伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

逆催眠 思い切り僕を愛して苛めて可愛がって 感想

U・Me SOFTの「逆催眠 思い切り僕を愛して苛めて可愛がって」の感想です

【概要】
ルックスは良いものの所謂「いいひと」で終わってしまう学生「千里浜龍介」が
催眠の才能に気づき、気になった女性に催眠をかけて自分をイジメてもらうように命じ
人妻に始まり、気になるウエイトレス、最後は憧れの女性を相手にM的嗜好を満たします
かなりポジティブな考えを持つMが主人公となっており、コメディよりの内容です
やっていることは結構酷いのですけど、細かいこと気にせずノリでイジメてもらいましょう


【システム】
・画面は4:3

最低限です、エフェクトもあり初期設定だと妙にレスポンスも重いいつものU・Me仕様
ロープライスの作品をコンスタントに出しておりエンジンを根本的に改善するよりも
新たな作品をっていう感じなのでしょうか、慣れてしまえばなんてこともないのですけども
ただ、今回はHシーンの分岐がわかりにくいのでもう少し便利な機能が欲しかったですね

あと回想の登録ですが、シーンを見ただけで終えて別のデータをロードする
といった感じで網羅していくと回想登録していたデータが上書きして消えるようです
ただでさえ面倒な回想回収なのにこういう仕様はどうなんでしょうと思うんですけど


【その他仕様とか】
シナリオは一本道でエンディングは1つ、ヒロインは順番に相手をして1回きりの関係です
シナリオ中の選択肢でHシーンが分岐するようになっていますが、それ以外の差はないです
相手はあくまで一人ずつなので3人に寄ってたかって的なプレイもなく余韻もなしです

これは、過去作からなんですけど、立ち絵に1枚ずつ脱ぐ差分があるのは良いですね
本作の場合1日の関係ですが、段階的に過激になるので次々脱いでいく演出は○でした
普段着か、下着か、裸かが多い中で、上だけ下着とかは結構好きな演出です

以下、ネタバレを含む感想です



【ヒロイン】
■武生みりあ
18歳学生、龍介が良く通う喫茶店でウエイトレスをしており、巨乳が男性客の目を奪う
人当たりも良い可愛らしい女性、男性経験の豊富さを自称しており小悪魔チックな言動も

耳年増で実は処女という設定ですが、それを逆にがっかりするのが非常にM向けな感じです
それはそれでポジティブに楽しもうとする龍介の心の強さはすさまじいものがあります
恋人と誤認させてラブラブなプレイに走りますが、普段は挙動不審で付き合うのは「無し」
と思われている辺り、リアルといいますか、ナチュラルなキツさからプレイは言葉責め
処女最後は相手を忘れさせており、付き合う気はないけど的上から目線で見られますが
実は既に関係を持っていて……というのは催眠陵辱っぽい締め方に見えなくもないですね


■白金紫弦
大学の出資者である名家の娘で学生達の憧れの的でもある高嶺の花的存在のお嬢様
偉ぶることもなく礼儀をわきまえた気品あふれる女性だが、龍介はS性を見出している
龍介の最終的な目標であり、尻込みした結果、逆催眠になれても中々手を出せない

最初は常識的な反応をで嫌悪感に彩られていた内心が段々と変わっていきます
段々とノってきた範子、設定を書き換えたみりあとは違い目覚めた感じの描写です
足で傷めつけられたり、関節を極められたりと快楽目的でないプレイが多めです
最後は目利き通り催眠なしに女王として覚醒した姿が見られるのですけども
彼女の奴隷となりましたという結果だけで、以後プレイがないのが残念な所です
あくまで催眠による強制プレイに拘ったためでしょうか……少し残念ですね


■長坂範子
25歳とまだ若いが一児の息子がいる人妻
龍介と面識はなかったが、ボーっとしていたところをぶつかってしまっただけの関係
優しいお姉さんのような態度に、イジメてもらいたいという感情を抱き最初のターゲットに

息子がいるということで、息子として認識してもらい甘やかしプレイを敢行します
プレイ的にはソフトですがやっていることは最もマニアックといえるかもしれません
経験はあるものの、夫を責めているわけではないので手練という感じはありませんが
その母性で優しくされながら攻めるというプレイが自然にできるのは良いかなと
最初の被害者で、一夜限りの相手ということで、作品が作品ならモブになりそうですね
記憶を消していないので、今後の関係もありそうですが、本作はそういうのはなしです


【Hシーン】
・武生みりあ:9(足、髪、胸押し付け、乳首責め、クンニ、本番、胸擦り)
・白金紫弦:10(足、関節、顔面騎乗、口、尻コキ、本番、強制クンニ)
・長坂範子:10(授乳、スパンキング、授乳手コキ、胸擦り、口、本番)

だいたい9~10シーンですが、立ち絵で罵倒してもらうだけのシーンも登録されます
更に、最後にフィニッシュとなるシーンが3つに分岐するなどの差分プレイがあり
実質的なプレイはもう少し少なめというところでしょうか、と言っても20シーン程度
と、抜き目的ならロープライスとしてそこそこのボリュームはあるかと思います

フィニッシュについては分岐するパターンが低いものもあり選択肢も多いです
基本的に、印象が良いと中に出せる方に分岐し、悪いと逃げられるようです
みりあは胸のプレイでも分岐してあっさり終わるものとしっかりしてくれるパターンが有り
更に、紫弦については本番すらしてくれず、尻コキだけで終わるパターンも有ります
中々見ることが出来ないプレイがあります、以下に観にくいプレイの選択1例を
この選択は上の選択肢を1、2番めの選択肢を2、3番目の選択肢を3とします
数字の2は回想に登録される際の数字で、中に出せるパターンのほうを記しています
これをある程度外す形で進めたら自ずと1も見られると思うのであとは適当にどうぞ

・武生みりあ
本番2ルート:221211
お掃除パイズリルート:221212

・白金紫弦
逆レイプ2ルート:11212
尻コキルート:2212

・長坂範子
童貞喪失2ルート:1111


【まとめ】
基本的にヒロインを一人ずつ催眠にかけて責めてもらうというだけの内容です
導入前と催眠でのプレイ終了後の話が少し語られますが、基本的にはその場限りの関係
メインっぽい扱いの紫弦にすらその後的なプレイはなくあくまで催眠でのプレイのみ
その辺りの良いのか悪いのかはともかくこだわりといいますか、一貫性はあります

プレイは全て受けないしはMで逆転はないもののヒロイン2人は処女で初めてをもらいます
内心では気持ち悪がっているのに、催眠で半ば強制的に相手を攻めさせるのは新鮮です
プレイ内容はともかくとして、やっていることは催眠モノの悪役そのままのプレイですね
ただ、興が削がれないように、最終的には相手もノリノリとなっていきます

プレイ自体は受け~ソフトMを期待すればあり、ヒロイン一人あたりはあっけないので
その辺りが、ロープライスとはゆえ物足りなく感じてしまうのが弱点でしょうかね
せっかく紫弦が女王様として覚醒したのにその後が一枚絵すら存在しないのは……

ヒロインは年上、小悪魔、お嬢様とツボを押さえており、各々の特性を活かしたプレイで
期待通りの内容というところ、作品の雰囲気は損なわず、良くまとまっていたかと
道具を使ったハードなプレイはないものの、性的に虐めてもらう目的なら問題ないかと

一風変わったテーマで、主人公も個性的な酷いやつですが、コメディと考えればあり
コメディですが、プレイ自体は結構楽しめたので、お手軽な作品としてありかと

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。