伝統攻撃

でも、それって根本的に感想になっていませんよね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

美少女万華鏡 神が造りたもうた少女たち 感想

ωstarの「美少女万華鏡 神が造りたもうた少女たち」の感想です

【作品の概要】
いつともしれぬ時代、世界は荒廃し、かつて栄華を極めた人間の文明が失われていた
今となってはそんな時代も知らぬ人々が集落で細々と排他的に生きる日々を過ごしている
そんな集落に度々訪れ、給水塔や機械を直す等して集落に貢献している変わり者の男がいた
自称マッドサイエンティスト「神成龍之介」は、かつての人間の文明を知る人間だった

龍之介は集落から恐れられている「悪魔の塔」と呼ばれる建物の中で一人生活をしており
その塔はいくつかの故障が見られるもかつての文明の機能が活きており水も潤沢にあった

集落の現状を知る龍之介は、自分だけが不自由のない生活をしているという罪悪感があり
また、かつて自分を育てていた人物の言伝もあり、集落を豊かにしようと奮起をしており
それは、塔で一人過ごしていた龍之介が集落に認めてもらうための手段でもあった

しかし、性格もあり人付き合いの苦手な龍之介は、コミュニケーション能力を補う為、
また、龍之介のかつてよりの願望を叶える為「亜璃子(アリス)」と「燈露椎(ドロシー)」
と名づけていた、2人の全くタイプの違うメイドロボットを目覚めさせることにする

2人のメイドロボットはどちらも龍之介の思い通りにはいかずトラブルは多発する
龍之介はそんなままならぬ日々に苛立ちながらも、彼女達と交流を深めていく
荒廃した世界には過ぎた存在となった2人のメイドロボットが神成にもたらすものは?


同名のシリーズの3作目(番外編除く)となるこの作品、今回はヒロインが2人となっています
設定も大雑把な感じで、ファンタジー、ミステリーときて今作はSFな感じになっています
大層な設定はありますが、基本的にはヒロインとのイチャラブとHシーンが中心ですので
ヒロインのビジュアルが気に入るか否か程度の感覚で手を出して問題ない作品かと思います


【システム】
・画面は16:9
・Hシーンに一部アニメーションあり

キャラクター別音声設定はありません、今回は男キャラも結構いるので気になる所です
幸い?音声のない龍之介以外の男がHシーンに混ざるところはないのですけれども


【仕様とか】
ヒロインは2人で個別END、サブヒロイン(半分BAD)、ふたりともと4つエンディングがあります
エンディングの違いといっても途中エンド的な結末とヒロインとのシーンが変わる程度
シナリオの大筋に違いはありませんので、そのあたりはロープライス故という感じですね


以下、ネタバレを含む感想になります




【ヒロイン】
■亜璃子(アリス)
龍之介によって先に再起動したメイドロボット、金髪低身長に対してかなりの巨乳
プリンセスドールと呼ばれ、かなりわがままで生意気な性格をしている
女の子とお友達になることが目的の為か、致命的に龍之介と合わず喧嘩することになる
多少素直になれない部分もあるが、龍之介自体が空気を察せないため面倒な事に

デレたあとは素直に甘えてくる可愛い巨乳の女の子って、そのままって感じですが
根本的にわがままなところは変わらないのですが、そこが可愛いという感じでして
少し悪戯心を働かせることもあるが、根本はかわいがって欲しい願望が強い様子


■燈露椎(ドロシー)
アリスの次に目覚めたメイドロボット、こちらは黒髪で背は高くないが貧乳
アリスの失敗を踏まえてか、主人に逆らわないように細かい部分に設定がなされている
そうでなくてもアリスと違いクールな部分があり、表情をあまり変えることはない
龍之介に逆らうことはないが、偶に命令に対して冷静なツッコミを入れてくることがある

アリスとは違い、逆らうことはないですが、素直に好意をぶつける迄は控えめです
なんだかんだとアリスを気に掛ける龍之介に含む言動を見せる静かな嫉妬が可愛いところ
もともと従順に作られているのか、Mッ気が強い部分があるのも特徴でしょうか


■リリー
集落でお世話になっている酒場の女主人、集落での数少ない龍之介の味方である
龍之介の考えにも理解を示してくれるなど、先進的な考え方を持っている女性でもある
龍之介のことが気に入っており、何かと気にかけている様子である

一応Hシーンと結末が用意されているものの、その結末は決して幸せとはいえない
しかし、どちらかと結ばれる先に待っている結末は結末でとても残酷なものである
マッドドッグとともに退場してしまうにはあまりに惜しい自分つでしたね体重すげーな


【Hシーン】
・アリス:8
・ドロシー:9
・3P:4
・リリー:1

全部で22シーン、2800円という価格帯だと十分抜きゲーといえるレベルの回数かと
アニメーションするのはヒロインで3回ずつですね、数はともかくクオリティは高いです
男キャラが多いですが、プレイ自体は主人公独占……というのが基本的なところですが
ドロシーに1シーン、龍之介が生み出したスライムと2人(?)で責めるシーンが有ります
操られているとはいえ龍之介の制作物ですので、独占としてみてどうなんでしょうね

プレイ自体はノーマル、どちらにも1シーンだけはっちゃけ、SMっぽいプレイがあり
エンディング後のプレイではコスチュームプレイの少し世界設定無視なのもあり


【まとめ】
全体が高レベルな作品です、CG57枚、Hシーン22というだけでもミドルレベルでは……
アニメーションも含めれて2800円でいいのかと思うほどのレベルに仕上がっています

シナリオとしてもSFの短編を読んでいる感じですね、変にやり過ぎない感じで
設定などである程度のサプライズや山場の展開も用意されており読みやすい話でした
ハードな路線を望む方には物足りないでしょうが、コレ位の方が個人的に読みやすいです
多少終盤に後味の悪い展開があるので、そこをどう受け止めるかという感じでしょうか
個人的には万華鏡の3作の中で一番呼んでいて面白かったお話になっています

ヒロインはどちらも可愛いです、集落関係の胡散臭さとは全く違う世界になっています
イチャラブは勿論、Hシーンも頑張ってくれるので抜きゲーとして萌えゲーとしてもあり
ヒロインのビジュアルは言うまでもなく高レベルですし、見た目が気に入れば問題なし

大作というわけではないですが、この価格帯で考えれば非常に高レベルな作品です
話単体としても、ボリューム相応の尺で話がよくまとまっており面白かったです
期待していたものの何度も延期を重ねて不安な作品でしたが、延期した甲斐があるのか
雰囲気を損なわず私個人が期待したいたものを上回る出来の作品になっていました

作品のビジュアルや雰囲気に惹かれたなら是非おすすめしたい作品になっています

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。