伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

絶対可憐!お嬢様ッ 体験版 感想

大学生活を一般学生に例外なく遊んで過ごしたオタク趣味の主人公が
一学期も終わりの時期に就職口決まらなくて親のコネで教育実習に
なんとその教育実習先がお話しでしか聞いたこと無いようなお嬢様学校だった!

と、まあそんな話

宣伝文句がニートととか書かれてますけど大学4回生です
あと教職の単位殆ど収めてるって言う程不真面目じゃないよね

そんなお嬢様学校に教育実習生としてやってきた主人公
お約束通り力不足な自分と世間知らずなお嬢様に大苦戦するのか?
と、思いきや特に問題を起こさずそつなく教育実習をこなします
独白では情けない部分があるモノの正直有能な部類に入る主人公ですね

どうも、この作品オタク教育実習生の苦難を書くのではなく
顧問としてオタク系の部活を見守っていく話が中心となります
ヒロインも5人中4人が何らかのオタクという、凄い比率になっています

正直、教育実習やお嬢様要素は必要ないのではないかなと思います
やることも部と認められない状態から部員を集めて部として成り立たせるとか
知り合いを車に乗せて海に遊びに行くとか教育実習の範囲は逸脱してますね

ならではのイベントもそれ程なく、ヒロインにそれ程お嬢様らしさもないです
尤も、女性の園+オタク部を作りあげる上ではコレ一番かも知れませんね
必要性がなければその設定を使ってはいけない理由もないですし

体験版では部活結成、海へ行く、七星との仲直り作戦というところで
七星の仲直りはオチが見えないままフェードアウトして体験版は引きます
何故かサブキャラの八重とベッドインして終了、バッドエンド扱いですかね?
その後、おまけとして七星のHシーンを見ることが出来ます

体験版中も選択肢が複数ありますが、体験版の結末に影響すると言うことはなさそうです
全パターンを試したわけではないので、選択次第ではヒロインのイベントを閲覧が可能
って事もあるかも知れません、よく知りません

オタクネタは色々出てきますがエロゲ系はそのまま名前が出てくることも
いつ空」は略称ですからともかく、ユニゾンシフトの「WAGA魔々かぷりちお」や
ななついろ★ドロップス」などはそのまま名前が出てきました
キャラクターも「ユキちゃん」や「すもも」と言った実在の名前を使っていますし

これはパロディと言うより、そのままの引用となりますね
ユニゾンシフトはのネタはポスターもそのまま絵が使われていたり
と、そのままの部分があったのですけど、なんらかの繋がりがあるのですかね


他に気になった部分と言えば選択肢

選択

いきなり、これが出てきたとき、分岐が早いなと思いました
多分、ただのキャラクターの選択以上の意図は無いと思います
このタイプの選択肢は体験版時点で2回は出てきてますし

しかし、こう言うのをみると最終選択肢だと思いますよね?ね?

ヒロインとしては
・ツンなんとかキャラ
・掴みどころのない天才キャラ
・乙女なボーイッシュキャラ
・特定の人物にしか懐かないツンキャラ
・小動物系キャラ

そんなところ、メインっぽい子はかなり強めのツンキャラですね
主人公のネガティブな独白も相まってかなりの硬度を誇っています
体験版の引き以降軟化するのか、個別以外は堅いのか気になるところ

主人公はオタクと言うことであって、思考がエロゲに繋げる部分があったり
そのあたり鼻につく人にはあわないのではないかなと思ったり
微妙にネガティブな部分もあり、このあたりも気になるかも知れません


最初に言ったとおり、お嬢様モノである必要がないですねヒロイン
タイトル自体はかなりお嬢様を強調してるのですけども
女子校を舞台にしたオタクものって感じですかね
濃いキャラが求められるジャンルの中、キャラを女子で固めたこと
主人公が顧問という立場と言い意外と新しい路線かも知れません、しかし……

そういえばワイドですね、システム開いたときのFキーの対応と言い
多分天神と同じシステム使ってると思います、どうでもいいですね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。