伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【同人】聖・逆レイプ学園~俺の精液を根こそぎ絞り尽くすオンナたち~ 感想

ディーゼルマインMfさまの「聖・逆レイプ学園~俺の精液を根こそぎ絞り尽くすオンナたち~」の感想です

【概要】
日本屈指のお嬢様学校「聖・リリシラ学園」に教師として就任することになった「西藤ハル」
何故かいきなり学園長の娘「三皇院レイカ」のいるクラスの担任を任せられることになる
そして歓迎とばかりにクラスの女性に集団で襲われて、散々にイカされてしまうことになる
更に、学園の女王的存在のレイカだけでなく学園の女性すべてがハルを狙っていることを知る
そんな環境に置かれて絶望するハルの前にレイカがあるゲームを提案してくることになる
3日間逃げず、屈服もせずに学園生活を終えれば、何でも言うことを聞いてくれるのだという

学園を正常にするためゲームに挑むことになるハルは果たして3日間を耐えることができるのか


【仕様とか】
ヒロインは6人、多少バッド気味の展開もありますが一応全員にエンディングがあります
今回も「EXTRA」があり、コレを見るためには逃げ切るシナリオを見る必要があります
このシナリオをプレイでは最後に見たので、他のEDを見ていることがが条件かは不明です


【雑感】
ノリは前作(?)の「つかまったら即、逆レイプ学園」と完全に同じになっています
そこら辺の学生全員が主人公を狙っており、そこから最終的に逃げることになります
前作との違いはより、マイルドになったというべきか、襲い方が緩くなりました
プレイにしても軽い受け程度で、本番となるとヒロインも楽しむプレイが多いです
このため、徹底的にいじめ抜かれたい人には向いていないタイプの作品になっています
所謂、痴女とかビッチだらけの作品という感じで割りとライト向けだと思われます


以下、ネタバレを含む感想です




【攻略】
・選択肢1
性的な虐待を受けた言を話す→桜華BAD1
曖昧に説明する→2へ

・選択肢2
視線を下にさげる→千恵Hシーン→3へ
さりげなく距離を置く→3へ

・選択肢3
職員室に向かう→4へ
疲れたので寮に戻る→5へ

・選択肢4
奴隷になる→桜華ED
耐える→5へ

・選択肢5
淹れたい→6へ
拒む→7へ

・選択肢6
奴隷になる→亜由美ED
ならない→7へ

・選択肢7
諦める→BAD
諦めない→8へ

・選択肢8
入れる→リーシャED
誘惑に耐える→9

・選択肢9
ドアを開けて、生徒達を叱る→BAD
窓から逃げる(2階)→10へ

・選択肢10(MAP選択)
校長室→桜華BAD2
グランド→千恵ED
トイレ→11へ

・選択肢11(MAP選択)
体育館→朔夜ED
職員室→BAD
教室→亜由美+千恵BAD
保健室→12へ

・選択肢12
職員室→BAD
トイレ→13へ
校門→13へ

・選択肢13(以降)
屋上→麗華ED
教室→選択肢から教室が消える
職員室→選択肢から職員室が消える
(学園長室)→職員室選択後に登場→逃げ切りED



【ヒロイン】
■三皇院麗華
学園長の娘であり、学園の実質的支配者となっている、高飛車で嗜虐的な女性
彼女の提案の下、ゲームが行われることになり、最終日までは高みの見物をしている
最終日では自ら手を下す為に動くなど、ハルを気に入っているフシも見られている


■高ノ宮朔夜
礼儀正しい大和撫子のような雰囲気をまとった名家の一人娘、一応、ハルの味方をする
但し、男の精の匂いが好きという体質から、半ば強引に関係を結ぼうと迫ってくる
かつて抑えこんでいた反動からか性欲は強く朔夜になびいても結果は他と変わらない


■佐藤亜由美
学園では珍しいギャル系の雰囲気を持った学生で教師の言うことも聞かない不良学生
教師に反抗的な態度を取る反面、気さくに話しかける部分もあり付き合いやすい相手
但し、気に入らないことがあると(性的な意味で)実力行使にでるなど手におえない部分も
容姿的に何処かで見たことあるとか言ってはいけない類のアレなのでしょう多分


■舞中千恵
学園の1年生、小柄で肉食系の女性が多い学園にありながら比較的大人しい雰囲気を持つ
しかし、自身の魅力については自覚しており、あどけない仕草で近づきハルを誘惑する
主導権を握るとハルを変態と罵りながら責め立ててくることになる、一応、処女


■リーシャ・オルガ
褐色の肌が特徴的な留学生、性的な知識がなくハルのことを積極的に狙ってこない
裸を見せた相手を婿にする国のしきたりがあることから責任を取る必要があると知らされる
ただ、リーシャ自身は強制することはなく、ただ好意をぶつけ身体で迫ってくるのみである


■三皇院桜華
見た目は若いがレイカの母親で学園長を務めている、学園はレイカに好きにさせている
学生のように人目をはばからず襲ってくることはないが、心の奥底では独占しようと
虎視眈々と襲う機会を伺っており、心を許してしまうと、そのまま奴隷にされてしまう



【Hシーン】
三皇院麗華:3(足、騎乗位、騎乗位)
高ノ宮朔夜:3(膝裏、正常位、ボテ腹騎乗位)
佐藤亜由美:2(手、本番)
朔夜+亜由美:1(尻+口)
舞中千恵:3(口、騎乗位+顔面騎乗、足)
亜由美+千恵:2(素股→本番)
リーシャ・オルガ:3(69,騎乗位、親子姉妹丼)
麗華+朔夜+リーシャ:1(口)
三皇院桜華:4(騎乗位、騎乗位、騎乗位、熟女ハーレム)
ハーレム:1

大体一人3シーンで3日の物語ならこんなものかなって感じもします
亜由美は1シーン少ないですが他のヒロインと絡むのが多いためですね
分岐前のシーンが実質、亜由美+千恵になっているので1シーン割りを食っています

桜華が1シーン多いのはBAD分岐が同じCGで2回あるからです
同じく亜由美+千恵も亜由美ED分岐と最終日のBADでCGが同じになっています
回想モードで1回目か2回目か選べますが枠的には1シーン扱いになります

逆レイプですが、キツイシーンは少なめで強引に迫られてひたすら絞られる感じです
意外と互いに楽しんでいるといいますか、半分合意のもとのプレイも多くなっており
無理矢理襲われるというシチュにこそ価値を見出す方にはぬるいシチュとなっています


【まとめ】
ヒロインのバランスやノリが「つかまったら即、逆レイプ学園」に似ている作品です
つかまったら即、~をマイルドにした感じですかね、基本学生が教師に好意的です

どちらかというと強引に関係を迫られて徹底的に絞られるというプレイになっており
軽い受けぐらいのレベルでのシチュが多くなっています、濃いのを求めると弱いかと
その分前作のヒロインより個性も落ち着いている印象で、比較的受け入れ易かったです

タイトルから考えると少しパワー不足な気もしますけど、ライトなのを求めるならあり
という感じで、ノリは相変わらずですが比較的手を出しやすい作品にはなっているかと
良い悪いかは個人の好みでって感じですかね、どちらかというと痴女ゲーな気もします

ところで、今更の話なんですけど出すときの音が何とかならないのかなって……

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。