伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【同人】ペニバンクエスト~ドミナ教の生贄~ 感想

サディスティックアリスさまの「ペニバンクエスト~ドミナ教の生贄~」の感想です

【概要】
英雄「オルテンガ」後を継ぎ、その息子「アヘル」が魔王マラモスを退治するの旅に出る
仲間にはドSな女戦士「ジーナ」と理性的に見えてどこか男を見下している女賢者「ヒルダ」
かつてオルテンガとともに旅をした武闘家の娘で純粋無垢な武闘家少女「メイリン」を加え
淫魔や魔物が渦巻く世界を旅していきながら、魔王妥当を目指していくことになる
また、旅の先々で女尊男卑を掲げて急速に世界に広まっていくドミナ教の動きが見られる
魔王を倒すための戦いはいつしか、思わぬ方向へと進んでいくことになるが……

本作はドラゴン○エスト3のパロディ的なエロRPGとなっています、ジャンル的にはM系です
負けたらやられるタイプの作品ではなく、イベントなどで、スチル付きイベントとなります
逆転無しが徹底されており、きついシチュも多いので、戦闘に負けると女に犯されてしまう
逆レイプ系RPGと同じつもりで挑むと結構厳しく感じる部分が多いかもしれません

アイテムや魔法、セリフなどがアダルトというか下品なネタばかりにはなっていますが
ゲームとしての触り心地はオーソドックスなRPGというところになっているかと思います


【ゲームについて】
基本某作の3をベースにアイテムやモンスターキャラなどは4の要素を幾つか足したものです
某1をベースにした作品は多いですが3はボリュームの関係もあり、あまりみないですね
意外というと失礼かもしれませんが、細部まで作られており、ボリュームも結構あります
私のプレイ時間で飛ばし気味に12時間、しっかりテキストを読むと15時間程度はかかるかと
有名作をなぞる部分もあるので、冒険する楽しみという面では弱い部分もありますね

戦闘はランダムエンカウントのフロントビューで、魔法も原作に近い性能になっています
武器も原作に近く、攻撃力とかまで覚えてないですが近いバランスかなと思います
モンスターも言わずもがな、ただこちらを状態異常にはめようとする雑魚も多い気がします

唯一ツクール製ではお馴染みの「TP」が存在しマゾ技、サド技という特殊な技があります
強敵相手には、これにより、相手の行動を奪って戦うのが基本戦法となっている感じがあり
逆にこれがないと火力に押し負けたり逆に状態異常でこちらがほとんど反撃できません

戦闘バランスはそういった状態異常合戦があるので、意外に楽勝な相手もいれば
意外な相手に苦戦する場合もあります、またある程度まではレベルゲーの部分もあり
まともに戦うにはレベリングをする必要とする場面ながあり手間のかかる部分もあります
原作っぽい部分ではあるのですけど、エロRPGでレベリングの手間を望むのか?
という部分は好みの分かれる部分かもしれません、個人的には前半が結構だるかったです

ただ、戦闘も多少厳しめに感じられるものの、破綻らしい破綻はあまりないのでRPGとして
普通に遊ぶことが出来る内容となっているのは確かです、ベースありきなのですが


対してHシーンですが、これが結構難儀な存在でした、負けても犯されることはないです
どころか仲間に犯される意外のシーンはほとんどありません、ごく一部にはあるのですが
主要キャラっぽく書かれてたサキュンパピーも戦闘する以外の要素はなかったりします
モンスターには結構魅力的なデザインの魔物もいるのですが基本は殺しあうだけの存在です

また、犯されると書いていますが、直接的な性交渉は殆どなくマゾ的なプレイになります
そもそも序盤も序盤で貞操帯をつけて出すのを禁止されるわけですから、そういう作品です
プレイも足で股間を蹴られまくったり、尿を飲まされたり、おしりを掘られたりです
実際に挿入するのは1シーン程度ではなかったかなと思われ、かなりキツめのMになります
あまり快感的なものもなく、女にされるがままにボロボロにされるという内容が殆どです

よって、他の負けたらやられる的な作品と同じつもりで手を出すと厳しいでしょう

更に、私の知る限りこの作品回想モード的な存在がありません、ED後タイトルに戻ります
度々ジーナがここでセーブするといいと言ってくるのですが、このためだったようです
それに気づかず、強敵前の警告と一緒くたにして管理していたため、あとで後悔しました
勘違いでしたらすみません、私の知る限りセーブを用意する必要ありというところです
実はセーブ枠は大量にあるので、それは、そういうことを意図した要素かと思います

