて、そんな本屋で、偶然見つけて思い出して即購入した漫画



Q-Xのこころナビの人気ヒロイン「今関凛子」が主人公となった漫画です
今関凛子はその魅力を語るうえで重要なのは実の妹であること(ぉ
当時はいわゆる三禁が生きていた頃でした、つまり近親相姦不可
それを間接的な技で強引に可能にしたことで有名、多分それが有名
そんな豪快な技を抜かしても非常に良いヒロインだと思いますけどね

タイトルのペコとは同作のヒロインの一人「アイノ=ペコネン」のこと
フィンランド人というなかなかお目にかかれない設定ですね
「ペコネン」の響きが気に入って、今でも心に残るヒロインの一人です
その私のお気に入りキャラの一人である、ペコネンは一切登場しません
さらに「初瀬みまり」も……凛子の一強体制を作るつもりですね、わかります

ついでにルファなんとかさんも登場しませんが、大した問題ではないですね

さて、コミックエールで連載されていたこの漫画
予定通りなのか、大人の事情なのか6話で終了しています
最後は凛子が兄である勇太郎に告白するところで終わります
恋愛ストーリーとしてみればありな終わり方だと思いますが
少々寂しい幕切れ……と思いきや、漫画には2話書き下ろしがあります


その感想でも


「やばい」

この一言です

ニヤニヤが止まらず、電車で読んだのを後悔しました
凛子が好きなら是非お薦めしたい漫画です




あと、5名様の「幻月のパンドオラ」プレゼントがありますね
2009年の10月30日予定となっています
先週発売の漫画なのですけど、まあ漫画を買って
興味を持ってというプロモーションだったのでしょう
世の中思い通りにならないモノですね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。