伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

MAGICAL WITCH CONCERTO 感想

この作品の評価は一体どうしたものでしょうか……

アトリエかぐやTEAM HEARTBEAT(以下、HB)の新作
MAGICAL WITCH CONCERTO」(以下、MWC)の感想です

「MAGICAL WITCH~」のタイトルが示すとおりに
MAGICAL WITCH ACADEMY」の世界観を同じする
剣や魔法のファンタジー世界が舞台になっています

つまり、ダンジョンクルセイダーズとも世界観を同じくし
そのため今作では2で仲間となったキャラクター「ロゼ」がサブキャラとして登場します

【全体とおして】
HB版「プリマ☆ステラ」と言うべきでしょうか
1話完結式の9話構成で6話までが共通シナリオで
各キャラ紹介や日常イベントが書かれており
その選択次第で個別ルートに分岐するようになっています

7話~9話が各キャラの個別シナリオにあたります
その比率から読めるように、共通ルートが長めです
シナリオ中ではえちぃはひとり5回もしくは6回となっています

シナリオ中では抑えめですがエクストラが存在します
そこで特殊なプレイや複数プレイが見られます

ヒロインクリア毎に各ヒロインのえちぃが解放され
3ヒロインクリア後にハーレムというなの複数プレイが解放
フランチェスカ、フローラコンビと、クロエ、エルコンビ
更にメイン3人によるハーレムが解放されます

これを閲覧した後にヘルガのミニシナリオが解放されます
残りは本編中でノーマルを迎えた後見られるロゼの枠です
残念ながらヒロイン7人全員というのは無いようです

と、構成的には非常にチームこそ違うモノの
同メーカの作品「プリマ☆ステラ」に近いモノとなっており
舞台も魔法があるモノの女性だらけの学園となっています

そんな感じで共通点は非常に多いMWCですが
プリマ☆ステラは女子学園でながらも、男性キャラである主人公を中心におき
MWCでは女子学園に生活する三人の女性キャラを中心においています

一応男性キャラとして、「リオ」が存在するものの主人公とは言いにくく
悪く言えばえちぃの為の存在で、マスコット的な役割が殆どです
リオ不在だった体験版でのノリがそのまま続くものと思って良いでしょう
個別ルートに入っても、それはあくまでヒロインが中心となっており
リオが中心となって物語を解決するという、展開には成りません

このあたりの構成をどうとらえるかは人それぞれだと思います
主人公という視点が存在しないため、登場人物としてヒロインと恋愛するというより
男性キャラ不在の萌え四コマがごとく、キャラ自身を好きになる必要があります
そういう意味では気に入ったヒロインがいなければ非常に厳しいでしょう


【えちぃとか】
えちぃは主人公が主人公のためヒロイン主導のえちぃが多いです
「受け」や「ショタ」などというのに抵抗を感じるならば厳しいかなと思います
個人的にはご褒美ですけど、キャラがリオと言う存在なので複雑な気分に
このあたりも含めてえちぃ目的でも非常に人を選ぶ部類の作品かなと思います

【シナリオとか】
シナリオについては魔法学園ものということと、全体の雰囲気を見れば
大体の部分でどんなものか察していただけるのではないかと思います
リオはキーキャラであるものの自分からヒロインを守りたいとか自我を強く持ち
積極的に動くようなキャラでもないですし、そもそもそこまですごい事件も起きません
ヒロインが直面した、ちょっとした事件を力を合わせて解決するという感じです
バトルは少々あるものの陰謀が渦巻いていることもなく、小さい山で終わってしまいます

ファンタジーなのでいくらでも規模は大きくできるのでしょうけど
あくまでこの作品はファンタジーの少女学園ものでキャッキャウフフしたいだけなのだろうと
そういった了承の下プレイする必要があるのだと思います


【まとめ】
とりあえずキャッチーな外面をしているものの人を選びまくる作品ではないかと
ショタ要素が強く、主人公が不在で、シナリオに大きな山がなく
えちぃはなんだかんだで充実しているものの受け、ショタ分が強め
個人的な性癖のおかげかえちぃ部分で私はある程度満足したのですけれども
そういう気がなく、いつものアトリエかぐやを期待すると非常に厳しいかと思います

OHPの雰囲気を見て少しでも抵抗を感じたら厳しい作品ではないかなと
ただ趣味が合致すればなかなかいける作品にも成りそうであるかなと思います
体験版をプレイして自分に合うかどうかを見るのが一番でしょう

色々言いたいことがあるのですけどそれはとりあえず置いて、ひとまずまとめると
アトリエかぐやの描く魔法少女学園モノ、ショタ分多めって感じでしょうか
びびっとこないと厳しいかなと、妙におすすめしていない流れですが
別に駄目な作品というわけではないです複数プレイや特殊プレイも充実してますし
えちぃの濃さで言えばエクストラを含めれば最近でも上位ではないかと思います
アトリエかぐやのHBに何を求めるかによりますけどねこのあたりは



【蛇足】
しかし、「さらさらささら」といいどうしたんでしょうかねぇ、近頃のかぐやは
このプリマ☆ステラを意識したとしか思えない構成は何とも言えず
勿論、私はBY、HBどちらの絵師も好きでHB版もある意味ありなのですけど

チームカラーがいままでは明確に別れていたのにこうなってしまっては
一番の心配事はこのまま、HBがBYとおなじ道をたどらないかと言うこと
別に萌えとか描くなーというわけでなく、えちぃが薄れていく意味でですね

後ヒロインが減ることでシナリオやえちぃのボリュームも減っていないかな
と思うのですよ、さらさらささらでも思ったのですが
別にヒロインを半分にしたらシナリオやえちぃを2倍にしろとは言いません
ただ、純粋にヒロインの数だけ減少しボリュームが据え置きでは
今回のように3人しかヒロインがいないパターンだと寂しいかなと

と言いつつも今後の動きを見ながらつきあうしかないのですよね
特に規制などでどんどん面倒になっていくわけですし
今後こういうながれが主流になる可能性は非常に高いのですよね


嘗てのアトリエかぐやを感じるにはHTP しかないのでしょうかね
こちらの場合はHB路線ではなくてBY路線の話になるのですけど
だとすれば規制対象となるあの方面が多かったHBはどうなるのか
今後の動向が気になる部分がありますね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私も激しく同感です

迷走してますよね最近

アメンホテプ | URL | 2010-06-11(Fri)23:55 [編集]


Re: 私も激しく同感です

> 迷走してますよね最近
今回は頑張ったと思うのですけど、次のミドルプライスは……ですね
ファンとして一番の悲劇はプリマ☆ステラとダンジョンクルセイダーズが
過去作品の中で一番売れてしまったことでしょう

RmG | URL | 2010-06-14(Mon)00:07 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。