伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トロピカルKISS 感想

プールと海とか水着どころか
夜窓を開けて寝るのもリスクを背負う秋となりました

そんな現実の季節はどこ吹く風、真夏の空気をひっさげて
開放的な女の子とリゾート施設で、ハーレム状態な作品
Twinkleの「トロピカルKISS」の感想になります

Twinkleとなるとトゥインクルレビューが思い浮かぶ、若年層です
あれ、今売ったら某アイドルゲームの波に乗って……無理ですね
緑髪の早苗さんってヒロインがいます、どうでも良いですね
ちなみに某トノイケ氏もライターしてる作品だったりします

閑話休題、雑感として勢いで感想を一度書いていますが
やはり勢いで書いただけあって、色々と突っ込みどころがありますね
その辺り、訂正しつつ、いつもの感じで書いていこうかと思います

ゲーム自体はオーソドックスなADVになっています
ゲームの前半にあるマップ選択によってヒロインが決定し
後半の個別ルートに分岐するという形、攻略要素はなく
基本的にストーカープレイをしていれば問題なくヒロインのEDへいきます

攻略できるヒロインは5人で、サブキャラのエンドやハーレムというおまけは無し
よって、ほたるやふーりん、菜種狙いの方にはお勧めできません

以下はネタバレを含む感想となりますので、隠します



最初からハーレム状態故の問題点が見える作品でした

BIGな男になることを目指す「草刈海人」
色々あって、リゾート施設「A・LO・HA」で住み込みのバイトをすることに
そこで、嘗てフラグを立てながら、己の勘違いで追ってしまったヒロイン達と再会
改めて、素直な好意を全員からぶつけられ、いきなりハーレム状態に
そんなわけで、リゾート施設を舞台に起きる一夏のハーレムラブコメはじまるよ!


【システム】
ADVで必要な機能は殆どそろっています
「前の選択肢へ」や「シーンジャンプ」といった感じのハイカラな機能は存在しませんが
基本的にマップ上のキャラ選択でヒロインが決定されるので必要がないと思われます
コンフィグもキャラ別音声などそれなりに細かく設定されており、不満はないです

ただ、気になる点がいくつかありまして

起動が遅い気がします、スペック的には十二分に満たしているのですが
フルスクリーンの設定がデフォルトだと微妙に滲んだり、上のバーが残ったり
と、デフォルト設定として置いておくにしては少々癖があるかなと思いました
また、立ち絵が遠ざかると滲んで見えてしまったり、と、設定次第かも知れませんが
どうも、気になってしまう部分がいくつかありました、進行には影響ないのですけどね
メッセンジャーは面白い演出だと思いますが、あまり有効に使われてないですね
むしろ、その部分が孕んだバグがあったみたいで、もう少し検討して欲しい機能です

基本的な機能はそろっていますが、細かい部分でいくつか荒がある印象です


【シナリオとか】
基本は最初から、最後までハイテンションなコメディ作品です
パロネタあり、楽屋ネタあり、天丼も多めと非常に癖があります
このテキストのノリについて行けるか否かがこの作品の全てかなと

メインの流れとしては、一応お約束もふまえたオーソドックスな内容
変に暗くなる鬱々とした展開にはならず、あっさり事件が解決するので
ストレス無く楽しめますが、泣きや燃えなどの要素は殆どありません

じゃあイチャラブはといいますとこれも実は微妙なところがありまして
最初から好感度が高いヒロイン達に囲まれたハーレムの問題点と言いましょうか
つきあう前とつきあった後で劇的な変化というモノがあまり見られません
どちらにしろ、海人のことが好きというポジションは変わらないわけで
一応、共通よりも、ヒロインが甘えてくるのですが、落差を考えれば弱いです

また、個別に入ると対象のヒロインに割かれるシナリオの比率は上がりますが
他のヒロイン達は、基本、海人をあきらめないというノリになるシナリオがほとんど
そうでなくても、良き相談相手として、海人とメインヒロインにアドバイスしてくれます
サブキャラも含め、基本的に個別に入ればフェードアウトするような立場のキャラが
個別に入ってもしっかりそれぞれのキャラとして活躍するというのは良いことですが
その為に、ヒロインとの逢瀬の尺が減ってしまったら元も子もなかったりします

中でも、一番の被害者は「早乙女凪」でしょう、立場上仕方ないのでしょうけど
A・LO・HAの管理人という立場が勝ってしまい、イチャイチャする場所が非常に少ないです
せっかくの良い年上キャラだっただけにこの処遇は非常に残念ですね

全体的な流れを鑑みるに作品としては、ヒロインとイチャイチャする作品より
みんなで馬鹿騒ぎするラブコメを書きたかったのかなと思う次第です
健全なハーレムラブコメマンガのノリと言えば解りやすいでしょうかね