最新バージョンでは、ラスト直前に回想部屋が追加されて、シーンを見直すことが出来ます

以下、ネタバレを含む全体の感想です




【Hシーン】
数えていませんでした……回想なしの関係で正確なことは書くことができません
イベントの要所要所で仲間に調教されるというのが基本的な流れとなっています
ボリュームとしてみると終盤を除けばかなり控えめな回数ではないかなと思います

基本的には武闘家には暴力を受け、戦士にはペニバンで犯され、賢者には道具で虐められる
ということで、このラインナップから分かる通りノーマル的なエロ描写はほとんどないです
そのプレイはどんどんと容赦なくなっていき、いつ勇者が壊されるのかというところです
逆リョナ属性があるとメイリンの出番が特に多いので、悪くないかもしれません

それ以外だと、序盤のスライムクイーンに犯されるシーン、犬娘に掘られるシーン
サキュバス系のモンスターに襲われるシーン、ヤマタノオロチに掘られるシーン
最初の母親に折檻されるシーンもありますが、それ以外は仲間によるものです

物語の終盤というか最後で、ネタばらしをされて裏切られボロボロにされるのが本番
ゲームのプレイ時間のほとんどはこのプレイのためと言ってもいいほどの怒涛のイベントです
このシーンについてはかなりM度が高いもののエロさもあって実用的でした
むしろこのシーンがなかったら個人的に、エロはダメだったと言っていたレベルです

ただ、救いのない結末なので、なんだかんだと丸く収まって欲しい人には合わないかなと
とにかく男にとって酷い世界なので、結末も含めて、散々な目に合うことになります
逆にそういった世界設定も含めて妄想が膨らむ人にはこれ以上ない部分でしょうか
ただ、さすがに最後の戦闘イベントは冗長かつ面倒にしか感じませんでしたが……




【全体通して】
ある意味Mに徹底されたマイ○ディアでしょうか、ついでに救いもない仕様ですが
こういったジャンルのMはなんだかんだで勝利するEDが殆どなので珍しいタイプです
ジーナとヒルダの目的は船で旅をする頃にはだいたい分かるようになっていますね
ドミナ教の圧倒的な勝利の下に急速に姿を変えていく世界は、狂気すら感じます
ここまで強烈な女尊男卑の世界を書いたエロRPGは知りませんので唯一無二な感もあり

ただ、ひとによってはただただ男が否定されてゴミのように殺され犯されたり
逆に女性が圧倒的優位でいい気になっている描写は胸糞悪い部分はあると思いますので
受けやM系が好きと言っても、あまり軽々しくおすすめできるものではない気もします

世界設定含めてかなりマゾな方向けのRPGといっていい作品ではないかなと思います
もちろんシーンによっては、使えることはあれど、基本的には思い部類になります


ゲームとしてはゲームとして遊べるけどエロ目的で考えるとどうなんだという部分も
まず結構、戦闘が意地悪というべきか、全体状態異常魔法を連打してきたりします
ただの雑魚が素早く、全体魔封じわざわざ2連打してくる様は悪意を感じます
マラモスあたりも全体の魔法を3ターン連続で打ってきありときつい部分もあり

マラモスなどの例外はおいて、こちらも状態異常で相手を封じることはできるものの
そのためにはレベルアップが結構前提となっている部分も多くレベリングは必須
RPGの基本とはいえ、エロも何もないボス戦で強制されるのは多少げんなりしました
海に出て、イラの上位を覚えると一気に世界は変わるのですけどそこまでが正直……
と、RPGとして意外と手堅い部分があり、そこがエロRPGとして何を求めるのか
というところで好みの分かれる部分になるかもしれません、因みに私は即物的です

あと雑魚の下品さも、設定ありきで振り返るとわかるのですけど厳しいところです
あれっぽいフォルムの雑魚の白濁液とか、病原菌を振りまく股間丸出しのおっさんとか
M的なRPGにそういう変態的な要素は求めていません、かなり気持ち悪かったです
命名の下ネタについても個人的には萎える部分ではあるのですよね、ただ下品というか
エロい部分にはいいのですけど、どうしても汚い感じだけが強調されるのですよね


ということで、始めたばかりのころは、微妙な空気の合わなさもあったのですけども
終盤の展開は個人的に良かったので、それである程度満足できた作品かなと思います
ただ、もう少し手軽にHシーンを楽しめる機能なりが欲しかったと思いますね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。