伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【同人】熟圧 感想

【サークルHP】エムサイズ

【概要】
「高村光也(姓名共に変更可能)」はバイトで生計を立てるフリーターであったが
父親が急逝し、遺産と老後の棲家と考えていたらしい新居を手に入れることになる
そんな父親が遺したものの中には、遺産の他にも半年間の家政婦の契約があり
「漆原千恵子」と呼ばれる女性が、週一回手伝いに来てくれることになっていた

いつのまにか千恵子に惚れてしまった光也は、不器用にアプローチをしようとするが
その意図に気づかれてしまい、逆に手玉に取られ、圧倒的な快感の前に虜にされてしまう
そして、気づかぬ内に千恵子に逆らえないように意識付けられた光也は奴隷契約をして
父親から受け付いた家や遺産を含めて財産のほとんどを奪われ奴隷となってしまう

あれよあれよという間に全てが奪われてしまった光也の転落は止まることはなく
さらなる過酷に襲われることになる……果たして、行き着く先に待っているものは?


【ゲーム内容】
逆転なし、挿入なしの、一方的で極端なまでの超女尊男卑の独特な世界が描かれます
プレイヤーとしてはただ、女性様に弄ばれていき、全ての運命を委ねるのか選ぶのみです
運命を委ねることで、主人公の光也が報われることは殆どなく大抵がひどい目にあいます
その辺りを了承して、徹底されたMの世界を楽しむ事ができるかがポイントでしょうか
少なくとも、抜き系の作品として純粋に楽しむには生半可なMさでは足りない作品です
こういった界隈に慣れた人でも、十分に過去作品などで吟味するほうが宜しいでしょう


以下、ネタバレを含む感想です



【ヒロイン】
■漆原千恵子
父親が半年間の契約で雇っていた長身の家政婦さん
過去にアマレスで輝かしい結果を残しており、男性相手でも簡単にいなす程の力を持つ
光也が女性と意識してからは、本性を現して高村家の財産を全て奪ったように見えるが
元よりかなりの資産家でり、高村家の財産など必要のない身分であることが示唆される

奴隷としての扱いは決し優しいものではなく、裏切りに対しては容赦無い制裁を加えるも
光也を見捨てるような言動の裏で、色々と動いているようで、千恵子なりの思いが見れる
彼女を信じて報いることで、唯一ともいえる救われる結末を迎えることができる

プレイは圧倒的な体格差や力の差とアマレスの設定を生かしてのパワープレイが多い
とはいっても、殴る蹴るなdの痛い暴力はあまり多くなく、圧迫によるものが中心
また、比較的快楽に直結するような、プレイもシてくれるなど温情が見られる


■シスターエリ
裏切った光也が、更生の為と送られた教会でシスターを務める女性
常に笑顔を絶やさないが、女性が男性を支配する世界を是とする教えを説く
千恵子の強烈なシンパで、本人以上にその教えを実践し広めることに燃えており
男のことは基本的に見下しており、千恵子以上に難のある人物とも言える

プレイは足を使ったものが多く、直接こちらを触るようなプレイは殆ど無い
個別に分岐した際は、おそらく望んだ方向とは全く違う結末へと突き進みます


■姫香・佳奈
奴隷を転々とした末に独り身になった先で、あった二人の少女
特殊な思想を持っていたわけではないが、あまりに下手に出た光也を見て調子づき
段々と要求がエスカレートしていくようになる、気づけば彼女たちの奴隷に……
後はひたすら彼女たちの欲望の赴くままに、羞恥プレイを受けるおもちゃになります

直接的なプレイは更になくなり、羞恥プレイなどの屈辱的なものが多くなっています


■小川美琴
姫香・佳奈に裸で散歩させられたところを捕まった際に取り調べの担当となった女性
オタク趣味で若いながらも女性を全く感じさせ無い野暮ったさと根暗さを持っている
取り調べをする内に、光也の女性を崇拝する姿勢を聞く内に、相手を弱者とみなし
態度を豹変させて、調子に乗りながらも、光也をいじめてくることになる

強い女性が多い中で、どこまでも自堕落で自分勝手な女性という感じになっています
光也との出会いで、調子づいた彼女がそのまま好き放題生きていくさまが描かれます
一応直接苛めてもらえるだけ、他の結末より救いがあるような、無いような感じです


【Hシーン】
全部で27シーン、逆転なし、挿入なしということで、ビジュアル的に中々強烈です
過去作に見られた、暴行プレイや、大の方まで行くようなプレイは避けられています
と言いつつも放屁を受けたり、圧迫されたり、金的されたり程度はあるのですけども
それらのプレイがソフトと思える人に向けた作品であると思ってください

たまに手だけのプレイもあるのですが、基本的には「受け」もお断りレベルでハードです
心も体も屈辱的なプレイが欲しい人には良いでしょうが、軽く責められたい程度の
願望であるならば、敷居が高いので、自分の守備範囲としっかり相談しましょう


【まとめ】
言わずと知れたサークルですので、改めて言及するのもどうかと思う部分はあるのですが
今作はキツめのプレイが抑えられている印象で、比較的ライトな雰囲気がありました
行き過ぎていない感じで、いつもより、Hシーンも楽しみやすい部類ではないかなと思います
このサークルの作品の入門編としては良い塩梅の作品となっている印象があります

ただ、エッチシーンがMや受けなだけの作品ではなく、取り巻く世界そのものがM向けな作品です
ライトとはいえ尖っているのは確かなので、雰囲気が自分に合うかは十分な吟味が必要です

前提としては女性上位、女尊男卑で、男が女に勝てないのは当然みたいな世界ですし
それが人によっては(私にも)ギャグに映るだろうというぐらい極端にその様が描かれています
その辺りは、間違いのなく個人差の出る作品で、良く理解した上で手を出す法がよいでしょう
HシーンがどれだけM的である以上に、雰囲気によって楽しむ部分が強いと思うので
そういった独自の空気にひたれるか、入り込めるかは、結構重要な要素であるわけですけども

そんな独自の世界観を楽しむのもエムサイズの作品の楽しみ方の1つかなと思うわけで
面倒なことつべこべ言わず、この作風に惹かれるか惹かれないかが全てって感じでしょうか
考えるな感じろ、責任は取らないってかんじです、はい、個人の判断でお願いします


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。