伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

姉と幼なじみは中がイイ! 感想

【メーカーHP】アトリエかぐや

【概要】
「高橋洋輔」は二人の姉に誂われながら可愛がられ、幼馴染の世話になりながら暮らしていた
ある日、地質学者の父から届いた鉱石サンプルを不用意に開けたことで、ウイルスに感染
そのウイルスは片思いをしている人が恋わずらいとも言える軽い発情状態に陥るといもうので
本人の欲望を発散することで治療できるが放置しておくと症状が常在化してしまうのだという

幸いにしてその場に居た4人は誰も片思いなどしていないということで場は収まるのであるが
勿論問題はそう簡単に解決するはずもなく、結局は欲望を発散するために関係を結んでいく
果たして、この恋煩いウイルスの存在は4人の関係に一体何をもたらすのであろうか?


【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・Hシーンアニメあり
・Hシーンの効果音ごとの設定あり
・Hシーンフィニッシュ固定あり


【その他、仕様とか】
ヒロインは3人、一人毎に3つのEDが用意されており+ハーレムでEDは10
攻略はお馴染みの初体験の相手によって分岐するタイプとなっています
姉2人で童貞卒業しないと幼馴染の初体験ルートという感じの構成になっています
初体験の相手の個別に入った後、フィニッシュで中を選ぶか外を選ぶかで分岐
この3つの分岐がそれぞれのヒロインに用意される感じになっています
ハーレムは3人と関係を結ぶように平行して進めれば登場します、いつものです


【雑感】
安定の路線というべきか、年上の女性に誂われながらも可愛がられるやつです
過去年上路線といえば全員年上でしたが、今回は幼馴染がアクセントとなります
結局Hなことをやって普通逆だろうという感じで、後で恋人になるのはいつものノリ

処女とか独占とかに拘る人には全く向いていませんが本編中は一途なヒロインですし
難しいことは考えずにHなヒロインとひたすらHなことをする話と見ればよいかと
年上のヒロインにリードされたい人向けという感じで、その路線は安定しているかと
良くも悪くも安定路線で、このチームの作品が好きなら安心して手が出せる内容かと


以下、ネタバレを含む感想




【ヒロイン】
■高橋一夏
高橋家の一番上の姉、ブラコン気味で洋輔のことを甘やかし何かとスキンシップを図る
ウイルスの事件を境に距離感を詰めた魅月との関係を羨ましく思っている様に見られる
魅月ほど大胆に迫っていくことはないが、ウイルスに感染したことを出汁に誘惑してくる
直接的ではないが、隠し事は得意ではないが、意図が見え見えの誘いを掛けてくる

直球で洋輔のことを甘やかし可愛がりたがるお姉ちゃんで、甘やかしの延長線上で
恋煩いを理由に身体の関係も持つことになる、非常に直球な姉系ヒロインになっています
魅月もブラコンですが、こちらは結構度が過ぎている感じで、かなり危ない発言も
ヤンデレという感じではないのですが、ナチュラルに言動が危ない部分が見られます


■佐藤花音
隣の家に住んでいる幼馴染で、窓越しに互いの部屋を見ることができる
世話焼きで何かと高橋家にやってきては何かと洋輔のことを気にかけている様が見られる
基本は強気で、何かと強い口調になるが、最後はなんだかんだと許してくれる優しい娘
ブラコンである高橋姉妹を持って、彼女が恋人になるならば仕方無いとは思っている様子

本人に自覚はないが、姉2人からすると一目瞭然で、言い争いが夫婦漫才だと称されるほど
ウイルスによる恋わずらいと思しき症状が出たことから、洋輔に片思いしているのでは?
と、遅まきながら思いを自覚していくことになり、ウイルスに振り回されることになる

性にオープンな高橋姉妹二人と比べて初な部分があり、最初は無知故の大胆さを見せる
慣れてくると、洋輔の素直な反応を見て気を良くしたりという反応を見せる事になり
段々とHな行為に嵌って大胆になっていくさまが楽しめるようなヒロインになっています



■高橋魅月
高橋家の2番めの姉、一夏同様、弟とのスキンシップを日課とするがこちらのほうが大胆
というよりもかなり過激で踏み込んだこともしており、戸惑う洋輔を見て楽しんでいる
エッチなイタズラをしてからかっているが、姉と同じくして基本的には洋輔が好きであり
ウイルスの感染を機として、より大胆に深い関係へと迫ってくるなど積極性を見せる

