伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【雑記】美少女ゲームの私的な2015年総括

2015年も終わりました、いえい!
勢いで始まりましたが、特に語ることがないからです

いつもと同じこと言いますと、本数増えたことで明らかに惰性でやっているよな
と思うのが増えました、全体のレベルは上がっていると思うことが多いのですけど
それを全く伝えられずありきたりな言葉で濁してしまっているという感じです

今年は商業は62本、同人は22本と商業が増えて、同人が減った感じですかね
商業が増えて、なんか忙しいはずなのに、なにしてるんだろうって感じです
去年の時点でキャパを超えている感じはあったので、今回はあからさまに
ということで、来年は量より質、量は増えなくても質を増やそうかと今考えました

そんな御託はともかくとして、今年の総括です、長かったので隠します



【2015年の7!】
2015年は演技もよく7本です!いえい!結果論です!

■美少女万華鏡 神が造りたもうた少女たち[ωstar]
待たされた甲斐があったといえる、美少女万華鏡シリーズ三作目(かつて~は別枠で)
美しいビジュアルと、魅力的なヒロインと、濃厚なHが三拍子そろった作品
SF要素が盛り込まれたシナリオも、作品の雰囲気を損なわず楽しめました
ロープライスの価格帯ですが、逆に申し訳なくなるレベルの出来でした、ありがとう


■ゆきこいめると[フロントウイング]
ふゆ部の面々と繰り広げる、お気楽な部活動とイチャラブの日々というところでしょうか
ヒロインは烈風寺を始め魅力的で、難しいことを考えずさくさくと楽しめるのがウリ
部活者にありがちな泥臭い展開もありませんし(一応メインは悩んでいるんですけども)
ヒロインと冬の世界でイチャイチャするには調度良い塩梅の世界が広がっていました
今後も応援したいのですが、最近数作の舵の切り方が……こっち路線待っています


■星空のバビロン -迫り来るコズミックすけべおねえさんズ-[One-up]
タイトルから漂う地雷臭……ゲームパート付きで、体験版無しって誰が手を出すんだ
となって手を出した経緯があり、落差もあるんですが、意外と爽快な宇宙冒険譚でした
本格的なものではないのですけども、昔の宇宙で戦うロボットモノとか好きならという所
ゲーム自体は特殊な技のある艦隊ゲームですね、勝利スキップも敗北スキップもできるので
このゲームのある意味はってのはともかく、息抜きにはちょうどよかったと思います
Hは敗北で、コズミックすけべ(略)に襲われるのが多いですが、個人的には○でした


■おお勇者よ、イってしまうとは情けない![Luxury]
正直、あまり期待してなかったおねショタ路線が期待通り出てきたというだけで評価点
安定感のあるブランドでしたが、ここでニッチ路線でも変に日和らず突き進んだのが○
どうしてもそっち向けの作品なため、一般とは好みが外れるかもしれませんけれども
このジャンルで、OHPとかのノリのピンときたなら裏切らない出来の作品になってました


■サクラノ詩[]
哲学とか文学とか思想とか詳しくないのですが、雰囲気が非常によかった作品
シナリオの序盤からある大量の設定をシナリオの後半ではしっかりと回収しており
これを伏線回収というかはともかく、丁寧な作りは、安定して読めるものとなっていました
最後まで雰囲気を崩さず楽しめた作品というだけでも、評価できる作品でしたね
一つの作品としてみた場合Ⅴで終わるのがいいか、Ⅵで終わるのがいいかはともかくとして


■こころリスタ![Q-X]
半分は信者補正みたいなものもありますが、こころナビの続編として非常に満足でした
妹2人や幼なじみ、マリポ先輩、メルチェ、どのヒロインも魅力出来にかかれていますが
何より、アルファシナリオの締めが個人的にかなりツボでしたので高評価となりました
あと、深い意味は無いですけどこなっつぁんかわいいよね、深い意味は無いですけど


■キミのとなりで恋してる!~The Respective Happiness~[ALcot Honey Comb]
元の作品でもある程度完成していましたが、その上でお手本のようなファンディスク
本編の後日談に徹底し、追加キャラや、攻略できなかったあのキャラの攻略はないです
と、本編の雰囲気や作品が好きだった人のためのアフターストーリー集というところです
アナザーストーリー集ではないので、違いには気をつけましょうというところでしょうか
一歩踏み出して並ぶのも、変わらぬ場所で支え続けるのも、早漏を受け入れるのも
となこいらしさで受け入れられる人向けです、最後おかしいですが、そんな感じです


【次点】
■サノバウイッチ[ゆずソフト]
ヒロインごとに良かったと悪かったが明確に別れた作品でした
魔法の関わるシナリオはどうも設定に懲りすぎて、素直に楽しめないことが多かったですね
ヒロイン自体は魅力的なので、素直にイチャラブできる余地がもう少し欲しかったです
メインは、少し懲りすぎて人によっては地雷となっているのではといらぬ心配をしました
今後がどうなるか、まだまだ読む事ができないブランドという印象がありますね……


