FC2ブログ

伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

紫電 ~円環の絆~ 体験版 感想

ごめんなさい、無理です

暁 WORKS響の「紫電 ~円環の絆~」の体験版感想です
感想じゃないですね、正直全然空気があいませんでした
ギブアップ報告?そんな感じです、リベンジするかもしれませんが
とりあえず、現状の雑感など書いてみたいかと思います


ゲーム自体は普通のADV、現代を舞台とした異能力バトルものです
システム的には可もなく不可もなく、次の選択肢のような便利機能はないです
体験版の尺は結構長く、導入から戦いに巻き込まれていくまでが書かれます
ヒロインも一通り紹介され、バトル部分も複数用意されており
作品の雰囲気をつかむ上では十分な内容となっているでしょう
また、体験版中には陵辱じみた、えちぃシーンがいくつかあります



そんなわけで異能バトルです
「金剛斎」という筋骨隆々のおっさん率いる謎の集団が
「戦争だ!」などといって欲望の赴くまま暴れ始めるわけです

それを食い止めるべく動き出す異能者集団「六波羅」とか「陰陽寮」とか
主人公「神津ミソカ」は六波羅に所属する異能者です
過去に仲間に裏切られた経験があり仲間が信用できない人間になっています
そして、今回の事件に巻き込まれます、だいたいそんな感じです


非常に定番の設定であると思うのですが、話の筋ではなく
個人的な話として致命的にテキストがあいませんでした

最初のヒロイン稗田朔と金剛斎の会話であるとか
クロウが一から十まで説明するカラスに纏わる神話であるとか
テキストの要所に詰め込まれる何ともいえないギャグであるとか

その当たりどれも自分に合いませんでした、ギブアップです
特にギャグは使いどころを間違えているなとしか言えません
ネタとしては何のことを言っているのかある程度解るのですけども
使いどころに脈絡がなく、非常に反応に困ってしまいます

敵の幹部クラスが金剛斎に罰を受けているという殺伐としたシーンで
パロディネタを行うのはどういった意図のギャグなのでしょうか
ウ○トラマンネタとかジ○ングネタとか反応に困ります

全体的に思ったのはライターの中で固まっている世界を
自分があまり読み取れていないなというところでしょうか
その情報の齟齬が、今回の感想につながったと言いましょうか

基本的に私にあわないのでしょうね
隙を見てもう一度プレイするかもしれませんが
現在の感触として購入はないかなと思います

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

くそみたいなシナリオだった。
狙われてるのに一人で出歩いているヒロインとか上司に聞かなければならないことが山ほどあるのにスルーしている主人公とか全然感情移入できない。

名無しさん@お腹いっぱい。 | URL | 2009-10-26(Mon)16:46 [編集]


Re: タイトルなし

> くそみたいなシナリオだった。
> 狙われてるのに一人で出歩いているヒロインとか上司に聞かなければならないことが山ほどあるのにスルーしている主人公とか全然感情移入できない。
ライターの都合だけでキャラクターが動いているシナリオって良くありますね
紫電のようにプレイヤーに読ませるということを意識したと思わせるシナリオで
こういった初歩的な部分での不可解さや矛盾に気づくと真剣に読めなくなります

私の場合、難解(?)なシナリオはライターからの挑戦状と受け取ってしまうわけで
その癖、それに至らないレベルのテキストであったりするとがっかりする事が多いです
紫電は全てをしっかりプレイしていないものの序盤から気になる部分がいくつかありました
それ全部を書くと単なる作品の罵倒になるので避けた部分もあるのですが

と、長文レスのうえ話が、明後日の方向に行ってしまい、失礼しました

RmG | URL | 2009-10-26(Mon)21:06 [編集]