伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

プリ☆さら 感想

残りはパワポタ4で過ごすよ!

さて、シルバーウィーク突入で
複数のゲームを購入された方も少なくないでしょう
かくいう私もPSPでちょっとした散財などしてみたりして
時間的には困らないのですが、このサイトの本分である
美少女ゲームについては抑え気味に行きました

そんな感じで最近の購入物

TS390150.jpg

ローゼンメイデン(2)の話の切り方が微妙すぎますね
その次の回まで掲載した方がキリがよかったと思うのですが
ページ数的な都合などあるでしょうけど、引きが弱いです

美少女ゲームは解りやすく言えばプリ☆さら一本勝負です!
あらかじめ苦言を呈していた1本、非常に分の悪い戦いといえます
といいますか既に感想を書くと言うことは一通り終えているわけですけど
一応後でゆっくりとえちぃを……とは考えているのですけどね

そんなわけで個人的には運命の分岐点アトリエかぐやBY
「プリ☆さら ドキ×2らぶ×2 Wファンディスク」の感想です
まさかの、あのアトリエかぐやが送る初のファンディスクになります

色々と言いたいことはあるのですが、その辺りの思いは隠しておきます

結局これは誰のためのファンディスクなのか?
正直方向性が見えない、ターゲットが見えないファンディスクでした

内容はとりあえずエピソードを選択して見るだけです
選択肢はえちぃ定番系の選択があるのみでシナリオに影響は与えません
エピソードはOHPで発表されているとおり

雅アフター、まひるアナザーがメインコンテンツで
サブとしてさらさらささらよりお珠さんと公子のエピソード
また、プリマ☆ステラより悠のエピソード
そして、プリマ☆ステラとさらさらささらのハーレムエピソードとなっています

小箱は8枠あり後日談的なレベッカとジャスティンの絡みが2枠、悠のアフターが1枠
他5枠は、まひると雅が1枠ずつ、お珠さんが1枠、まひるの母である由紀子が1枠
そして、雅とまひるの3Pが1枠という構成になっています

お話の長さ的には
雅とまひるがさらさらささらの個別ルート程度の長さ
公子シナリオがもう少しコンパクトであるモノの長めのシナリオ
他のエピソードは30分~1時間程度の尺となっています

といっても正確な計測はしていませんが
また、小箱は非常にあっさり終わってしまいます
フルプライスを考えれば明らかにボリューム不足です


えちぃは、
雅6枠、まひる7枠、お珠5枠、悠2枠、公子3枠
プリマ☆ステラハーレム4枠、さらさらささらハーレム3枠
レベッカ2枠、由紀子1枠、雅+まひる1枠
となっており、全体のシナリオの量を考えればかなりの数です

プリマ☆ステラ以降ですので、主人公が主導となるえちぃが多く
えちぃな女性に気圧されるようなえちぃじゃ駄目なんだよ
的な方にはなかなか相性の良いアイテムになるかも知れません

そんなわけでchoco chip氏の絵でラブラブ濃密なえちぃがしたい
等という方には決して悪い作品ではないのではないかと思う次第です


しかし、やはりファンディスクという名目でこのメンバーは納得がいきません
それぐらい雅以外の本編メイン勢の扱いが軽いです、月巳は多少マシですけど
せめて、悠のような尺でも良いのでメイン勢のシナリオは確保して欲しかったです
頼みの小箱も上記で示したとおり、メイン勢の出番はありません
ハーレムだけの要員となっています、ここまでメインをないがしろにするのは一体?
月巳は一応お珠さんでも絡みますけど、だから何だって感じではあります

また、小箱も意見が分かれそうな内容です
8枠中2枠がジャスティンというライバルキャラのための枠
悠を除く5枠が「もしもシリーズ」という存在となっています
このシリーズは物語の主人公ではなく、プレイヤーあなたが視点という
なんだかどう受け取って良いのか解らない説明を受けます

取り方によっては、ヒロインが主人公以外のキャラとえちぃをする
別の取り方では、主人公とお前は違うんだと明確に教えられる
正直どう受け取るべきなのか判断に困る説明だなと思います
ナビゲータを務める月巳は夢のシチュエーションと言っていますが
人にとっては悪夢となりかねない設定ではないかと思ったり

尤も、上記の説明は選択肢で説明を受けないを選ぶことでスルーでき
あとは都合良く自己解釈をしてしまえばごまかすことも出来るかなーと
え、雅+まひるが説明つかない、ハハハ、ですよねー


【まとめ】
ボリュームに不満は残るモノの、choco chip原画の
新作お気楽えちぃディスクと見れば悪くはないのではないかと
正直、作品に思い入れがあるほどマイナスポイントが大きい気がします

雅とまひるの個別シナリオのアプローチ自体は決して悪くなくて
全てがこのクオリティと言わずとも最低限、公子レベルで
他のメインヒロインも書かれていたら良い作品になれたのですけど
そうなると全くの別ゲー且つ、元の期待度も別次元でしたけどね

正直、アトリエかぐやは所謂「萌えゲー」路線については向いていないかと
素材を作る腕は決して悪くないと思いますが、アプローチが不味いです
上で言ったとおり小箱の「もしも」なんて正気の沙汰ではありません
メインヒロインの不遇とあわせて、本当に誰が為のファンディスクなんでしょう

良かった点はえちぃですね、個人的にはちゅぱしてあげる路線が好きですけど
らぶらぶえちぃ路線が好きならばそれなりに得るモノはあるかと
雅とまひるが好きなら結構お勧めできるレベルだと思います
ハーレムなどの要素も悪くないですし、小箱を除けばえちぃ方面は満足かな
だからこそメインをもう少し取り上げて欲しかった面もあるのですけど

他の要素については、駄目ではないですが、色々足りていないですね
特にプリマ☆ステラとさらさらささらのファンに対する配慮が……
えちぃ中心のファンディスクと割り切ってしまえば悪くないかな

ちょっと個人的な感情が入ってしまいましたが、少し落ち着いて
OHPで紹介されている以上の要素に期待しなければ
裏切られるって事もないかと思います、小箱の「もしも」を除けば……
雅以外のメインヒロインの活躍に過度の期待をする人や
内容を見てフルプライスが割高に感じる人はおすすめしません
アトリエかぐやのメーカーに個人的な思い入れがあるほど厳しいかも

私自身、ある程度了解して購入したんですけどね
そういう意味では非常に身勝手な感想ではありますし
あらかじめマイナス補正的なモノがあったかも知れません

とりあえず一言だけ、プリマ☆ステラ以降のアトリエかぐやBY路線
これを認めるとしても求めていたのは個人的にプリ☆さらじゃなかったです

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。