FC2ブログ

伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

神楽道中記 体験版 感想

実はまだ発売されていない雑誌のアレなのですが
タイミング的にアレなので多分内容も差がないでしょうし
普通と同じ扱いででぼの巣製作所の「神楽道中記」体験版の感想など

まあ、来週(今週?)末発売なのですけどね
ローグライクと言うことで少々様子見をしてみようかと
ゲームとしてはADV+ゲームパートという感じです

ゲームのシステム周りとしてはプレイした範囲では
最低限のレベルは出来てると思うのですが……

主人公は関西弁(?)の元気な新米巫女「嵐山いぶき」で
女性が主人公と言うことで色々お察しください

要はゲームパートにおいて負ければえちぃとなります
また、龍宮みなせという男性キャラがおり、雑魚に負けると
浄化と称してそのキャラとの普通のえちぃになります
物語を解決して汚染された女性を助けるのも彼の役目になります

どちらかというと前者のえちぃに力が入れられ、主となっていますし
後者にしてもおいしい目を見るのは龍宮ですので、微妙なところ
巫女さんとラブラブしたいって目的の人には向かないのではないかと

体験版では顔出し程度ですが、雷道なずなというキャラが使えるようなるようです
多分行き着く先は一緒で、やられてしまう役目には変わりないでしょうが

えちぃ自体は雑魚にやらても、やられた相手ごとに用意されているようです
逆に言えばゲームパートで敵のバリエーションが減りそうな要因なのですが
勿論ボスも負ければえちぃあり、妖怪にやられるサブヒロインもあり
とそっち方面のえちぃは結構充実するのではないかと思ったり


えちぃの話はこれぐらいにしてゲームパートの話
あくまでT……もとい体験版での仕様ですので、本編もこうであるとは限りません

ローグライクというか不思議のダンジョンライクだよなというのはお約束
世界観や背景的にシレンが一番イメージに近いような気がします
いえ、ゲームの出来とかそういう部分は考慮に入れてませんよ

ゲームはマウス、キーボード、パッドそれぞれで遊べるようになっており
どれもインターフェースが悪いと言うことはありません
使うキーが限られているので、目に見えて悪くされても困るのですが

動作も軽快でストレスがたまるようなことはありませんでした
巫女さんをダンジョンで動かして、妖怪を倒していくのは悪い感触ではないです
スムーズに動くので適当に操作したらあっさり死にそうだなぁと思ったり
といいつつも、私のPC自体ある程度3Dゲームなら遊べるスペックになってるので
スペックが足りない場合や、必要スペックぎりぎりの場合どうかは知りません

そんなわけでゲームとして遊ぶ土台としては全く問題がないわけですが
しかし、遊んでみるとおやっ?と思う部分がいくらかあったのでその辺りを

・アイテムについて
アイテムはダンジョン一階層でかなりの数を拾えます
種類は武器、防具、果実、札というところ、他は確認していません
アイテムの所持できる数は武器防具など含め10個まで
上記の入手頻度も合間って2階層も集まればアイテム欄が埋まります

武器、防具は拾った瞬間、+値まで解る親切ぶりを見せてくれます
逆に「???」と全く種類が解らない場合もあります
新種のアイテムというわけでなく既に持っているものでも???となっています
後に、鑑定するアイテムが登場するのかも知れませんが
結構な頻度で登場しているため、いちいち調べるのも厄介で
既に持っているアイテムは???を外しても良いのではと思ったり

武器防具の手に入る頻度が非常に多く、しかし種類は多くないため
すぐに木刀と巫女服でアイテム欄がかさばってしまいます、正直邪魔です
使い道としても投げるしか無いというのが何とも言えないところで

色々文句はありますが一番ネックなのはアイテム所持数の少なさ
体験版だけの使用である可能性や、途中で増える可能性もありますが
この辺り結構気にかけていただきたい部分ではありますね


・戦闘バランス
かなり適当ではないかと、体験版の範囲では
初心者マップだからという前提条件を考慮しても簡単すぎます
ただ、ボス戦は微妙に簡単と言い切れない部分もあるのですが

巫女さんは一歩歩けば、HP1回復します、すごい生命力です
適当にマップをほっつきあるいていれば全快しています
ある程度、敵から逃げていれば、体制がととのうなんてことも

雑魚は同じ外見で名前に差別がなくてもステータスに大きな個体差があります
2発殴れば倒せる敵がいたと思えば5回ほど叩く必要がある場合もあり
ローグ系ってある程度敵のスペックを見て動く部分があるのですよ
相手のHPがこれぐらいで攻撃力がこれぐらいだから、ここで叩いておくとか
そういう打算的な戦い方が非常に重要な場面があるんです
でも、このゲームの敵は、相手の強さが全く読めません、なんだそれ

ボス戦は雑魚戦と比較すると難しめです
といいますか、アイテム次第の運ゲーという気もします
こちらのHPが60程度、防具はそれなりの者で挑んだのですが
相手の一撃で受けるダメージは20程度
こちらは相手の一回行動の間に二回行動できるのですが
相手は射程距離2の技を持っているという条件です
基本的に考えれば相手の攻撃を4回受ければ負けです

回復アイテムが手に入れば、案外楽な戦いなのですが
ボスまでに至る経路で1回目のプレイをしたとき
回復アイテムらしきものが一度も手に入りませんでした
ちょっとしたへまをしたのもあるのですが、巫女はやられました
逆に2回目は回復アイテムが4つも手に入り楽勝でした

一応、行動数の利を生かせば、なくても戦えそうな雰囲気ですが
先ほどまでのぬるま湯みたいなバランスから考えるとすごい落差だなと


・敵が沸いてこない
えーと、上の点についてレベル上げればいいじゃない?
みたいな意見が出てくると思うんですよ、ええ、ここからが一番ネックです
この体験版でプレイする限りは、敵が自然に沸いてきません
体験版だけの仕様だと信じています、もしくは最初のダンジョンだけの仕様
上記のこととレベル引き継ぎなしの設定から、レベル上げは実行不可能なのです
運が良く、パラメータ(経験値)が高い雑魚と当たれば1ぐらい多めになる気もしますが


そんな感じでしょうか、全体的に調整不足を感じるできでしたね
プレイ知る分にはストレス無くて良いのですが、ゲームとしては
不思議なダンジョン系とは完全に別物になっています現時点で
まあ、その辺りをオリジナルだと言い張るのもありですが
さすがに、最後のモンスター沸きは体験版仕様ですよね?

基本自体は出来てますし、調整自体では遊べそうなのですけども
細かいことを気にしないでプレイするなら悪くないかも知れません

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する