伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

どこでもすきして いつでもすきして 感想

今月末に新作が発表されるC:driveの「どこでもすきして いつでもすきして」の感想です
ライターが複数いるものの指標となるかなーと思いまして購入
暇つぶしとも言います、どちらかというとそちらが主かもしれません

個人的に「どこいつ」と略するのがいいと思うのですが
危険が危ないので「してして」と公式に略されています
インストールされるとき生成されるフォルダがそれですね

あと「すきして」を2回重ねられるとクリィミーマミが思い浮かびます
そんな女の子のハートは無視するような作品の感想です

タイトル通りTもPも、もちろんOもわきまえずえちぃする作品です
その大命を果たすためによけいなゲーム性は排除されています
プロローグ終了後、ヒロインの選択がいきなり現れるのです

ヒロインは5人います

献身的な幼なじみ
オタクな妹
おっとりした先輩
金髪ツインなバイト仲間
寡黙な図書委員

まあ、妹以外は定番ともいえる性格付けでしょう
「こ○た」ですね、そういうと図書委員は○門ですが

それはともかくプロローグ時点で
半分ぐらい一日をともにする妹と幼なじみはともかく
ほかの3キャラは

・登校中会って挨拶する
・昼休みの中庭で会って挨拶する
・バイトで軽口をたたき合う

という程度しかそれぞれ接触がありません
その直後にヒロイン選択で体験版当時面食らったのですが
この部分は製品版になっても変わらず、同じ仕様となっていました
キャラづけがステレオタイプだからといって
これはさすがに情報が少なすぎると思うのですよね

ヒロイン選択は名前だけが表示される5択なのですが
この3人については名前だけみても誰かわからず説明書をみました
そんな感じで、愛着とかが生まれる前に個別ルートに突入します

シナリオは何かに真剣になりたい→そうだ恋愛をしよう
というなんともコメントしにくい展開です、深く考えないでおきましょう

個別突入後、選択肢は結構ありますが
基本的にはその場で欲望の赴くままえちぃに突入するか、やめるか
そして、えちぃに突入した後の最後の場所選択ぐらいしかありません
よって選択肢がシナリオに影響することはありません

基本的に欲望の赴くままに押せ押せで迫るのが基本です
そうでないとEDは迎えられるものの回想シーンがほとんど埋りません
選択肢自体、昔の純愛ゲームなら選んだら速攻でBAD直行しそうな
強引に迫るものがいくつもあるのですが、このゲームではそちらが正解です

一旦、欲望を抑えることで、後に別のシーンがみられることもあります
これによりヒロインは1度プレイしても3つ、4つ埋まらない回想が存在します
2週目で選ばなかった方をを選べば回想は埋まりますが少々面倒な仕様です

また、何故か、金髪ツインの娘だけこういった回想シーンの分岐がありません
さらに、他キャラが回想を20超えているのに対し、この娘だけ16と控えめです
おそらく複数ライターによる差などではないかと個人的に思いますが
このヒロインが気に入っている方には少々残念な仕様になっていますね

回想はだいたい平均で20を超えており、かなりの数といえます
だから逆にバリエーションとしての乏しさを感じてしまいますね
基本的に場所とコスチュームを変えているだけというのが多いですし
それすら全く同じであるシーンもいくつかあったりします
変にマニアックなプレイをして引かれるよりはいいでしょうけどね

主人公はこういう系のジャンルとしては珍しく非常に積極的なキャラです
基本的にヒロインに主導権を握られて押される展開が多い中
男の子してると言いますか、強めに自己主張をしていると感じました
この辺り、キャラは好き好きでしょうが、へたれを嫌う方には良いかもしれません

といいつつも、図書委員の東峰陽奏のルートの場合はヒロインに対して
「こいつは何もわかってない」といった感じで、結構言葉遣いが乱暴だったりで
個人的には苦手意識を持ってしまいました、リアルでへたれタイプなので
そんな性格なので逆にヘタレてしまうことはあまりないと思います
シナリオ的に障害らしい障害もないのでヘタレる機会もほとんどないのですけどね

ほかに気になった点はCGでしょうか安定していません
特に先輩キャラである北条智秋は全くの別人といえるのもあり
髪の色がかなり違ったり、一番幼いキャラに見えたりすることもあったり
結構流してみても気になるレベルなので、正直どうかなと思ったり


まとめますとタイトル通りの内容という以上にないかと
ヒロインは5人いて回想が一人を除き20以上あります
しかし、バリエーションが豊富なわけではないので
5ヒロインを同列程度に並べたなら非常に代わり映えがなくなります

お気に入りのキャラとただらぶらぶえちぃしたいという目的ならともかく
純粋ならえちぃ作品としては構造に微妙な欠陥があるなと思ったり
個人的にはこな……暦がお気に入りですかね、妹っぽくないですけど



そういえばディスクレス不可です、こういう系だと結構煩わしいですね
どういう系だとディスクレス不可でも許すかと言われると、答えられませんが

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。