■ピュア×コネクト[SMEE]
ヒロインは魅力的で、付き合ってからもしっかりと書かれて好感触なのですけども
付き合うまでの過程が、システムもあってほぼなくなっているのが痛いところでした
特に幼なじみは、あの性格からどうして、恋心に発展したのか気になるのですが
メールの返答だけで済ませる、システムがその辺りを完全に殺してしまっている印象です
ヒロインが魅力的だからこそ、惹かれる過程というのがもう少し欲しかったですね


■Re;Lord 第2章 ~ケルンの魔女と黒猫~[エスクード]
ゲームはより遊びやすくなり好感触……ですけど、エロゲーとしてはより淡白に
いえ、脱衣自体は悪くないのですけど肝心のHのシーンは4シーンしかないですし
ヒロインも、今回はどちらも、主人公が蚊帳の外であるため、なんとも
シナリオは惹かれるのですがつなぎ的な意味も大きいので、評価しにくい作品です
何はともあれ3作目の完結が出てから改めて評価すべき作品ですかね……


■僕と恋するポンコツアクマ。[スミレ]
共通ルートのノリで最後まで行けば非常に輝いた作品となったと思うのですが
結果、ラブレッシヴと同じ印象です、ヒロインやHシーンの魅力は上がっているのですが
個々のキャラはよく、Hシーンは演出や絵の良さもありエッチでよかったと思います
このあたり強化していくならば、また手を出してみたいなとは思える作品でしたね


■PRIMAL×HEARTS2[ま~まれぇど]
個別とHシーンは相変わらずの満足度でしたが、やはり1作目と比べるとという部分があり
前作の設定に縛られて、うまく2大生徒会の設定が回せなくなっている印象が強かったです
その上で、いつもは得意としている共通での引きが弱くなっているのがマイナスでした
ただ、ヒロインは全体的に前作よりも気に入っていたりして、そこが評価点だったりします



【同人ゲーム】
■もんむす・くえすと ぱらどっくすRPG 前章[とろとろレジスタンス]
非常にオーソドックスなRPGだと思うのですがそれを黙らせる脅威の物量です
遊ぼうと思えば何時間も潰せる懐の深さがポイントでしょうか
やり過ぎると中章以降に響きそう……しかし、こだわると止まらないのですよね
ネタみたいな作品ながらストーリーも非常に続きが気になる出来で次作が待たれます


■淫魔の遊戯[開発室]
開発室さんのおなじみの淫魔のシリーズ、ツクールながら少し凝った戦闘が特徴
慣れてくるとパラメータを工夫して戦闘を圧倒的に優位に進められるのもポイント
敗北も敵のバリエーションに対して大量に差分が存在するので見た目以上に楽しめました


■久姫お嬢様と執事な僕[MAXAL]
執事として優しくも厳しいお嬢様に愛してしつけてもらうお話
決して余裕を崩さない久姫お嬢様のキャラクターが非常に好みでした
やり過ぎないプレイも丁度良い塩梅で、ソフトな方におすすめできる作品です


【ヒロイン】
ネット上で何度タナク話題になったあの有名、著名ヒロイン達から
個人的に良かったヒロインをセレクト!要は2015年作品で気に入ったヒロインです
流行語大賞並に納得のできるラインナップに今年もなっていると思います!!!

・宇奈月雫里(ゆきこいめると)
・栗生真白(PRIMAL×HEARTS2)
・知花涼香(キミのとなりで恋してる!~The Respective Happiness~)
・真名井真理歩(こころリスタ!)
・鹿目久姫(久姫お嬢様と執事な僕)

5人激選しました……プラハ2とこころリスタ!は個人的に全員でもいいレベルです
その中で2年連続受賞の先輩に空気を読ませるべきでしたが、好きなので選びます
ヒロインがは下半期発売に固まってますけど、正直これはその場のノリで書いてるからです


【私的なこと】
2015年は結果的に萌え+抜きの作品に多く手を出した年だったと思うのですが
どこのブランドもある程度はツボをおさえた作品を出すようになってきたなという印象
こうなると、ブランドごとの味付けでどこが好みになるかで差が出そうですね
個人的には、スタート地点がベタぼれで無いのなら、惹かれる過程が見たいところです

メインではなくサブブランドなどでフェチを押してくるブランドも増えている印象で
まだまだ同人と比較すると弱いですが、見た目と言葉だけで繕っただけの作品ではなく、
しっかりとツボを押さえた作品が増えてきたような気がします、気のせいかもしれません
生き残りは難しいでしょうが、そのあたりが続いて市場が盛り上がればと思ったり

自身の話で言えば、その場のノリ買いが多すぎたので、2016年こそはしっかりと吟味して
宣言通り、量より質の、感想も量より質で行きたいです、最近とみにひどいしね……
その分体験版の感想をかけなくてもプレイをの方針で……体験版での印象で買いたいです
これはどちらかというとお財布のためですかね、いえ、やっぱりノリ買いはきついです

と、とりあえず、超適当ですが、2015年もなんだかんだ充実していたと思いつつ
2016年はより良いエロゲーライフが送れますようにということで、良いお年を!!!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。