ストレートな愛情表現に弱いのは定番ですが、普段の行為だけにギャップが激しいです
今まで、大胆な行為を自らしてきたのが両思いになってからは些細な事でドキドキしたり
基本は誂われてばかりですが、いざというときは一緒になって解決法を探ってくれたりして
傍目の印象とは違い、しっかりとお姉ちゃんしてくれるヒロインになっていました
裏ルートは怒涛のスーパー銭湯ルートで、一度のスーパー銭湯訪問で行って帰るまでの間に
エピローグを除いた3シーンが消費されます、殆どスーパ銭湯に行って帰るだけの話です



【Hシーン】
・高橋一夏:19
・佐藤花音:19
・高橋魅月:16
・ハーレム:4

シーン数の多いです、ハーレム付き、部分アニメもあるという感じになっています
傾向はいつものごとくエッチに積極的なヒロイン主導のプレイが結構な数あります
ヒロインは幼馴染含めて胸に挟んでのプレイが多くなっており、好きな方には良いかと

道具を使ったプレイも一部にありますが、それ中心になるような展開もあまりなく
あくまでのノーマルなHシーンの延長線上みたいな感じで全体的にマイルドになってます
完全に女性上位になるヒロインは居ません、あっても軽い受け程度になっています

また、中がいいのタイトル通り、1つは孕ませるルートが有り、専用のプレイがあります
どれもエピローグの1シーンだけとなっているため、過剰な期待をする程ではないと思います

【まとめ】
安定の路線ですね、エッチで可愛い姉や幼馴染に囲まれてのドタバタエロコメディです
シナリオは適当というか、微妙に凝った部分があるのですけど、気づけばあっさり解決し
あまり深煎りしない路線ようになっており、基本的にはエッチな事をする理由付けです
変に話をややこしくして、冗長になったりしてHシーンがおろそかになってしまったり
話のテンポが崩れてしまうのもアレですので、結果的にコレが最適解なのかもしれません
故に良くも悪くも目新しさはなく、いつものノリで安心して楽しめる作品となっています

差別化する部分があるとするならば姉路線に幼馴染のアクセントを加えている所でしょうか
路線は違えどブラコンで弟大好きな姉に、素直でない幼馴染が雰囲気に変化を生み出します
厳しい物言いはするものの裏では公開したりしていることがあっさりと心の声でわかり
ほほえましく空回りする様を見ることができるようになっており、非常にゆるい感じです
コレぐらいゆるい方が、Hありきの本作の雰囲気とはあっているように思えましたし
強引な姉たちとの良い対抗馬で、このブランドならではの幼馴染の魅力は出ていたかなと

プレイは口や胸などを使ったプレイの比率が上がってるようで、中と言いつつも
前戯的なプレイの充実した内容になっており口によるプレイが好きな人にも良いかと
中がいいのタイトル通り本番プレイも充実していますし、ハラミ状態でのプレイもあり
逆に足などの少しマニアックな路線は避けられている雰囲気で、それ以外は大抵やる
というあくまでノーマルなプレイの路線でHシーンの充実を計った様に見受けられます

等、細かな差はあるのですが、総じて見れば安定の姉系の路線になっておりまして
抜きゲーとしてみて、この路線が好きならば不満はほぼない作品ではあるのですが
過去の作品と比べて特別コレという部分がないのも常々と感じている部分でして
作品の雰囲気やヒロインが気にれば……位のオススメ度になるのが実際の所です

勿論いつものかぐや路線として、安定して楽しめる作品となっておりますし
興味が惹かれた人や、安定した路線を望んでいる人には勿論オススメ出来る作品なので
ここまで来ると個人の好みの問題だけでなく、その時の気分や傾向に引っ張られる感じで
タイミングとかそういうのも意外と重要なのかも知れないと考えさせられた作品でした

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

魅月お姉ちゃん可愛かったな~

| URL | 2015-09-01(Tue)18:10 [編集]


Re: タイトルなし

> 魅月お姉ちゃん可愛かったな~
かぐやの描くお姉さんキャラは他にない独自の可愛さがありますね
Hシーンも勿論ですが、姉路線はそちらも期待している部分があります

RmG | URL | 2015-09-05(Sat)22:28 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。