一応、簡易的なキャラ別の感想でも

■日向花火
立夏との対立と言いますか関係が良かったです
ライバル達と対峙するときには意識しまくりなのですけど
いざ、海人と向き合うときはあまりそんな印象ないのですよね
幼なじみキャラですけど、立夏の指摘通り過去を知っているだけと言いますか
海人と違い、一緒に過ごしてきた経験や記憶が全く無いわけで
実質的に言えば幼なじみの思い入れ的アドバンテージはゼロなのですよね
こういう過去の幼なじみというのはどうもキャラが弱い部分がありますね


■氷室立花
キャラとしてお約束過ぎる気もするクール系のキャラ
扱い的に花火よりもメインっぽく感じてしまったのは仕様ですかね
花火と立夏のコンビは花火シナリオと同じく好きですね、良い関係です
明らかに勝負が決まった後もアプローチを続ける負けヒロインが素敵


■葵祭
マスコットキャラで巨乳はやはりあのキャラからの派生なのかなぁ
巨乳キャラが全く珍しくない(立夏ですら立ち絵ではある)この作品では
あまり大きなアドバンテージになっていない気もするのですが
その他ヒロインで見ると良い感じで輝くのですが、攻略ヒロインで見ると……
デザートが別腹ってレベルじゃないことや、マニュアル人間であること
他に見せる部分はあるのですけど、攻略シナリオ以外では殆ど語られませんね
意外と重要なことだと思うのですけども


■水無月泉
天丼ネタといいスタッフロールの遊びと言い、遊ばれすぎているシナリオ
正直楽しかったです、初回Hシーンの駆け引きがそのまま格闘技で吹いた
ほたるの動きが私を上手くだましてくれたと言いますか少々やられた部分です
この辺りの流れ含めて、ほたるは非常にお気に入りですね、何故攻略できないのか
閑話休題、暴走娘が暴走したまま結末を迎えるノリはこういった作品ならではですね
コメディ色が非常に強いシナリオですけど、故にお気に入りですね


■早乙女凪
泉と並んで購入動機だったりしたお姉さんキャラ
良いキャラだと思うんですよ、何故か肉食っていた記憶しか無いのですが
肉が好きという設定どうなんでしょう、肉食系女子に対する皮肉なのでしょうか
シナリオは肉を食べている内に、シリアスパートが始まっていた感じです
公私を上手く分けられない、甘えてくる完璧なお姉さんとか素敵だと思うのですよ
なのに何故か肉を食っていた記憶しかないどういう事だ、不思議だ


お気に入りのキャラは、泉とほたるですかね、男連中も好きです
いや、本気でほたるが攻略できない理由がわからないです


【Hシーン】
1人きっちり3回ずつ、多くのヒロインで初回に及ぶのに紆余曲折する描写あり
一応、失敗するギャグ描写もあるのですが、それはさすがに数えません
しかし、ハーレム無し、サブキャラは無し、Hシーン目的なら寂しい内容ですね

ヒロインのコスチュームや身体的特徴を用いたプレイは一通り描かれています
前戯→本番の流れは全てのHシーンで含まれており尺はそこまで短くないです
基本はほとんど抑えているモノの、それ以上ではないかなと言うのが実際
この作品については雰囲気から濃いめのを期待した人もいるでしょうし
そう考えると3回ずつという回数やこの尺では物足りないと言わざるを得ません

ちなみに裸の立ち絵が全員分あり、頻度も結構な感じで登場します
何を隠そう菜種にもあります、大丈夫な理由は

表記通り

注意書き通り18歳以上しかいないからですね、安心安心

裸になるCGも結構あったりするのですが
それよりもえちぃを充実して欲しかったのが実際
この作品はあくまでコメディにエロがついたものということですかね


【まとめ】
シナリオの部分やえちぃでも書きましたが全体のノリとしては
健全な「ちょっとHなハーレムコメディ」にエロがついた感じです
最初の印象としてエロ重視と踏んだのですが、コメディ重視でした

コメディ部分が体験版で気に入ったので個人的には事なきを得ましたが
まあ、えちぃが少ないのは些か物足りないなと思うのは確かでしたね
同様に、イチャラブ部分が思いの外弱かったのも気になった部分です

作品としての不満は、Hシーンとイチャラブ分の少なさで
全体的なノリと言った部分では個人的にありかなと思える作品でした
一言で言うと足りなかったのはユーザーに対するサービスでしょうか
完全に個人的な意見という気もしますが、もう一歩踏みこんで欲しかったです

最初に言ったとおり、この作品のノリを楽しめるか、それが全てです
プレイして思ったのはこの作品はエロゲの文法で描かれたハーレムでなく
どちらかというとマンガの文法で描かれたハーレム作品であるなと
「ラブひな」とか「ネギま」(バトル部分を除く)の作品がイメージに近いかと
そこに、いくつかエロを付けたようなノリと言えば解りやすいかと

逆にエロゲ的文法から広げてハーレムにするのはアトリエかぐやなノリですね
かぐやは置いておいて、個人的に逢いましたが万人受けは無いかと
体験版のコメディの空気を気に入ればプレイしてみるのもありではないかと思います



前回の雑感でパロは抑えめと書きましたが、間違いです、すみません
夕日奈朝子とか場所替えの杖とか危険すぎるネタがありますね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。