伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【同人】淫魔を封印するだけの簡単なアドベンチャー 感想

【サークルHP】あんだんて

【あらすじ】
淫魔によって攻め落されてしまった王国で唯一逃げ延びた騎士「シグルト」
シグルトはエルフの協力により淫魔の魔力を奪う手段を手に入れ、反撃を試みる
シグルトは果たして城を奪った淫魔の親玉を倒し、国を取り戻せるのだろうか?

【ゲーム内容】
基本はADVですが、淫魔との戦いは、どの部位を責めるか選択するバトルファックです
基本2~3箇所の中で弱点が1箇所あり、そこを集中的にせめて相手をイカせれば勝ち
逆にこちらがイカされればまけという非常に解りやすいルールになっています

リトライはすぐ出来ますし、データ内に弱点部位まで掲載されているので苦戦はないかと
好きなときに勝ち好きなときに負けられるシンプルな仕様のゲームとなっています

淫魔と戦うバトルファックということで、基本的に負けると責められる系の受け路線です
とはいいつつ、一部にはこちらが積極的に責めるようなシーンも有ったりするのですが
基本的に魔物娘達にやられたい(ソフト目に)人向けの作品ではないかと思います

ただ、1つ気になったのは、今回1本道なのでシーンを見ようとするとセーブが必要な事
CGモードはあるのですが、回想モードはないのですよね、CGモードも差分はないですし
折角のADV形式なので、どうしても回想モードを欲しがってしまうのですよね……


以下、ネタバレを含む部分があります



【Hシーン】
■第一章
サキュバス(イベント):騎乗位
エルフの族長:胸→本番
サキュバス:手→背面騎乗位
サキュバス2:足→抑えこんでこちらが攻める
レーナ:(イベント)手
■第二章
・ワーキャット:口→口
・ワーラビット:本番
・ワーウルフ:バック→口+玉責め
・ワーウルフ少女:本番
・ウイッチ:胸→本番
・姫:(イベント)器具責め
■第三章
・スフィンクス:素股
・カーメン:騎乗位→逆アナル
・エキドナ:胸+口
・ラミア:本番
■第四章
アルラウネ:触手コキ
レーナ+サキュバス:(イベント)胸+口
インプ+ピクシー:口+足
■第五章
マーメイド:口
スキュラ:胸+口
ウンディーネ:背面騎乗位
■最終章
・姫:足
・ブラックサキュバス:胸
・ファフニール:騎乗位

基本的にはバトルファックのイカせあいなので言葉責め+軽い責めという感じになります
一部の相手については敗北後もう1シーンある場合もありますが、あるかないかは
特に作品の重要度とは関係ないようです(ファフニールやブラックサキュバスは1ですし)

また、女性主導一辺倒ではなく、姫のように道具攻めであえぐシーンが有ったり
サキュバスをレーナが押さえつけて、そこでこちらが責めるといったシチュもあります
ただ、比率で言えば完全に受け路線ですので、そちらのボリュームは心配ないかと

また、ヒロイン格のレーナ、相棒的なサキュバスの扱いが良くなっています
姫もヒロイン格になりそうな人だったんですけど、扱いが酷いことに……という感じですね


【まとめ】
テンポよく楽しめる内容になっており、ゲーム自体も相変わらず簡単です
前作と違い一部は避けられるものの、基本的に様々な敵と順番に戦うことになるので
ゲームを進めていく内に一通りの相手とHな戦いはできるようになっていますので
前作のような折角これだけビジュアルを用意したのにという勿体なさはなくなりました

またADVになったことでシナリオのパートが増えているのも特徴でしょうか
本作だけで問題無いですが前作と繋がる部分があり、その辺り作品を追っている人間には
おっと思わせる部分もあるのではないかなと(結末を知るとアレな気分にもなるのですが)

ゲームは大きくかわりましたが前作に強く感じた、物足りなさが大きく改善されており
シチュエーションに惹かれるなら手を出しても良いのではないかなと思う作品です

あとは、回想モードが……と物足りなく思う部分はまだあるのですけども
前作と比較するとずっと満足度の高い作品になっていたと思います

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。